気温20度の服装33選!レディース向け天気別おすすめベストコーデ!

Description
気温20度前後の春秋の季節は、寒かったり暖かかったりとレディースにとってデイリーのコーディネートが悩ましい時期です。アウターが必要なのか、雨の日はどうするかなども迷ってしまいますよね。そこで今回は、気温20度に適した服装のコーディネートを、シチュエーションやアイテム別にまとめてみました。NGな服装やアイテムなども一緒にご紹介します。気温20度前後の季節のレディースコーデに是非お役立てください。

春なのに肌寒い?秋なのに暖かい?こんな時にあう服装は

平均気温20度ぐらいの春秋の季節は、朝晩肌寒いと思えば昼間は暑かったりで、どんな服装でコーディネートするべきか悩ましいですよね。ここでは、気温20度の時期に合う最適な服装についてご紹介します。

気温20度ってどれくらい?

過去3年の気象庁のデータによると、関東地方で平均気温20度の時期は、春では3月~5月、秋では9月~10月ぐらいになります。この気温20度ぐらいの気候は、春から夏へ、夏から秋へと季節の変わり目で、日中と日没後の気温の差が大きいのが特徴です。レイヤードしやすいトップスや、アウターなどの服装を使い、気温の変化に応じたコーディネートを考える必要があります。

最高気温が20度の時期にあう服装は?

ここでは、まず最高気温20度の時期に合うレディースの服装についてご紹介しましょう。最高気温20度の気候と言えば、春の始まりや秋の終わりで、朝晩気温が下がり寒暖の差が大きい時期になります。日中は薄手の服装だけで十分過ごせますが、朝晩には上から羽織れる服装を使いコーディネートを考える必要があります。こちらの写真は、パーカーとデニムパンツ、トレンチコートを使ったコーディネートです。トレンチコートは、トレンドにとらわれず気温20度ぐらいの春秋に重宝するアウターとして、おすすめのアイテムです。
こちらは、ボーダーシャツとデニムパンツ、ニットのロングカーディガンを使ったコーディネートです。気温が20度ぐらいに達した時は、ボーダーシャツとデニムパンツのカジュアルスタイルで、冷え込むときにはニットカーディガンを羽織りれば、大人っぽい着こなしに変わります。春秋の気温20度の服装としてピッタリなコーデに仕上がっていますね。

最低気温が20度の時期にあう服装は?

ここでは、最低気温20度に適した服装についてご紹介します。最低気温20度の季節と言えば、春の終りから夏の初め、または夏の終りから秋の始めぐらいの季節で、日中は気温が30度近くまで上がることもありますが、半袖の服装では寒く感じるときがあります。こちらは、チェックのブラウスとギャザースカートを使ったコーディネートです。緩めにデザインされた袖は風通しがよく、フレアにゴムがあしらわれているので、20度以上を超えるときには、袖をあげて涼しく過ごすことができます。
こちらは、コットン素材のボーダーシャツとプリーツスカートを使ったコーディネートです。最低気温20度の日は、日中は汗ばむこともあります。コットン素材の服装なら、風通しがよく汗の吸収にも優れているので、快適に過ごすことができます。またプリーツスカートは生地を重ねてあしらわれてるので、暑すぎて夏には適した服装ではありませんが、気温20度前後の春秋には季節感も漂わせながらおしゃれに着こなすことができるアイテムです。

気温20度で必要な服装とNGな服装はこれ!

気温20度前後の春秋に必要な服装選びは、意外と難しいものです。暑いと思って涼しい服装で出かけても急に寒くなったり、寒いと思って厚手の服装を選ぶと、汗ばんでしまったり。また季節感にそぐわない装いになってしまうこともあります。ここでは、気温20度の時期に必要とされる服装とNGな服装やアイテムをご紹介します。

レディースアウターは必要?

暑かったり寒かったりする気温20度前後の春秋の季節には、体温調節用の服装が必要になります。カーディガンや、ブルゾン、ジャケット、トレンチコートなどのアウターは気温20度前後の季節には、重宝するアイテムです。春秋のレディースコーデのアクセントになる服装として取り入れながら、おしゃれを楽しみましょう。

ニットはNG

気温20度前後の春秋の時期には、日中はまだ暑く汗ばむこともあります。春秋の服装でよく使われるニットセーターは防寒性には優れていますが、汗を吸収したり体温調節をする服装としては適していません。ニットのアイテムを使う場合は、寒さを感じるときに上から羽織れるニットカーディガンなどのアウターがおすすめです。気温20度前後の時期には、汗の吸収性に優れた風通しのいい服装をインナーに、脱ぎ着して体温調節のできるアウターを選びましょう。

こんなアイテムもNG

日中暑さを感じる気温20度前後の春秋の時期に、夏用のサンダルを使用することは、季節感にそぐわなかったり、気温が低い朝晩にはつま先が冷たくなったりするので、できるだけ避けた方がいいでしょう。気温20度前後の時期には、つま先が隠れるミュールやパンプス、スニーカーなどのアイテムがおすすめです。また寒暖差の大きい時には、ショートブーツなどのアイテムを選ぶといいでしょう。

【気温20度屋内】おすすめのレディース服装

158 件
着用アイテム