香水の正しい捨て方!アレンジや活用法・開かない時の対処法は?

Description
香水の正しい捨て方や簡単なアレンジ方法についてまとめました。香水は水道に流すのではなく正しい捨て方を取り入れることが大切になります。捨て方だけでなく開かない香水の対処法についてもまとめました。香水の捨て方以外にはトイレの芳香剤などにアレンジできる活用法についてもご紹介します。香水が開かない時の対処法と簡単なアレンジ活用法、捨て方をチェックして、香水を流すことなく役立てていきましょう。

香水は正しい捨て方を把握することが大切

香水の使用期限は開封後で1年

お気に入りの香水を手に入れた時は大切に使っているとなかなか減らない、ということがありますよね。プレゼントで香水をもらった場合も香水を使い切れずに何年も過ぎてしまうこともあります。いつまでも使うことができるイメージのある香水ですが、実は使用期限があります。香水の使用期限を過ぎていないかどうかチェックしておくことが大切ではないでしょうか。
Aroma Basil Spices · Free photo on Pixabay (21210)

香水の使用期限は一般的に開封後で一年と言われています。香水を開封してから一年経過したら香りが薄れている可能性が高いのではないでしょうか。未開封の香水の場合は、使用期限が三年くらいになります。このように開封後と開封前とでは香水の使用期限は異なるので、香水を持っている場合はどのくらいの年月が経ったかチェックしておきましょう。

香水を捨てるか決める目安

いつ香水を手に入れたのかを忘れて「まだこの香水は使えるのかな?」と疑問に思った時は、香水を捨てるか否か決める目安もチェックしておきましょう。まずは香水の香りを確認します。使用期限が切れた香水は香りが弱まっているのに加えて通常とは違う香りになっている可能性があるため注意が必要。香水の香りに異変を感じたら使うのはやめましょう。
Perfume Flacon Glass Bottle · Free photo on Pixabay (21211)

香りの次にチェックしておきたいのが香水の見た目です。香水の見た目が手に入れた時よりも明らかに違い、どろっとした質感になっている香水は使わない方が良いのではないでしょうか。太陽光などによって香水が変色している場合もあります。香りや見た目に問題がない香水でも肌につけるのが気になる時は事前に香水のパッチテストをしておくのがおすすめです。

間違った捨て方をするのはNG

Essential Oils Flower Aromatherapy · Free photo on Pixabay (21212)

このようチェックした後に香水を捨てることに決めたら、香水の捨て方についても把握しておきましょう。香水は、中身が入ったまま燃えないゴミに入れる捨て方はNG。香水にはボトルに使われている瓶やプラスチック、香水の中身などがあるので一つにまとめた捨て方はしてはいけないとされています。香水の捨て方はしっかりと守ることが大切です。

正しい捨て方で香水を捨てるかアレンジ活用法を取り入れよう

Still Life Roses Perfume · Free photo on Pixabay (21213)

今回は使わなくなった香水の捨て方についてご紹介します。香水の捨て方の基本を把握しておけば、簡単に香水を捨てることができます。また、せっかく手に入れた香水をアレンジして使う活用法についてもまとめました。可愛い香水の瓶や良い香りを無駄にしないためにもアレンジ活用法を取り入れていくのがおすすめ。正しい香水の捨て方と簡単なアレンジ活用法をチェックしていきましょう。

簡単な香水の捨て方と開かない時の対処法

香水を流す捨て方だとニオイが残る

Bathroom Clean Faucet · Free photo on Pixabay (21216)

香水の捨て方で気をつけておきたいのが、中身をそのまま排水溝に流すのはNGだということです。香水の中身は液体なので、ついつい流すようにしてしまいがちですが台所や洗面所で香水を流すといつまでも香りが残ってしまいます。特に賃貸物件などは流すことで捨てた香水の香りがいつまでも残ると困ったことになるので、香水を流す捨て方はやめておきましょう。

基本的な香水の捨て方

それでは、基本的な香水の捨て方をチェックしていきましょう。準備するものは新聞紙かキッチンペーパー、ジッパー付き保存袋、ゴミ袋です。ゴミ袋に新聞紙かキッチンペーパーを入れたら蓋を開けた香水を流し入れてください。香水の中身をしっかりと染み込ませてからゴミ袋の口を閉めます。このとき、香水が漏れないように口はしっかりと閉めるようにしましょう。
Essential Oil Aromatherapy · Free photo on Pixabay (21217)

口を閉めたら、ジッパー付き保存袋に香水の中身を入れたゴミ袋を入れます。空気を抜きながらジッパーをとめたらOK。あとは燃えるゴミに出せば完了。香水を捨てる時は香りが充満するので、必ず換気をしながら行う捨て方にしておきましょう。

地域のルールに沿った捨て方にしよう

Garbage Basket Bin · Free vector graphic on Pixabay (21219)

残った香水のボトルは地域のルールに合わせた捨て方にしましょう。一般的な香水のパッケージは瓶になっているので、瓶の捨て方に合わせて捨てれば大丈夫です。スプレー部分のプラスチックや金属の部分もしっかりと分別をして地域のルールに合わせた捨て方にするとすっきりと捨てることができるのではないでしょうか。基本的なことを守った捨て方で香水とさようならしましょう。

ボトルが開かない時の対処法

香水の捨て方で困るのが香水瓶が開かないということ。香水瓶のスプレー部分はしっかりとめられているので開かないという事態が起きやすいのではないでしょうか。そういったときの対処法もチェックしましょう。
Perfume Deco Bottle · Free photo on Pixabay (21221)

開かない香水瓶の対処法に必要なのが新聞紙とニッパーです。新聞紙をしいた上に香水をのせたら、開かないスプレー部分の金属に縦にニッパーを当ててはさみましょう。気をつけないと香水瓶が割れる可能性があるので、適度な力を入れて金属部分を開いたら完了。ニッパーを使った対処法ならとても簡単なので、開かないときの対処法として活用していきましょう。
68 件
着用アイテム