サンダルの靴擦れを防ぐ方法9選!傷む原因や対策を知って痛み知らずに!

Description
サンダルの靴擦れを防止する方法や、靴擦れが起きた時の対策方法についてまとめました。素足で履く事が多いサンダルは、くるぶしや足裏など靴擦れが起きやすいのが問題です。ストラップとの摩擦といった靴擦れの原因を知って、サンダルを履いた時の靴擦れを予防していきませんか?足の甲に合わせるなど、靴擦れしないサンダルの選び方もチェックして、足裏やくるぶしに靴擦れが起きないように工夫してみてください。

サンダルの靴擦れの原因と対策方法を紹介!

Sandals Feet Red Nails - Free photo on Pixabay (183440)

サンダルを履いている時に「靴擦れしてしまった…」という事はありませんか?素足で履く事が多い為に、くるぶしや足裏など知らないうちに靴擦れを起こしてしまいがちなサンダルは、靴擦れを予防する対策をしておく事が大切になります。靴擦れを予防しておけば、ストラップなどによる摩擦での靴擦れを予防する事が可能。今回は、靴擦れをしない為の予防方法や、サンダルで靴擦れしてしまった時の対策についてまとめました。くるぶしや足裏に靴擦れを起こさずサンダルを履けるように、対策をしっかり行なっていきましょう。

靴擦れとは?

People Girl Woman - Free photo on Pixabay (183441)

靴擦れとは、足裏やくるぶしなど特定の箇所が靴によって擦れる事で赤みが出たり、水膨れが起きたりする現象の事。サンダルは素足で履く事が多いので足裏やくるぶしに摩擦が起きやすく、歩いているうちに靴擦れを起こしやすくなります。靴擦れが起きるとサンダルで歩いている事が辛くなってしまうので、お出かけの時に靴擦れになると大変。靴擦れのせいで楽しいお出かけも台無しになってしまいます。サンダルを素足で履く時は靴擦れを予防する対策をする事が重要なポイント。靴擦れを防いでサンダルを履きましょう。

サンダルの靴擦れの原因

Car Feet Outdoors - Free photo on Pixabay (183442)

それでは、どうしてサンダルを履くと靴擦れを起こしてしまうのでしょうか。靴擦れを起こすのには様々な原因があります。その原因を知って取り除いていく事で、サンダルを履いても靴擦れが起きにくい状態になるので、対策を練る為にも原因について詳しくチェックしていきましょう。

原因①サイズ・形が合っていない

Accessories Beach Blue - Free photo on Pixabay (183443)

サンダルで靴擦れを起こす原因としては、サンダルのサイズや形が合っていないという事があります。サンダルを選ぶ時は、足の形にフィットしているかどうか確かめる事が大切。それを確かめずに足の甲や爪先に合わないサンダルを選ぶと靴擦れを起こしやすくなります。

原因②ストラップが浮いている

Sandals Blue Shoes Strap - Free photo on Pixabay (183444)

サンダルのストラップが靴擦れの原因になる事もあります。ストラップが浮いていると摩擦が起きて、くるぶしに靴擦れが起きやすくなるので気を付けましょう。ストラップが浮いていないか、足首にフィットするストラップかどうか確かめておくと安心です。

原因③素材が固く足の負担になっている

Yorkshire Terrier Dog Puppy - Free photo on Pixabay (183445)

柔軟性に乏しいサンダルは、歩いているうちに足の裏やくるぶしに摩擦が起きやすく、結果的に靴擦れの原因となってしまいます。サンダルを購入する時に素材が固いと感じたら、靴擦れを警戒した方が良いでしょう。固い素材のサンダルは足の裏や甲にも負担をかけるので、長時間歩いていると疲れやすくなるのも問題です。

原因④歩き方に問題がある

Feet Slippers Sandals - Free photo on Pixabay (183446)

サンダルの形やサイズが合っていたとしても、歩き方が間違っていると意味がありません。歩き方が間違っている事で、サンダルと素足の間で摩擦が起きて靴擦れが発生する原因となります。また、間違った歩き方によってストラップが動き、くるぶしの靴擦れの原因になる事も。サンダルで靴擦れを起こしやすい人は、歩き方も見直しておいた方が良いかもしれません。

サンダルの靴擦れの症状と手当

Sun Vacations Beach - Free photo on Pixabay (183447)

靴擦れに気を付けていたとしても、いつの間にか靴擦れを起こしてしまう事はよくあります。そういった時は早めに靴擦れ対策をしておきましょう。靴擦れをした状態で何もせずにサンダルを履いていると靴擦れが酷くなってしまうかもしれないので、応急処置をする事が大切になります。

擦れて赤くなっているとき

靴擦れをした部分が腫れて赤くなっている時は、それ以上悪くならないように絆創膏を貼ります。絆創膏を貼る事で、靴擦れした部分とサンダルとの摩擦をなくすのがポイント。水膨れが出来ず、赤くなっているだけであれば、絆創膏で保護するだけで十分に靴擦れ対策になります。

水ぶくれになっているとき

靴擦れが酷くて素足に水膨れが出来てしまったら、ワセリンを使いましょう。ワセリンを水膨れした所に優しく塗り、その上から絆創膏を貼ります。ワセリンを塗る事で水膨れを保護し、サンダルを履いている間に水膨れが潰れないようにしてください。ワセリンは色々な用途で使えるので、常備しておくと便利です。
98 件
着用アイテム