浴衣の帯の結び方のアレンジ集!簡単にお洒落に可愛く自分で出来る!

Description
着物に比べると気軽に着ることができる浴衣ですが、帯結びが難しい!という声をよく耳にします。浴衣の帯も、自分で簡単に結ぶことができたら、もっと浴衣を楽しむことができるはず。今回は、自分で出来る浴衣帯の簡単な結び方や、アレンジ術をご紹介します。古典的な結び方はもちろん、花やリボンの形になる結び方もあります。お祭りや花火大会以外でも、お洒落で可愛い浴衣姿を披露してみませんか。自分で帯を結ぶ場合は、体の前で帯を結び、完成してから後ろに回すという方法がおすすめです。

浴衣の帯の結び方は自分で出来る簡単アレンジがおすすめ

お祭りや花火大会など、夏は浴衣を着る機会が増える季節でもあります。着物に比べると、着付けが簡単な浴衣ですが、帯結びに苦戦する方も多いようです。今回は、自分で簡単に出来る湧井帯の結び方をご紹介していきましょう。お洒落なアレンジや可愛いアレンジなどを、ぜひ参考にしてみてください。

浴衣と着物の違い①浴衣には裏地がない

そもそも、浴衣と着物の違いはどこにあるのでしょう。大きな違いは、浴衣には裏地がついていないということです。もともとは、お風呂上がりのバスローブや眠るときのパジャマのような役割を担っていた浴衣には、通気性や吸汗性が求められていたため、裏地がありません。それに対し、春・秋・冬に着る袷(あわせ)の着物には全部、夏に着る単衣(ひとえ)にも、腰回りに裏地がついています。

浴衣と着物の違い②浴衣は長襦袢を着ない

着物は、下着の上に長襦袢(ながじゅばん)と呼ばれるものを着た上から着付けますが、浴衣は長襦袢を着ません。その分、浴衣は着付けにかかる時間も時短できますし、気楽に着ることができるのです。

浴衣と着物の違い③浴衣の基本素材は木綿

着物はその種類も多いので、素材も多岐にわたります。フォーマルなシーンには絹素材のものが主流ですし、夏は麻素材の着物も人気です。ほかに、木綿やウールの着物もあります。それに対し、浴衣の基本素材は木綿。こうした素材の違いが、手頃な価格で購入することができる理由の1つです。

浴衣と着物の違い④履物

着物を着る場合、履物は草履や下駄を合わせます。草履をはく場合は、足袋(たび)も履きます。それに対し、浴衣には、基本的に素足に履くことが多い下駄を合わせることがほとんどです。

浴衣と着物の違い⑤着るシーン

浴衣と着物の最大の違いは、着ていくことができるシーンではないでしょうか。裏地がなく長襦袢も着ない浴衣は、カジュアルなシーンでの着用が望ましいとされています。それに対し、着物は種類によってカジュアルからフォーマルまで幅広く対応できます。カジュアルだからこそ、浴衣は思い切ったお洒落や可愛い着こなしを試すことができるのです。

浴衣に合わせる帯の種類

浴衣の帯の結び方を見ていく前に、浴衣に合わせたい帯の種類をご紹介していきましょう。着物に比べると、より自由度が高い浴衣には、さまざまな種類の帯を合わせることができます。お洒落なデザインや可愛いデザイン、結びやすい材質のものなどが見つかります。

お洒落なデザインも多い半幅帯

浴衣に合わせる帯の定番は、半幅帯(はんはばおび)です。細帯の一種で、着物に合わせる袋帯や名古屋帯に比べると安価で購入できます。二枚の生地を縫い合わせた小袋帯(こぶくろおび)は、表地と裏地の柄行を変えることができ、どちらも表に使うことができます。裏を見せる結び方アレンジにもおすすめです。それに対し、一枚の生地で仕立てたものは単衣帯(ひとえおび)と呼びます。

軽くてアレンジが簡単にできる兵児帯

浴衣には兵児帯(へこおび)もよく似合います。もともとは子どもや男性用の帯だったそうですが、現代では大人の女性も締めることができます。ファブリック帯とも呼ばれているように、軽くて柔らかな一枚布でできているので、結び方も簡単です。手頃な価格でさまざまなカラーバリエーションがあるので、浴衣に合わせた兵児帯を選ぶ楽しみも味わえるでしょう。

可愛いレースの帯もおすすめ

兵児帯の一種でもあるレース帯は、幅広のレース生地を使った帯です。布の端のスカラップやフリルが、可愛い着こなしを演出してくれます。レース生地だけでなく、コットンやリネンなどのファブリックを使って、ハンドメイドすることもできます。
112 件
着用アイテム