人気美白化粧品13選!シミやくすみが消えるおすすめアイテム【2018】

Description
白くて美しい肌は全ての女性の憧れです。そんな女性の願いを叶えてくれるのが、美白化粧品です。化粧水やクリームなど様々な美白化粧品が売られていますが、どんなアイテムが効果が高くおすすめなのでしょうか。今回は、ドラッグストアで市販されている美白化粧品やプチプラの美白化粧品など、シミやくすみが消えると話題のおすすめ美白化粧品を13選、ランキングでご紹介します。また、併せて美白化粧品の選び方や成分についても詳しく解説します。

シミやくすみにおすすめの人気美白化粧品をご紹介!

透き通るような白い肌は、女性なら誰でも憧れるものです。そんな理想の白い肌に近づけてくれるのが、美白成分を配合した化粧品です。美白化粧品にはどのような種類があって、どのような効果を期待出来るのでしょうか。今回は、美白効果が高いと評判のおすすめ美白化粧品をランキング形式でご紹介します。

美白化粧品とは?

そもそも美白化粧品とはどのような化粧品なのでしょうか。何か基準があるのでしょうか。美白化粧品とは、シミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える効果のある化粧品で、医薬部外品になります。商品パッケージに美白化粧品であることを謳うためには、厚生労働省が認可している美白有効成分を配合している必要があります。つまり、美白化粧品とはその効果を国が認めている化粧品なのです。一部の美白化粧品は、ドラッグストアやバラエティショップなどでも市販されています。

美白化粧品の効果

Bath Balls Mint Woodruff Natural · Free photo on Pixabay (137429)

ドラッグストアや薬局、バラエティショップなどを見ても、数多くの美白化粧品が市販されていますが、美白化粧品には具体的にどのような効果を期待出来るのでしょうか。ここでは、美白化粧品がもたらす具体的な効果についてご紹介します。

メラニンの生成を抑える

美白化粧品の効果として一番多いのが、メラニンの生成を抑えると言うものです。日焼けをして肌が黒くなってしまうのは、メラニンが原因です。また、メラニンはシミの原因となる物質ですので、メラニンの生成を抑えることでシミの抑制にも繋がります。

日焼けによるシミやソバカスを予防

Young Woman Meadow Concerns · Free photo on Pixabay (137454)

美白化粧品の効果には、シミやソバカスを予防すると言うものがあります。先ほどもご説明したように、美白化粧品を使うことで、日中浴びた紫外線によるメラニンの生成を抑えることが出来ます。シミやソバカスは、このメラニンが原因ですので、美白化粧品を使うことがシミやソバカスの予防につながるのです。

くすみの緩和

美白化粧品には、肌のくすみを緩和する効果もあります。肌のくすみも、実は日焼けが原因であることが多いと言われています。これは、肌から分泌された皮脂が紫外線を受け、表皮で酸化して黒ずんでしまうためです。そこで美白化粧品を使うことで過剰な皮脂分泌を抑えるほか、皮脂の酸化を防ぎ、くすみを改善させることが出来ます。

生まれ持った肌色に近づく

美白化粧品を使うことで、生まれ持った本来の肌色に近づくことが出来ます。ここで注意してほしいのは、生まれ持った肌色以上に白くなることは無いと言う点です。つまり、素肌がもともと黒い女性は、美白化粧品を使っても真っ白な肌にはなれないということです。美白化粧品は、白い肌になると言うよりも、シミやくすみのない透明感のある肌になれる化粧品だと考えておいたほうが良いでしょう。

美白化粧品の選び方

Glass Spoon Cosmetics · Free photo on Pixabay (137478)

ドラッグストアやコスメストアを見れば分かる通り、現在美白化粧品と呼ばれるアイテムはとても沢山市販されています。その中から自分に合った美白化粧品は、どのような選び方をすれば良いのでしょうか。ここでは、美白化粧品の選び方として、美白成分で選ぶ選び方とアイテムで選ぶ選び方についてご紹介します。

厚生労働省認可の美白成分で選ぶ①ハイドロキノン

まずは、美白化粧品に含まれる成分で選ぶ方法をご紹介します。美白成分の中で今最も注目されているのが、ハイドロキノンです。ハイドロキノンとはシミなどの色素沈着の治療に用いられている美白成分で、メラニンの生成と色素沈着を抑えることが出来ます。ハイドロキノンは諸外国では美白成分として主流ですが、日本では医療用でしか使用が認められていません。ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれるほど強力な美白作用があるとされていますが、その分刺激が強く、肌の弱い方にはハイドロキノンはおすすめ出来ません。

厚生労働省認可の美白成分で選ぶ②アルブチン

Essential Oils Cosmetology Oil · Free photo on Pixabay (137488)

続いてご紹介するのは、アルブチンです。アルブチンは、ハイドロキノンの成分を使って作られた美白効果のある成分です。ハイドロキノンと同様、メラニンの生成と色素沈着を抑制します。ハイドロキノンと異なる点は、肌への刺激がほとんどないと言う点です。ただし、ハイドロキノンよりも美白効果は劣りますので、アルブチンと一緒に他の美白成分が配合されている化粧品を選ぶと良いでしょう。アルブチン配合の美白化粧品は、やや高価なものが多く、ドラッグストアなどで市販されているものもあります。

厚生労働省認可の美白成分で選ぶ③ビタミンC誘導体

Lemon Lemonade Drink · Free photo on Pixabay (137498)

美白化粧品によく含まれる成分には、ビタミンC誘導体と言う成分があります。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に吸収しやすいように変えたもので、肌に吸収された後にビタミンCに変化して、美白効果を発揮してくれます。更にビタミンC誘導体には、メラニン生成を抑制する効果もあり、シミの予防をしてくれたり、また既存のシミのメラニン色素を分解してくれる効果もあるため、予防と同時に肌を綺麗にしてくれることも期待出来ます。
139 件
着用アイテム