結婚式に腕時計はマナー違反って本当?おすすめの選び方やNGポイントは?

Description
結婚式に腕時計をつける時のマナーやNGな腕時計についてまとめました。結婚式にはNGポイントを押さえていれば腕時計をつけていてもマナー違反にはなりません。皮ベルトや文字盤の色など、結婚式に身につける腕時計のマナーを把握しておくのがおすすめ。NGな腕時計でマナー違反にならないように結婚式にふさわしいマナーに沿った色やベルトのデザインの腕時計を身につけて、コーディネートを完成させましょう。

結婚式に腕時計ってだめなの?マナーをおさらい♡

Bloom Blossom Bouquet · Free photo on Pixabay (71738)

結婚式のファッションには色々なマナーがあるため、マナー違反にならないように常識を把握しておくことが大切になります。そんな中で結婚式で気をつけておきたいポイントが腕時計。結婚式に腕時計をつけても良いのか、つけて良いのであればどんな色やベルトのデザインが良いのかなど知っておくのがおすすめです。結婚式に着用する腕時計について詳しくチェックしていきましょう。

結婚式に腕時計がNGと言われる理由は?

本来、腕時計は結婚式に着用するアイテムとしてはNGとされてきました。腕時計を結婚式につけていくことはマナー違反とされており、以前は腕時計を結婚式につける人は少なかったようです。それでは、なぜ腕時計を結婚式に身につけるのはマナー違反とされてきたのでしょうか。その理由は、腕時計をつけていることで結婚式が早く終わって欲しいという気持ちを表しているとされていたからです。
結婚式は多くのゲストが招待され、主役である新郎新婦の門出を祝う会です。そういったおめでたい場所では時間を気にすることなく新郎新婦のことをお祝いするのがマナー。しかし、腕時計をつけていることで時間を気にして「結婚式が早く終わらないかな?」と思われてしまう可能性が出てきます。お祝いの場所で時間を気にすることはNGとされているので、腕時計を結婚式につけていくのはマナー違反とされてきました。

時代に合わせて腕時計もありに♡

結婚式では着用するのはNGとされてきた腕時計ですが、時代の変化と共に腕時計に対する考え方も変わってきました。最近の腕時計はファッション性が高いものが多く、おしゃれの一部として楽しむ人が増えています。元々は時計を見るためのアイテムでしたが、それ以外のファッション的な要素も腕時計が含むようになってきたため、結婚式のコーディネートに取り入れてもマナー違反とは取られなくなりました。最近では新郎が腕時計を身につけているというパターンもあるようです。
時代の流れによって、マナーに対してそれほどきつい見方をしなくなったということも大きな理由として挙げられます。結婚式は神聖な場なので、NGとされるしきたりがたくさんありましたが、最近ではカジュアルなスタイルの結婚式も増えてきました。そのためゲストが身につけるものに対しても寛容になってきており、自由に結婚式のファッションを楽しむパターンも増えています。そんな中で腕時計を結婚式に身につけることはNGなマナー違反ではなくなってきました。

会場の雰囲気に合わせて臨機応変に

Dinner Table Event · Free photo on Pixabay (71744)

時代の流れと共に結婚式に腕時計を身につけても大丈夫なようになりましたが、やはり古い風習が残っている場合もあるため結婚式の会場の雰囲気に合わせて腕時計をつけるか否かを決めていきましょう。もし、結婚式の会場にマナーに厳しい人が来ることが事前に分かっているのであれば腕時計を身につけるのは避けた方が無難。また、格式高いフォーマルな結婚式を行うという場合も腕時計を身につけない方が安心ではないでしょうか。
ガーデンウェディングなど、比較的カジュアルなスタイルの結婚式であればファッションに関してもそこまでフォーマルでなくてもOKという場合があるので、腕時計を身につけてコーディネートを楽しんでみると良いかもしれません。大切なのは新郎や新婦の気持ち。結婚式全体の雰囲気を事前に把握しておいて、腕時計をつけても新郎新婦の心象に影響しないかどうかチェックすると安心ではないでしょうか。臨機応変に腕時計をつけるかどうかを決めていきましょう。

結婚式の腕時計の選び方

Wedding Bride Bouquet Bridesmaid · Free photo on Pixabay (71747)

このように、最近では結婚式に腕時計を身につけてもマナー違反とは見られなくなりました。結婚式のドレスコーディネートに腕時計を取り入れたい、と思ったらデザインにしっかりと注意を払っていきましょう。アクセサリーとしての意味も含む腕時計にはデザインや色によってマナー違反となり得るものがあります。せっかくお気に入りの腕時計をつけたのにNGなデザインや色だった、ということにならないように結婚式におすすめしたい腕時計のタイプについて見ていきましょう。

シンプルで清潔感を重視

結婚式に身につける腕時計は基本的にシンプルなデザインにするのがおすすめです。結婚式では華やかな雰囲気を楽しむためにドレスやアクセサリーに気を使うことが多いかもしれませんが、腕時計まで豪華なものにしてしまうと派手になり過ぎる可能性があります。主役はあくまでも新郎新婦なので、シンプルな腕時計で悪目立ちしないようにすることが結婚式のコーディネートでは大切なことではないでしょうか。
結婚式に身につけていく腕時計では清潔感も意識するようにしましょう。清潔感のない腕時計は結婚式の場にはふさわしくありません。せっかくドレッシーな服装で結婚式に出かけたとしても腕時計に清潔感が欠けていたら台無しです。腕時計の周辺は意外と人に見られやすいのでだらしない人と思われないように清潔感を意識して結婚式に腕時計を身につけるようにしてください。

針・分針・秒針のみの3針モデルがベスト

腕時計のデザインについてもこだわっていきましょう。基本的に結婚式に身につける腕時計はシンプルなデザインがふさわしいと言われているので、針・分針・秒針の3つの針で構成されているものが良いのではないでしょうか。こういったシンプルなデザインの腕時計が結婚式のスタイルに合っていると考えられます。デジタル時計などは結婚式の場にはカジュアル過ぎてふさわしくないので気をつけましょう。
日付などがわかる腕時計もありますが、シンプルという意味で考えると結婚式にはふさわしくないかもしれません。見た目はおしゃれでも、フォーマルな会場では華美な印象を与えてしまうかもしれません。そういったタイプの腕時計を結婚式に身につけるのはやめておいて、針・分針・秒針のシンプルなスタイルの腕時計を選んでいった方が無難です。

白文字盤や落ち着いた色味を

文字盤やベルトの色の大切なポイント。文字盤やベルトの色で腕時計全体の印象も変わってくるので、結婚式にふさわしいタイプを選ぶことが大切になります。結婚式におすすめなのが、白色の文字盤。白色の文字盤はシンプルで清潔感を感じられるので、結婚式のスタイルにぴったりです。黒い文字盤や派手な色の文字盤は結婚式のスタイルでは悪目立ちする可能性があるため気をつけましょう。
ベルトの色はシックなこげ茶や茶色、ベージュ系の色がおすすめ。ベルトの色も派手すぎると悪目立ちしてしまうので気をつけましょう。ベルトに関しては、ドレスの色と合わせて決めていくと良いかもしれません。ベルトとドレスの色味を合わせると統一感が出て、おしゃれな印象になります。ベルトだけが目立つような色にしてしまうと全体のコーディネートが崩れやすくなるため気をつけてください。

結婚式で腕時計をつけるときの注意点

結婚式のコーディネートにぴったりな腕時計が見つかったとしても結婚式のマナーとしてNGなものだと意味がありません。知らない間にマナー違反にならないように、結婚式で注意しておきたい腕時計のポイントをチェックしていきましょう。注意点を押さえておけば、結婚式で腕時計を身につけてもスマートな印象を与えることができます。
59 件
着用アイテム