奥二重向けアイシャドウの色と塗り方!あか抜けアイメイクを攻略しよう

Description
奥二重さんの魅力的なアイシャドウの塗り方は、アイシャドウの色や質感なども大切なポイントとなってくるようです。やり方次第で奥二重さんでも陰影は作れると言われており、肌タイプに寄ってピンク系やネイビー系など、アイシャドウのおすすめ色も変わってくるようです。ラメアイシャドウを取り入れたメイクのやり方も、奥二重さんならではの魅力が演出されると言われています。そんな奥二重さん向けのアイシャドウの色と塗り方を始め、おすすめ人気アイシャドウも合わせてたっぷりとご紹介して参ります。

奥二重さんこそアイシャドウで印象が大きく変わる

奥二重さんこそ、アイシャドウで目元の印象を大きく変える事が出来ると言われています。奥二重さんのアイメイクのやり方や特徴なども知っておくと、アイシャドウの塗り方で更なる魅力を発揮するようです。色や質感にも注意しながら、奥二重さん向けアイシャドウを選ぶのも大切と言われています。多くのブランドから人気おすすめアイシャドウが発売されています。奥二重さん向けアイシャドウはどんなアイシャドウを選べば良いのか、知っておきたい豆知識から見て行きましょう。

奥二重の特徴って?

奥二重は、一重と二重の間の瞳の形であり、まつ毛の根元に当たる部分が見え隠れする特徴があると言われています。二重幅が狭めであり、瞼がかぶさっているような状態が多く、一重に近い奥二重もあれば二重に近い幅が広めな奥二重もあるようです。

奥二重でもやり方次第で陰影は作れる!

ついやりがちな奥二重メイクは、意外にも瞳を小さく見せてしまっている場合もあるようです。奥二重でもやり方次第で二重の様な陰影が作れると言われています。奥二重でも、瞳を幅広く見せるやり方でアイシャドウを塗っていくと、立体感のあるグラデーションと共に瞳の幅が広い大きな奥二重の目元が作りやすくなるそうです。
ハイライトとなるアイシャドウを、先に目頭部分に「く」の字に塗るやり方からスタートするのも立体感が作りやすくなると言われています。そして、締めの濃いめのアイシャドウの色は目尻に塗るのを意識して、奥二重の二重部分は塗りつぶさないようにするのも抜け感が表れて、あか抜けメイクに繋がるでしょう。アイシャドウの中間色にあたる物はアイホールの中心に塗り、3色のアイシャドウ使いで綺麗なグラデーションを作ると、奥二重で簡単に陰影が作れるアイメイクのやり方に繋がると言われています。

暗すぎるマットカラーは使わない

奥二重には、暗すぎるマットカラーは使わない方が良いと言われています。アイシャドウカラーは肌になじみやすい色選びも大事で、マットカラーよりもウェット系でフィット感のあるアイシャドウ下地を使用して奥二重アイメイクを仕上げるやり方も、魅力的な目元を演出するポイントとなるようです。

奥二重さんが選ぶべきアイシャドウの色は?

奥二重さんが選ぶべきアイシャドウの色は、肌タイプに寄ってもピンク系とネイビー系と分かれてくると言われています。アイメイクのやり方次第で印象が変わる奥二重さんだからこそ、選ぶべきおすすめアイシャドウの色も要チェックです。

肌の色によって選ぶべき色は変わる

多くのブランドから人気アイシャドウが発売されていて、奥二重さんにおすすめのアイシャドウの色も沢山あり、選ぶのに迷ってしまいますよね。奥二重さんが選ぶべきアイシャドウの色は、肌の色で変わってくると言われています。
イエローベースの奥二重さんと、ブルーベースの奥二重さんの肌の色では、選ぶべきアイシャドウの色も変わって来ます。奥二重さんにおすすめのアイシャドウでも、肌の色が逆の人におすすめのアイシャドウだと、せっかく人気でおすすめのアイシャドウでもマッチしない事も多いと言われています。

イエローベースのあなたはピンク系

イエローベースの奥二重さんには、ピンク系のアイシャドウがおすすめされています。イエローベースの肌は、日焼けして小麦色の肌になりやすい人や肌から見える血管が緑系の人が多いようです。一瞬、ピンク系は腫れぼったく見えてしまうのではないかと避けてしまいがちな奥二重さんも少なくありません。
肌の色がイエローベースの奥二重さんなら、ピンク系こそ選ぶべきアイシャドウの色と言われています。ピンク系のアイシャドウでもコーラルやサーモンピンクなどが、イエローベースの肌に特にマッチしやすいそうです。

ブルーベースのあなたはネイビー系

ブルーベースの肌の色をした奥二重さんには、ネイビー系のアイシャドウがおすすめと言われています。ブルーベースの肌は日焼けするとイエローベースと逆で、肌が赤くなりやすい人が多いようです。また、肌に透ける血管は青く見えやすいと言われています。
88 件
着用アイテム