ツヤ肌メイクのやり方まとめ!ツヤ感のあるベースの作り方やおすすめコスメも紹介

Description
ツヤ肌メイクのやり方やおすすめのコスメをまとめました。色っぽいツヤ肌メイクにするためには、ツヤ感の作り方を押さえたメイクのやり方を取り入れるのがおすすめ。ツヤ感を演出できるベースコスメを活用したやり方であれば、簡単な作り方で色っぽいツヤ肌メイクに仕上げることができます。ツヤ肌に仕上がるツヤ感コスメベースを活用しながら、おすすめのメイクのやり方で色っぽいツヤ肌メイクを楽しんでいきましょう。

美しいを手に入れる♡ツヤ肌メイクのやり方

魅力的なツヤ感のある肌は、色っぽい雰囲気もあるのが魅力。メイクをするときに「ツヤ肌を作りたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。ツヤ肌メイクをしたい場合は、ツヤ感の作り方を把握しておくのがおすすめ。ツヤ感のあるベースコスメなどを工夫したやり方なら簡単にツヤ肌メイクを楽しめるので、ぜひメイクでツヤ肌に近づいてみましょう。

印象を左右するツヤ肌メイクの魅力

メイクにはさまざまなポイントがありますが、ベースメイクは全体の印象を左右すると言われています。ベースメイクの種類は、大きく分けてマット肌とツヤ肌の2種類になりますが、マット肌とツヤ肌とではメイクの仕上がりが全く異なるためなりたい自分に合わせた質感のベースメイクをしていくことが大切になるのではないでしょうか。
マット肌はツヤ感を押さえた陶器のような肌をメイクで作ることを指し、毛穴レスな肌を作りたいときにぴったり。マット肌にすることでモードな雰囲気も出ます。一方でツヤ肌は肌全体に透明感とツヤ感を与え、フレッシュな印象に仕上げられるメイク術。男性ウケも良く、思わず見惚れてしまうような色っぽさとツヤ感を肌にプラスしたい場合にツヤ肌メイクのやり方がおすすめです。

ツヤ肌メイクはハイライトがポイント

ツヤ肌メイクの作り方で大切になるのがハイライトを使ったメイクのやり方です。ハイライトは肌にツヤ感を与え、立体的に見えくれる便利なコスメ。ハイライトを効果的に使うやり方によってナチュラルなツヤ肌メイクに仕上げることができます。ハイライトは、鼻筋の高い部分、眉頭と眉下、唇の山、顎に入れていくとツヤ感が出て魅力的に見せられるので取り入れてみましょう。
立体感とツヤ感を出すことができるハイライトですが、入れ過ぎには注意しましょう。ツヤ肌を作りたいからといってハイライトを濃く入れると全体的に不自然な印象になってしまいます。そうならないように、ハイライトはサッと塗る程度でOK。ベージュ系のハイライトだと肌馴染みが良く、自然なツヤ肌メイクに仕上げることができるのでバランスを見ながら活用するやり方がおすすめです。

ツヤ肌でも化粧崩れしないコツは?

色っぽい雰囲気を演出できるツヤ肌ですが、ツヤ感があるためにアイメイクがよれやすくなるという問題があります。ツヤ肌メイクをしたときにどうしてもアイメイクがよれてしまいやすい方は、ツヤ肌メイクにルースパウダーをプラスしましょう。アイメイクをする前に目元にルースパウダーを軽くのせることでよれをにくくなり、ツヤ肌をキープしながらアイメイクも綺麗に仕上げやすくなります。
ツヤ肌メイクのやり方で崩れを防ぐには綿棒を使うのもおすすめの方法です。ツヤ肌メイクをしていると、ほうれい線にファンデーションが詰まってよれやすくなるという方はツヤ肌メイクの仕上げに綿棒でほうれい線をなぞり、ファンデーションを馴染ませておきましょう。このツヤ肌の作り方を取り入れることで、ほうれい線周りのメイク崩れを防ぎやすくなります。

ツヤ肌はメイク前のスキンケアから

ツヤ肌の作り方で大切になるのがスキンケアです。ベースの肌にツヤ感がないと、いくらメイクを頑張ってもなかなか理想のツヤ肌を作李にくくなってしまうので、スキンケアにこだわっていきましょう。カサカサと乾燥した肌はメイクのりも悪くなるため、綺麗なツヤ肌を作るためにも乾燥が気になる時はスキンケアを見直してツヤ感をアップしていきましょう。

スキンケアでしっかり保湿

洗顔が終わったら、なるべく早めにスキンケア用品で保湿をしていきましょう。洗顔してから時間が経つと、どんどん肌が乾燥していくため早めにスキンケアをするのがおすすめ。化粧水からつけても良いですが、さらにしっかりと保湿をしたい場合は導入美容液を使うやり方が良いのではないでしょうか。化粧水の浸透力がアップして、肌にツヤ感が出ます。
化粧水をつけたら、次に乳液で水分に蓋をしていきます。化粧水だけだと水分が蒸発して乾燥しやすくなるため、つ肌を作るために乳液は欠かせません。朝の時間がないときでもすぐにメイクができるように、肌に浸透しやすいさらっとしたタイプの乳液がおすすめです。乳液で水分に蓋をしたらスキンケアの完了なので、ぜひツヤ肌メイクの前に取り入れていきましょう。

おすすめは化粧水パック

色々なスキンケアの方法がありますが、しっかりと保湿をしてツヤ肌を作りたい場合におすすめなのが化粧水パックです。コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませて、乾燥が気になる部分にのせていきましょう。頰や額など、乾燥しやすい部分を中心に化粧水パックをすることでメイク崩れもしにくくなるので、乾燥しやすい方は取り入れてみてはいかがですか。
プチプラタイプの化粧水であれば気兼ねなくたっぷりパックに使うことができるのでおすすめです。パックをしたら通常通り乳液で水分に蓋をしてスキンケア完了。化粧水パックをしている間に他の準備をしていれば時間の無駄にもなりません。ツヤ肌メイクをする前準備として化粧水パックを取り入れてみてはいかがですか。

余分な油分はティッシュオフ

せっかくツヤ肌メイクをしたのにオイリー肌になってしまったら意味がありません。ツヤ肌とオイリー肌とでは仕上がりの質感が全く違うため、オイリー肌にならないように注意しておきましょう。オイリー肌で顔がテカリがちな方は余計な油分をメイク前にティッシュオフするやり方がおすすめです。鼻や額などテカリが出やすいところをティッシュオフしておきましょう。
あぶらとり紙を使うやり方もありますが、実はあまりおすすめできません。あぶらとり紙は肌に必要な油分の吸い取ってしまうことがあるので、カサカサとした乾燥肌になりやすくなってしまいます。肌に必要な油分は残しつつ、テカリを抑えるためにはティッシュオフがおすすめ。ツヤ肌メイクの前段階として取り入れてみましょう。

ツヤ肌への第一歩♡ツヤ感あふれるベースの作り方

Cosmetics Powder Lipstick Cosmetic · Free photo on Pixabay (64218)

スキンケアのベースが整ったら、ツヤ肌の作り方をチェックしていきましょう。ツヤ肌の作り方は基本的なポイントを押さえておくだけで簡単にできるので、ツヤ感のある色っぽいメイクに仕上げたいときはぜひツヤ肌メイクにチャレンジしてみてはいかがですか。ツヤ肌メイクのやり方を把握して、女性らしい色っぽい雰囲気を手に入れていきましょう。
67 件
着用アイテム