眉毛の基本のお手入れ方法は?初心者でも失敗しないタイプ別の整え方!

Description
多くの女性がが理想の眉毛になりたいと強く思っているようですが、理想の眉毛を作れている人は限りなく少ないように思われます。眉毛は自分でお手入れする人が多いですが、そのお手入れ方法の間違いによって理想の眉毛からかけ離れたものになっている可能性もあるようです。そこで、理想の眉毛にするための正しい眉毛のお手入れ方法やセット方法を紹介していきます。正しいと思っていた方法が実は間違った方法だったということがあるかもしれません。

眉毛のお手入れやセットは大事!

眉毛で顔の印象が変わる!

眉毛は顔のパーツの中では特に大事な部分です。それは、眉毛の形や色によって顔の印象が随分と変わってしまうからです。細くて角度が付いた眉毛は、ちょっとキツイ印象を与えますし、逆に角度があまりついていなくて自然な眉毛は柔らかい印象を与えます。それぞれ理想の眉毛の形はあっても、その形にしようとお手入れしたりセットしたりするのはなかなか難しいことです。

眉毛のお手入れに苦労している人は多い?

眉毛も、他の顔のパーツと同様にメイクをすることによって形や色を変えることはできます。しかしもともとの眉毛の形が整っていないと、メイクをするのも大変です。多くの女性は自分の眉毛をお手入れしてメイクしやすいようにしているのですが、そのお手入れが難しく苦労している女性は多いようです。メイクをしていない眉毛の形が不自然になってしまい、それによってすっぴんを見せられないという人は多いです。

よくやる眉毛のお手入れ・セット方法

眉毛を抜く

眉毛のお手入れ方法としてよくやられているものを見てみましょう。まずは眉毛を抜くことです。若い頃に眉毛を抜いて整えていたという人はかなりいるのではないでしょうか。眉毛を抜くと、しばらくその部分から眉毛が生えてこないので、正しい個所を抜く分には正しいお手入れ方法と言えるでしょう。ただ間違った個所を抜いてしまうと、しばらく生えてこなかったり、最悪ずっと生えなかったりするので危険です。

眉毛を剃る

手っ取り早いのが眉毛を剃るというお手入れ方法でしょう。お店に売られているカミソリを見てみると、顔用や眉毛用といった刃の部分が小さめのカミソリも多く出ています。そのような小ぶりなカミソリを使えば、眉毛もきれいに剃って整えることができるでしょう。ただこちらも、抜く方法と同様剃る場所を間違うとメイクに響いてしまいます。

眉毛をカットする

眉毛をカットするお手入れ方法は、主に眉毛の長さを整えるときにやる方法です。眉毛を抜くことや剃ることは眉毛の毛そのものを無くしてしまいますが、カットの場合は根元からすべてがなくなるわけではありませんから、眉毛の形をきれいに整えたいという場合には必要なお手入れ方法になります。

間違った眉毛のお手入れ方法とは?

眉を描かずにお手入れをしている

よくやるお手入れ方法が、眉毛を抜く・剃る・カットするの3つの方法であるということを書きましたが、そのお手入れ方法で間違ったやり方をしている女性が数多くいるというのです。初めて眉毛を整えるという人は、失敗しないためにもNG行為についてしっかり押さえておきましょう。
眉毛を抜くにしても剃るにしても、眉毛メイクをしない状態でそのようなお手入れをするのはそもそも間違いだということです。大事なのは、自分がどのような形の眉毛にしたいのかということですから、理想の眉毛を作るために、まずはメイクをして自分がなりたい眉毛を描きましょう。そこからはみ出した眉毛だけを処理することによって、理想の自然な眉毛を作り上げることができるのです。

ハサミでザクザクカットする

ハサミで眉毛をカットする方法は、眉毛の長さを整えるのに必要なお手入れ方法です。しかし、眉毛が長いからと言って、ハサミで一気にザクザク切ってしまうのは間違いです。ザクザク切ってしまうと、眉毛の長さが均一になってしまい、自然な眉毛どころか不自然な眉毛になってしまいます。眉毛をカットする場合は、描いた眉毛からはみ出している眉毛の毛先を切るようなイメージでカットしましょう。

眉周りをすべて剃る

きれいな眉毛に整えたいと思うと、どうしても余分なところはすべて剃ってしまいたいと思ってしまうものです。しかし周りの毛をすべて剃ってしまうのは、逆に不自然になってしまいます。眉毛の上やこめかみのあたりにうぶ毛が多く生えている場合は剃ってしまっても問題ないのですが、あえて眉毛の周りに毛を残してセットすることで、自然な眉毛に仕上がります。

初めてでも失敗しない!正しい眉のお手入れ方法

基本的なお手入れ方法

64 件
着用アイテム