鼻の黒ずみを除去したい!黒ずむ原因やおすすめの取り方とは?

Description
毎日しっかりクレンジングや洗顔をしているのに、なぜか鼻の黒ずみがキレイにとれないと悩む方も多いです。洗顔のしすぎは肌にもよくないし、敏感肌の方は特に気になることでしょう。定期的に毛穴ケアもしているのに、鼻の黒ずみがとれないのは、ケア方法が間違っている可能性もあります。ここでは、鼻の黒ずみの取り方をご紹介します!鼻の黒ずみがとれないと悩んでいる方は参考にしてください!

とれない鼻の黒ずみの原因は?

皮脂や角栓が毛穴につまる

とれない鼻の黒ずみの原因としては、皮脂や角栓が毛穴に詰まることです。毎日しっかりクレンジングや洗顔をしていても、毛穴の奥の汚れまでは取り除くことができません。鼻の黒ずみが気になるのであれば、毛穴の汚れを取り除くことができる専用の洗顔を使う必要があります。
角栓が毛穴に詰まることで、その部位に触れるとザラザラしていることが分かります。これを放置してしまうと、空気に触れて酸化し、毛穴の黒ずみとなってしまいます。

メラニンが毛穴に残る

鼻の黒ずみの原因としては、メラニンが毛穴に残ることです。メラニンが蓄積されると毛穴が黒ずんで見えてしまいます。メラニンは、紫外線の照射だけでなく、こするなどの強い刺激やストレスなどでも発生します。
肌に触れてもざらついがない場合は、メラニンの蓄積が原因で鼻の黒ずみが出てきます。メラニンは、お肌のターンオーバーが乱れることで起こるので、お肌の代謝を活性化させてあげることが大切です。

産毛による鼻の黒ずみ

鼻の黒ずみの原因としては、産毛によって鼻が黒ずんで見えることもあります。産毛はとても細い毛なので一見気にならないようにも思いますが、産毛が集結することで鼻の黒ずみに見せてしまいます。産毛を処理することで黒ずんで見えた肌がクリアに見えるので、産毛が気になる方はこまめに処理しましょう。気になる方は脱毛エステや皮膚科で脱毛もおすすめです。

鼻の黒ずみを除去する方法と取り方

オリーブオイルと綿棒でクルクル

鼻の黒ずみの取り方としては、オリーブオイルと綿棒と使った取り方がおすすめです。オリーブオイルと綿棒はどこの家庭にも置いてあるので手軽に始めることができるのが魅力的ですよね。オリーブオイルと綿棒を使った方法としては、綿棒にオリーブオイルを塗布して気になる鼻の黒ずみにオリーブオイルを含んだ綿棒でクルクルするだけです。オリーブオイルと綿棒のやり方はとても簡単なので、初心者の方でも安心ですよ。
オリーブオイルと綿棒でクルクルする前に、毛穴を温めて開かせてからオリーブオイルと綿棒でケアすると効果的です。オリーブオイルと綿棒でクルクルする時は優しい圧で肌に負担をかけないように行いましょう。オリーブオイルを含んだ綿棒を、鼻の黒ずみに乗せて汚れを浮かすように馴染ませるのがポイントです。オリーブオイルがない場合はベビーオイルと綿棒でも代用ができます。

酵素洗顔で汚れを吸着する

鼻の黒ずみの取り方としては、酵素洗顔で汚れを吸着するのがおすすめです。酵素洗顔は通常の洗顔と違って、毛穴の汚れを吸着してくれる成分を含んでいるので、効果的に鼻の黒ずみを除去することができます。酵素洗顔には、毎日使えるものもあれば数日置きに使うものもあるので、洗顔選びには注意しましょう。

定期的に毛穴クレンジングをする

鼻の黒ずみを解消するには、定期的に毛穴クレンジングをして毛穴の汚れを取り除くのがおすすめです。毛穴クレンジングは週に2〜3かい行うのが理想です。いつものクレンジングと洗顔にプラスして毛穴クレンジングを行いトリプル洗顔することで効果的に毛穴の汚れを除去することができます。これを定期的に繰り返せば黒ずみを除去することができますよ。

メラニンによる黒ずみにはピーリングがおすすめ

メラニンによる鼻の黒ずみの取り方としては、お肌にターンオーバーを促してあげるのが効果的です。ピーリングケアは皮膚科やエステでも行なっているケアです。これを自宅でも手軽にできる化粧品があるので、こちらを利用しましょう。ただ、ピーリングケアは慣れたい方がやると逆に肌荒れを起こす可能性もあるので、エステや皮膚科でピーリングケアを受けるのも一つの手です。

鼻の黒ずみを除去する正しいクレンジング・洗顔方法

92 件
着用アイテム