コントゥアリングメイクとは?日本人向けのやり方とおすすめのコスメを紹介

Description
コントゥアリングメイクが最近では注目されているようなのですが、整形メイクとも言われるほど見た目がガラリと変わるメイク方法だそうです。特にのっぺりとした顔立ちが多い日本人にはおすすめのメイクで、コントゥアリングすることによって、顔に立体感が出るのです。そこで、気になるコントゥアリングメイクについて詳しく見ていくとともに、そのやり方や詳しい効果、さらにはコントゥアリングメイクにおすすめのプチプラコスメの情報も紹介していきます。

コントゥアリングメイクを取り入れてみよう

メイクには様々な方法があり、メイクによって顔のコンプレックスである部分をカバーしたりなどしてくれるため、メイクが欠かせないという女性は多いことでしょう。そんなメイク方法の中でも、コントゥアリングメイクというものは、それを取り入れるだけで見た目がかなりガラリと変わるほどの効果があるメイク方法なのです。メリハリのある顔を作り上げたいという場合は、コントゥアリングをするのがおすすめです。

コントゥアリングメイクとは?

コントゥアリングという言葉自体を聞いたことがない人も多いでしょう。コントゥアリングメイクとは、顔を立体的に見せるためのメイクのことを指します。英語で輪郭を意味するcontourがコントゥアリングメイクの語源だと言われており、韓国で流行し始め、今では日本を含めて世界各国でコントゥアリングが注目されています。コントゥアリングメイクをすることでホリの深い顔になり、見た目がガラリと変わります。

日本人にも合うの?

コントゥアリングは立体的に顔を作り上げることでホリの深い顔に見せられますが、そもそもコントゥアリングメイクがのっぺり顔の日本人に合うのかどうかというところも疑問でしょう。しかし、上手にコントゥアリングメイクを取り入れれば、ちゃんと日本人の顔に合うのです。のっぺりした日本人の顔を、コントゥアリングによってホリの深い美しい外国人風の顔立ちに変身させることができます。

コントゥアリングの効果とは?

さて、コントゥアリングメイクの効果についてですが、なんと言っても小顔に見える効果が一番でしょう。女性にとって小顔になるということは、永遠の課題なのではないかと思われます。それがコントゥアリングメイクをすることで小顔になれるのです。顔のコンプレックスをしっかりとカバーしながら、良いところをさらに強調してくれるコントゥアリングメイクは、女性の強い味方だと言えるのではないでしょうか。

不自然に見えないコツは?

コントゥアリングメイクとは顔に高低差をつけることで立体的に見える手法ですが、立体的に見せるために描いた部分のメイクがしっかり馴染んでいないと、立体的には見えても不自然になってしまいます。境界線がはっきりと分かるようなコントゥアリングメイクのやり方だと不自然になりますから、境界線がないようにしっかりと馴染ませることがコントゥアリングメイクではとても大事です。

モデル並みの立体顔!コントゥアリングメイクのやり方

それでは、実際にコントゥアリングメイクのやり方について見ていくことにしましょう。コントゥアリングメイクによって立体的な顔に仕上げられるわけですが、イメージ的にかなり高度な技術が必要なのではないかと感じる人も多いでしょう。しかし、コントゥアリングのコツさえさえ掴んでしまえば、誰でも簡単にントゥアリングによって立体的な顔に仕上げることができ、小顔に見えるようになるのです。

必要なアイテムは?

まず、コントゥアリングメイクに必要なアイテムについてです。立体的な顔を作っていくということは、多くの専用コスメを揃えなければいけないのではないかと思うでしょう。しかし、必要なコスメは3つで良いのです。それはシェーディング、ハイライト、ファンデーションの3つです。これらをうまく組み合わせて顔に乗せて馴染ませることによって、見事な立体顔が出来上がるというわけです。

2色のシャドー使いで影と光を演出

シャドウとハイライトをまずどのように使い分けるのかということについてですが、言葉の通り、シャドウとは顔に影を作る役割を果たし、ハイライトとは顔にツヤを出して光りを出すことができる物です。シャドウとハイライトは全く逆の役割を果たしているのですが、そうすることで顔に光と影の両方が出来上がることになり、結果として顔が立体的に見えるのです。コントゥアリングメイクにはこの2色使いは必須です。

ファンデーションを重ねる

シャドウとハイライトで影と光を顔に作ったら、あとはいつも通りメイクをしていくだけでOKです。ただ、ファンデーションを顔に乗せる際にはコントゥアリングメイクを意識した乗せ方しなければいけません。おすすめはリキッドタイプです。スポンジで乗せていくのですが、この時擦らずにスポンジで乗せるイメージで塗っていきます。そうすることで、シャドウとハイライトが馴染んでくれるのです。

眉やアイメイク、リップを仕上げる

コントゥアリングメイクの土台がこれで完成しました。コントゥアリングメイクをした場合は、ポイントメイクは薄く仕上げた方が見た目がより美しくなります。コントゥアリングメイクだけで十分華やかな顔立ちに仕上がるからです。眉毛は今はやりの自然な太い眉にしてあまり角度を付けず、アイメイクも濃く仕上げない方がおすすめです。リップも唇を主張するようなものではなく、自然な色味の物を選ぶと良いでしょう。

パウダーを使い分け境界線をブレンド

顔の血色を良く見せるチークですが、チークでもコントゥアリングメイクができます。その場合は、仕上げのパウダーの前にチークを乗せていきます。そしてその状態で顔にパウダーを乗せることで、すべてのシャドウとハイライトをうまく馴染ませることができます。馴染ませるときは、大きめで毛量の多いブラシを使って優しく馴染ませていきましょう。決して擦るようにしないようにしましょう。
72 件
着用アイテム