夏に向けて下腹ダイエット!即効性抜群のお家で出来るトレーニング方法!

Description
どんなにダイエットしてもなかなかぺたんこになってくれない下腹に悩んでいませんか?この記事では、そんな頑固な下腹ぽっこりを自宅で簡単に、しかも短期間でぺたんこにするダイエットのやり方を紹介しています。しかも、ここで紹介している運動はどれも厳しいトレーニングではなく、自宅の布団やベッドでダラダラと寝転んだまま出来る運動だけを厳選しています。僅かなスペースとちょっとした空き時間で出来る簡単ダイエットで、短期間でぺたんこ下腹になりましょう。

下腹ダイエットは短期間で出来る!

Slimming The Weight Of Health - Free photo on Pixabay (221220)

GWの時期が近づいてくると、すぐに夏になってしまいます。夏に備えてダイエットを始めるなら今ですが、どんなに厳しいダイエットをしてもなかなかぺたんこになってくれない下腹。今は厚着や上着で隠せている下腹ぽっこりも薄着になるにつれて誤魔化しきれなくなって来ます。また、海やプールと行ったイベントの多い夏はお腹を隠しきれない場面も出て来ます。
Running Sprint Cinder-Track - Free photo on Pixabay (221209)

そんな下腹ぽっこりさんにおすすめしたいのが、短期間でダイエット効果が出ると噂の高い下腹運動でのダイエットです。特別な道具は一切不要で、自宅で、しかもベッドの上や布団の上でダラダラするついでに出来る簡単で、且つ短期間で効果の出る運動を紹介しましょう。また、記事の最後には、ぽっこり下腹をぺたんこにする便利なダイエットアイテムも紹介しているので、これから紹介する運動と共に使えば、より短期間でダイエットが出来るかもしれません。まずは、下腹がぽっこりしてしまう原因について説明しておきましょう。

下腹が出る原因

Belly Body Clothes - Free photo on Pixabay (221219)

そもそも、女性の下腹がぽっこり出てくる原因として考えられるのが「更年期によるホルモンバランスの乱れ」と「骨盤の歪み」です。閉経と共に訪れる更年期で女性ホルモンの分泌量が低下すると、基礎代謝が低下し、下腹が出やすくなると言われています。他にも、骨盤が歪んで内臓の位置が下がると下腹がぽっこりと出て来ます。
Belly Body Calories - Free photo on Pixabay (221218)

骨盤の歪みを簡単にチェックする方法は、かかとを付けて足先を直角に開き、かかとを引っ付けたまま爪先立ちをするだけです。爪先立ちの状態で「ふらつく」「かかとが離れる」「前後に体がグラグラと揺れる」場合は骨盤が歪んでいると考えて良いでしょう。骨盤が歪む原因は普段の姿勢が大きく関係しているので、普段から姿勢を整えるよう意識するだけでも下腹ぽっこりが解消出来る場合もあります。

簡単な運動でしっかりダイエット

Push Ups Exercise Fitness - Free photo on Pixabay (221210)

普段の姿勢に気を付けるのは勿論ですが、毎日自宅で簡単に出来る運動を取り入れればより短期間で下腹ダイエットが出来ます。今回紹介する運動は時間も場所も取らずに誰でも簡単に出来るやり方ばかりですが、短期間で下腹ダイエットが望める物ばかりを厳選しています。夏まで後少しですから、ぽっこり下腹を短期間で解消して薄着に備えましょう。

下腹ダイエットのやり方【ねじり運動】

くびれの筋トレ③:レッグツイスト

短期間で下腹ぽっこりをぺたんこにする簡単ダイエット1つ目は「ねじり運動」です。短期間で下腹ダイエットに効果的なねじり運動は様々ありますが、今回は寝転んだぐうたら姿勢のまま出来る「レッグレイズツイスト」のやり方を紹介しましょう。寝起きや夜寝る前、ベッドや布団の上に寝転んだまま出来る簡単なダイエットです。腸の動きを良くして便秘を解消し、ぽっこり下腹の原因を全て撲滅出来、最終的に短期間での下腹ダイエットに繋がる運動になります。

1.仰向けになり両足を持ち上げる

驚きの効果! Leg Twist (レッグツイスト)

レッグレイズツイストのやり方は、ベッドや布団、カーペットの上に仰向けに寝転んで、両手を方の位置で左右に開きます。体を支えるように、手の平を床に付けてください。続いて、両足を持ち上げて骨盤・膝の角度がそれぞれ90度になるように姿勢を整えます。ここまでで準備完了、続いて運動のやり方に入って行きます。

2.両足をそろえて右に倒す

レッグレイズ ツイスト 2人組

両足を持ち上げたまま深く息を吸って、息を吐きながら膝の角度90度をキープしながら右に両足を倒して行きます。この時、膝が地面に付かないよう注意してください。ここまでが、中級者向けのダイエットです。さらに負荷を掛けたい上級者は、膝は曲げずに真っ直ぐ伸ばしたまま行なうと、下腹ダイエットがより効果的に行なえます。逆に初心者で回数がこなせない人は、膝を曲げて床に足を付けた状態のまま、膝を右に倒すやり方にすると、便秘解消になり下腹ダイエットに繋がるので自分のペースで無理の無い範囲で運動しましょう。

3.両足をもとの位置に戻し、逆側に倒す

2週間で下腹の肉を取る!簡単レッグレイズツイスト

続いて、右に倒した両足を、息を吸いながら上に戻します。最初の位置に戻ったら、次は左側に行きを吐きながら倒して行きます。ここまでが、中級者向けのやり方、上級者は先ほど紹介した通り、膝を伸ばしたまま全ての工程を繰り返します。初心者は無理の無い範囲で行ないましょう。8回を1セットとして、1日2セット行なうのが目安です。動作をゆっくりと、呼吸を止めない事がこのダイエットの最重要ポイントとなります。

下腹ダイエットのやり方【プランク】

短期間で下腹ぽっこりをぺたんこにする簡単ダイエット2つ目は「ブランク」です。ブランクは体幹トレーニングのメニューに組み込まれているダイエットで、誰でも簡単に自宅で出来る事から、体幹トレーニングの王道とも言われています。また、負荷を自分好みに弄り易く、自分の筋肉量に合わせたトレーニングに改良出来るのもブランクの魅力です。そんなブランクの正しいやり方を紹介しましょう。

1.うつ伏せになり、両手両足を肩幅に開く

30日プランクチャレンジのやり方

77 件
着用アイテム