コントロールカラーのグリーンで赤みをカバー!おすすめのアイテムと使い方を紹介

Description
肌の赤みをカバー出来るおすすめのグリーンコントロールカラーをまとめました。グリーンのコントロールカラーは、肌の透明感をアップさせたい時におすすめのアイテム。どのようなグリーンコントロールカラーが良いのか迷った時は、人気のアイテムをチェックしておくと良いでしょう。肌の赤みが気になる場合に役立つ人気のグリーンコントロールカラーで赤みをカバーして、透明感のある肌を手に入れましょう。

赤みカバーアイテム!コントロールカラーのグリーンを紹介

「肌の赤みをカバーしたい!」という場合に役立つのがグリーンのコントロールカラー。グリーンのコントロールカラーを使う事によって肌の透明感がアップし、魅力的な状態へ近づけると言われています。そんなグリーンのコントロールカラーですが、様々な種類のアイテムがあるのも特徴。プチプラからデパコスまで、バリエーション豊かなブランドからグリーンのコントロールカラーが出ています。数ある中から「どのアイテムが良いのだろう?」と迷った時は、グリーンの人気コントロールカラーをチェックしましょう。
今回は、人気を集めているグリーンのおすすめコントロールカラーをまとめました。肌の赤みを悩みに思っている人たちの間で人気となっているおすすめアイテムを手に入れる事が出来たら、透明感のある理想の肌になれるのではないでしょうか。また、グリーンのコントロールカラーの使い方についてもご紹介します。正しい使い方でグリーンのコントロールカラーを取り入れて、肌の赤みをカバーしていきましょう。

コントロールカラーとは?

そもそも、コントロールカラーとはどういったものなのでしょうか。人の肌には「赤みが気になる」「青白く見える」「くすみがある」といったように多種多様な悩みがあります。そんな肌の悩みをカバーして色ムラを補正出来るのがコントロールカラー。自分の悩みに合ったコントロールカラーを取り入れる事で、肌を綺麗にカバー出来るようになります。普段は下地とファンデーションのみ、という方もコントロールカラーを取り入れて透明感のある肌を手に入れませんか?
コントロールカラーと一口に言っても、その種類は色々あります。ブルーやピンク、イエロー、オレンジ、パープルといったようにバリエーション豊かなコントロールカラーがあるので、自分がどのような肌になりたいのか、カバーしたいのはどのような肌の悩みなのかを考えて決めていく事が大切。ピンクは血色感を出す、パープルはくすみをカバーする、というようなコントロールカラーの効果を事前に把握しておけば、自分に最適なコントロールカラーが見つけやすくなります。

コントロールカラーのグリーンがおすすめの人

Makeup Brushes Artist · Free photo on Pixabay (117380)

様々な種類があるコントロールカラーの中で、今回はグリーンに注目します。グリーンはコントロールカラーの中でも人気の高い色。デパコスからプチプラまで、沢山のコスメブランドがグリーンのコントロールカラーを出しています。多くの人の肌の悩みに応えられるのがグリーンのコントロールカラーの良い所。そんなグリーンのコントロールカラーですが、どのような人におすすめなのでしょうか?グリーンのコントロールカラーを使っておきたい肌のタイプについてご紹介します。

赤ら顔など肌の赤みをカバーしたい人

グリーンのコントロールカラーがおすすめなのが肌の赤みが気になる方です。頰や小鼻などに赤みがある場合、ファンデーションで隠そうと思っても十分にカバー出来ない事があるのではないでしょうか。そんな時に役立つのがグリーンのコントロールカラー。グリーンは赤の補色なので、赤みに重ねる事によって綺麗にカバーしやすくなります。
肌の赤みをカバーする事が出来たら透明感もアップ。グリーンのコントロールカラーが赤みのない滑らかな肌へと導いてくれます。「すぐに肌の赤みが現れてしまう」という方は、グリーンのコントロールカラーを活用してみてはいかがですか。

赤みタイプのニキビ跡がある人

グリーンのコントロールカラーは、赤みのあるニキビ跡をカバーしたい場合にも役立ちます。ニキビ跡には色々な種類がありますが、赤みが出てきてしまう事がよくあるのではないでしょうか。ニキビ跡が赤いと悪目立ちし、肌が綺麗に見えにくくなってしまいます。ニキビ跡をコンシーラーでカバーする事もあるかもしれませんが、グリーンのコントロールカラーを使った方が綺麗にカバーしやすいと言われているので、ぜひ活用してみましょう。気になる赤いニキビ跡もグリーンのコントロールカラーがカバーしてくれます。
このようにグリーンのコントロールカラーは、肌の赤みが気になる方におすすめです。肌の赤みがあると透明感が薄れてしまうので、グリーンのコントロールカラーを使ってカバーしていきましょう。簡単な使い方で肌の赤みを消す事が出来るので、メイク初心者の方にもぴったり。肌のコンプレックスをカバーするためにグリーンのコントロールカラーを役立ててみてください。

透明感を出す!コントロールカラーのグリーンの塗り方

続いて、グリーンのコントロールカラーの基本的な使い方についてチェックしていきましょう。グリーンのコントロールカラーは、正しい塗り方をする事によって効果を発揮出来るようになります。使い方が間違っていると、グリーンのコントロールカラーの本来の効果を感じられないかもしれないので、初めて使う方は事前に把握しておきましょう。グリーンのコントロールカラーを使うのには特別なテクニックは要らないので、メイク初心者の方も気軽に活用してみてください。

まずは保湿をしっかりする

Cream Beautician Beauty Skin · Free photo on Pixabay (117385)

ベースメイクをする前に行っておきたいのがスキンケア。洗顔で肌を清潔な状態にしたら、しっかりと保湿を行いましょう。化粧水と乳液を使ってスキンケアをして肌の調子を整えてください。十分な保湿が行われていないと、メイクが崩れやすい状態になってしまいます。また、乾燥によって肌の赤みが促進されてしまう可能性もあるためメイク前の保湿は欠かせません。潤いのある肌を作っておけばメイクのりが良くなるので、意識してスキンケアをしましょう。
乾燥が気になる時は、化粧水前に導入美容液を使うのがおすすめ。導入美容液を使っておくと、化粧水の浸透率が高くなると言われています。また、スキンケアをしたら10分程経過してからメイクをするようにするのがポイント。スキンケア直後だとまだ美容成分が浸透しておらず、肌がべたついているのでメイクしにくくなってしまいます。スキンケア後は他の事をして、しばらく経ってからベースメイクを行ってみてください。

下地の後に塗る

グリーンのコントロールカラーは、下地の後に塗るのが基本。下地で肌のデコボコをカバーしてから、グリーンのコントロールカラーで色ムラを調整していきます。下地を塗っていないと、ファンデーションの毛穴詰まりが起きやすくなるので気をつけてください。また、下地で肌を整えておけばファンデーションを厚塗りする必要も無くなるので、ナチュラルな仕上がりになります。下地は肌の内側から外側に向かって薄く塗り広げていきましょう。
ただし、グリーンのコントロールカラーの中には下地としての機能を併せ持ったアイテムもあります。この場合はグリーンのコントロールカラーを下地として使えるので、他の下地は必要ありません。「下地を塗ってコントロールカラーも塗らなければならないのは大変」といった場合には、こういったタイプのアイテムを使うのがおすすめです。自分のやりやすい方法でグリーンのコントロールカラーを取り入れてください。

パール粒の半分程度が適量

Shell The Beach Pearl · Free photo on Pixabay (117387)

グリーンのコントロールカラーは、パール粒の半分程度の量でOK。「そんなに少ない量で大丈夫なの?」と思われる方がいるかもしれませんが、グリーンのコントロールカラーを厚塗りすると肌から浮いてしまう可能性があります。
84 件
着用アイテム