アイシャドウの下地はどれがおすすめ?仕上がりや完成度が違う使い方

Description
アイシャドウ下地を使用する事で、アイメイクの完成度も違うと言われています。アイシャドウ下地には、デパコスからプチプラコスメまでランキング上位に輝く人気おすすめアイシャドウ下地が豊富で、クリームやリキッドタイプなど種類も様々です。アイシャドウ下地が、初心者でも簡単な使い方ポイントを知る事で更に活用出来ると言われています。また、アイシャドウ下地の代用となるアイテムはあるのか気になる人も少なくないようです。そんなアイシャドウ下地の効果・メリットやおすすめランキングなどたっぷりとご紹介して参ります。

アイシャドウに下地は必要?

アイシャドウ下地を愛用している人も以前に比べて増えているようです。アイシャドウ下地は、クリームタイプやリキッドタイプなど種類もお好みに合わせて選べて、デパコスからプチプラまで人気おすすめランキング上位の注目されているアイシャドウ下地も多いです。そんなアイシャドウ下地を使うメリットや、アイシャドウ下地とはどんな物なのか早速見て行きましょう。

アイシャドウ下地って何?

アイシャドウ下地を使った事が無い人にとって、アイシャドウ下地とはどんな物なのか詳しく分からないという人もいらっしゃいます。アイシャドウ下地は、ファンデーションの前に塗る下地がある様に、アイシャドウを塗る前に塗るアイシャドウの為の下地です。付ける場所も、瞼に付けるので部分的な下地となるようです。アイシャドウ下地には、クリームタイプ、リキッドタイプ、パウダータイプも中にはあり、どれも人気が高いです。

アイシャドウ下地を使うメリットは?

アイシャドウ下地を使う事で、メリットもあります。そのメリットとは、アイシャドウの持ちや発色がしやすくなるというメリットです。また、シワや目元のたるみなどにお悩みの人にとって、アイシャドウが塗りにくいという場合には、アイシャドウ下地が味方となるでしょう。アイシャドウ下地を塗る事に寄って、アイシャドウが塗りやすい目元にしてくれる効果が期待出来ると言われています。

アイシャドウ下地のタイプ・カラー別特徴と選び方

アイシャドウ下地のタイプ・カラー別特徴を始め、選び方のポイントなども知っておくと、自分にマッチしたアイシャドウ下地と出会えると言われています。それでは、アイシャドウ下地のタイプやカラー別の特徴から選び方ポイントまで、早速見て行きましょう。

クリームタイプ

乾燥肌にお悩みの人で、目元が乾燥しやすくアイシャドウがフィットしない場合には、クリームタイプのアイシャドウ下地がおすすめされています。クリームタイプのアイシャドウ下地なら、保湿力も高めな商品が多く、アイシャドウのヨレなども防ぐ役割もクリームタイプのアイシャドウ下地にはあると言われています。使い方は、手が汚れてしまうという部分もありますが高機能ならクリームがおすすめです。

リキッドタイプ

リキッドタイプのアイシャドウ下地は、クリームタイプの様に保湿力もある方ですが、瞼に塗るとさっぱりしているリキッドタイプのアイシャドウ下地が多いです。アイシャドウを塗るのに、あまり下地のせいでベタベタするのが苦手な人には活躍するアイシャドウ下地のタイプとなるでしょう。

パウダータイプ

朝の忙しい時間でも、しっかりアイシャドウ下地を使ったアイメイクをしたいという人におすすめなのが、パウダータイプのアイシャドウ下地です。ブラシを使って簡単に使えるので、手も汚れにくく使い方もアイシャドウを付ける感覚で使えるので人気のアイシャドウ下地のタイプの1つになります。

ベージュ系

アイシャドウ下地には、クリーム・リキッド・パウダーとタイプも色々あります。そして、更に気になるのがアイシャドウ下地の色です。最も多いアイシャドウ下地の色がベージュ系の色と言われています。ベージュ系でも、アイシャドウ下地のベージュなら素肌よりワントーンアップした明るさのアイシャドウ下地を選ぶと失敗も防げるようです。

ピンク系

アイシャドウ下地でピンク系がおすすめなのは、透明感を目元に出したいという人におすすめです。目元のくすみをカバーする効果もピンク系のアイシャドウ下地にはあるようです。ご使用のアイシャドウが、パステル系のカラーの場合は、アイシャドウ下地をピンク系にしてあげるとアイメイクも映えると言われています。

オレンジ系

目元に茶色くなったシミなどが目立ち、肌がくすみがちな人におすすめなのが、オレンジ系のアイシャドウ下地です。自然な明るさを出しやすく、肌に馴染みやすい為、特に茶色く肌がくすみがちな人にはオレンジ系のアイシャドウ下地がアイメイクを輝かせる味方となるでしょう。
99 件
着用アイテム