結婚式のお呼ばれで振袖の選び方や注意点は?おすすめの柄や色・気になるマナーは?

Description
20代に入ると結婚式にお呼ばれする機会が増えてくるものです。そんなときに、振袖を着たいと思っている女性も多いです。しかし振袖などの着物に関するマナーは何かと難しそうと思われがちです。そこで、結婚式に適した振袖の柄や色、さらには注意すべき点やNGなことなどをまとめてみました。また、未婚女性が着るとされている振袖は30代の未婚女性が着てもいいものかどうか、という30代女性が気になっている事柄についても紹介します。

結婚式に振袖はぴったり!

振袖ってどんな着物のこと?

結婚式にお呼ばれした際には着ていく服装で悩んでしまうものです。特に女性は和装か洋装かで悩む人も多いでしょう。和装を着ていく場合には、華やかな振袖を選ぶ場合も多いですが、そもそも振袖ってどのようなものなのでしょう。簡単に言うと、着物の袖が長いもののことを指し、「袖を振る」ということから来た名前だといわれています。振袖には他の種類の着物と同様に、様々な柄や色があります。

結婚式で振袖を着られるのはどんな人?

結婚式にお呼ばれしたから振袖を着ようと思っても、そもそも自分が振袖を着ていくのにふさわしいのかどうかも気になるところです。実は振袖は着物の中でも着る人が限定されている着物なのです。振袖が着られるのは一般的には未婚の女性ということになっています。

結婚式にふさわしい振袖の種類

大振袖

振袖は着物の袖が長い種類の着物のことと書きましたが、実は袖の長さにもいろいろあり、それによって着物の種類が分けられているといいます。まずは大振袖です。これは袖丈が114cmくらいあり一番格式高い振袖とされているので、結婚式などには適しています。ただ、結婚式によっては花嫁さんが大振袖を着る場合があるようなので、大振袖を着たい場合は事前に花嫁さんがどのような着物を着るか確認した方がいいです。

中振袖

中振袖は成人式などでよく着られる振袖の種類で、袖の丈が100センチから107センチのものを指します。袖が短いので、身長の高い女性などは、大振袖を選ぶ場合もあるということのようです。大振袖の次に格式が高い礼服であるため、結婚式にお呼ばれした時にはもちろん適した振袖であるといえます。実際、結婚式にはこの中振袖がよく着られているそうです。

小振袖

振袖には、一番丈の短い小振袖という種類もあります。振袖ではありますが、比較的カジュアルな雰囲気が強いので、お呼ばれした結婚式がカジュアル形式のものだったり、レストランウェディングなどであれば着ていってもOKでしょう。また、大振袖と中振袖に合わせる帯が袋帯や丸帯であるのに対し、小振袖は名古屋帯を合わせるので、比較的気軽に着られる振袖の種類ということが言えます。

結婚式にお呼ばれした場合に着る振袖に適した柄とは?

着物の柄での王道!女性らしい花柄

次に、結婚式にお呼ばれした時の振袖の柄にについて見ていきましょう。まず定番であるのが花柄の振袖です。花柄と一口に言ってもいろんな種類の花があります。お呼ばれする結婚式の時期などを考えて、その季節に合った花があしらわれた振袖を着るのがベターです。花柄でも大柄のものと小柄のものとありますが、そのあたりは着る人の好みに合わせて振袖を選ぶといいのではないでしょうか。

着物らしさが光る古典柄

いわゆる古典柄は落ち着いた雰囲気があるので、厳粛な結婚式にはとくにふさわしいとされています。結婚式の会場にもよりますが、神社などで挙げる場合には、このような古典柄であれば場の雰囲気ともとてもマッチするでしょう。また古典柄は落ち着いた雰囲気があるだけでなく、その柄の種類にもしっかりと意味が込められているそうです。例えば吉祥文様は祝意を表す文様とされているので、結婚式には最適といえます。

人とはちょっと違った柄で勝負!モダン柄

最近ではカジュアルに着物を着こなす女性も増えてきています。振袖にも伝統的な柄以外にもモダンな柄のものも増えてきているということです。和モダンな柄もとても華やかで結婚式向きではあるのですが、小振袖と同様、結婚式のタイプによって着ていくかどうかを考えた方がいいかもしれません。和モダン柄の振袖の場合も、小振袖と同じくカジュアルな結婚式などに着ていくのが無難かと思われます。

結婚式に着ていく振袖にNGなものはある?

白や黒などの色味はNG?

66 件
着用アイテム