シャンプーのいい成分と悪い成分を徹底解説!おすすめ商品は?

Description
シャンプーは毎日のお風呂で使用する日用品で、誰にとっても生活に欠かせないアイテムの一つです。最近ではメーカーや香りの種類に留まらず、様々な成分や特徴を謡ったシャンプーが勢揃い。今回は、そんなシャンプーの髪や地肌にとって良い成分と悪い成分について詳しく解析・比較してご紹介していきます。ランキング上位の安全でおすすめの商品、注意したい危険成分をしっかり押さえましょう。あなたのライフスタイルや髪質、肌質に合わせてより安全でより良いシャンプーを選び、快適なシャンプーライフを送りましょう。

シャンプーの成分には良いモノと危険なものが含まれている?

日用品として毎日のお風呂で使用するシャンプーは、誰の生活にとっても欠かせない重要なアイテムの一つです。最近ではますます種類が豊富になったり、同じメーカーでも価格帯が差別化が進んでいたりと、選択肢が多すぎて選ぶのに迷うことも多いはず。つい、一度手に取ったものを繰り返し選びがちでは?実は同じシャンプーでも、良い成分と危険な成分があると言われています。それぞれ詳しく解析していきます。

シャンプーにはたくさんの種類がある

一言でシャンプーと言っても、使う方の肌質や髪質、利用シーンを想定して作られた、様々な種類や成分のシャンプーがあります。例えば、シリコンシャンプー・ノンシリコンシャンプー・アミノ酸シャンプーと言った種類です。それぞれ成分が異なるため、泡立ちや洗いあがりの質感が違います。ここからは、シャンプーの基本的な成分を今一度確認して、しっかりと良い知識を身に付け、より安全で良いシャンプーを選びましょう。

一般的なシャンプーにはどんなものが含まれているの?

それでは、一般的なシャンプーにはどのような成分が含まれているのでしょうか。シャンプーの主な成分は洗浄成分から成っています。その洗浄成分としては、アニオン界面活性剤や両面界面活性剤が使われている他、コンディショニング剤が入っています。コンディショニング剤は、洗浄中に指や髪の毛同士の摩擦から髪を守る働きをしてくれます。また、この他の成分として香料、防腐剤などが含まれるとされています。これらの成分の安全性や危険性について解析していきましょう。

シャンプーの成分を徹底解析

洗面台とバスタオル

洗面台とバスタオル

シャンプーの種類が豊富になるほど、その成分に関して様々な解析による見解が提示されています。よく目にすることとして、「市販シャンプーには危険成分が含まれている」「安いシャンプーの成分は危険」ということを聞きませんか。ここからは、良いシャンプーの安全な成分と悪いシャンプーの危険な成分について、それぞれ比較しながら徹底解析していきます。

良いシャンプーの安全な成分

良いとおすすめされるシャンプーの成分にはどのようなものがあるのでしょうか。頭皮に優しくて良いとされるシャンプーには石鹸、アミノ酸、無添加・オーガニックという言葉が用いられていることが多いようです。それぞれ低刺激性のため、敏感肌やアレルギーをお持ちの方が好んで使用されます。それぞれの洗浄成分によって、呼び名が異なります。化粧品には、すべての成分名を表示することが厚生労働省から義務付けられているため、パッケージを確認することで、自分に合うシャンプーの成分を知ることができます。

悪いシャンプーの危険な成分

逆に、おすすめされないシャンプーにはどのような危険成分が配合されているのでしょうか。それら成分の中でも特に危険視され敬遠されがちなのが、硫酸系の成分です。例えば、ラウレス硫酸、ラウリル硫酸などが危険成分であると耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。市販のドラッグストアなどで販売されている、比較的安価なシャンプーの成分として多く見受けられます。

各シャンプーの成分を徹底比較

ハーブボトル

ハーブボトル

ここまでは、良いとされるシャンプーの安全でおすすめとされる成分と、悪いとされるシャンプーの主な成分について比較しながら順に解析して見てきました。ここからは、それら各シャンプーの成分の詳細な内容を安全面や危険面に触れながら、さらに比較・解析していきます。

無添加・オーガニック

人体への優しさを強調するため、無添加・オーガニックと明るいPOPで謳っているシャンプーは比較的多くあります。しかし、指定の成分が一つでも使用されていたらその呼び方ができるため、全体を見たときに、本当に自分に合わない成分が入っていないシャンプーなのかは、パッケージ表記の各成分をしっかり比較・解析しないことには、本当の安全性・危険性は分かりません。

石鹸

石鹸

石鹸

石鹸シャンプーとは、石鹸による洗浄成分が主となり成分配合されたシャンプーのことです。添加物が少なく、敏感肌やアレルギーをお持ちの方にとって安全で、重宝されることが多いようです。しかし、洗浄力はそれなりに強いため、頭皮が必要以上に乾いてしまう危険性も残っているようです。そのため、石鹸成分由来のシャンプーを使う方がコンデショナーやリンスを併用していることが比較的多いとされます。

アミノ酸

続いては、アミノ酸系の洗浄成分が主体となって配合される、アミノ酸シャンプーです。頭皮に良く万人受けするとされています。その特徴としては、洗浄力がマイルドで低刺激性であることが挙げられます。保湿効果も期待されるため、肌が乾燥しがちな方にも安全でおすすめと解析されます。逆に、よく汗をかいたり、オイリー肌の方には比較的不向きと言えます。頭皮の油質が残るとベタつきや汗の臭いを引き起こす危険性があります。

ラウレス硫酸・ラウリル硫酸

バスタイム

バスタイム

危険であると敬遠されがちなのが、硫酸系の成分である、ラウレス硫酸やラウリル硫酸。他のシャンプー成分と比較したときに、その洗浄力の強さから、本来頭皮に残すべき安全な脂分までを落としてしまうためです。頭皮の乾燥や肌荒れを引き起こすとされ、危険視されることが多い成分のようです。全ての人にとって必ずしも危険な成分である訳ではないという点を覚えておきたいところです。

防腐剤

84 件
着用アイテム