結婚式のお呼ばれコーデは?おしゃれなドレスやセットアップ・小物使いで上級者に!

Description
結婚式に出席する時は、お祝いの気持ちも込めて華やかな衣装で出席したいものです。しかし、結婚式には色々なマナーがある上に、普段着慣れない服ということもあり、コーデがなかなか上手にできず頭を抱えたこともあるでしょう。そこで、おすすめのおしゃれ結婚式コーデを季節ごとに紹介していきます。また結婚式コーデのポイントや、結婚式にぴったりのメイク方法やプチプラメイク道具も併せて見ていくことにしましょう。

結婚式のお呼ばれコーデはマナーに注意

結婚式にお呼ばれする機会があるとどうしても悩んでしまうのが、コーデではないでしょうか。結婚式だとマナーが色々あって難しいものですが、そのマナーを守っていないと「良識に欠ける人」と思われたり、新郎新婦に迷惑が掛かってしまったりする可能性もあります。結婚式に参列する際のマナーはしっかり押さえておきましょう。

おしゃれでも黒で固めたコーデはダメ

黒はコーデする上でとても便利な色味ではありますが、結婚式というおめでたい席の場合は黒で固めてしまったコーデは、不幸を連想させたりもするのでふさわしくはありません。黒をコーデに取り入れる場合は必ず他の色味も入れると良いでしょう。

白いドレスはNG

色に関する規制は他にもあります。黒がダメなら白は良いのでは?と思いがちかもしれませんが、結婚式の主役である花嫁さんは白のドレスを着ます。そのため、結婚式に出席する人は主役が着るドレスの色と被ってはいけないので、白いドレスもNGとなってしまいます。結婚式に参列する人は、あくまで結婚式の主役である新郎新婦を引き立てるような色味やデザインのドレスを着る必要があるのです。

肩や胸元、脚の露出度が高い服装は控えよう

パーティードレスは普段の洋服と比較するとどうしても露出が多めになってしまうものです。だからと言って露出部分が多すぎたりするドレスは、結婚式という厳粛な場所にはふさわしくありません。下品に見えてしまいますし、良識に欠けていると思われるかもしれません。露出させるとしても、ノースリーブなどに留めておくのが良いです。また、胸元も露わにならないように気を付けましょう。

タイプ別結婚式のお呼ばれコーデ

結婚式に着て行くコーデには何パターンかあります。和服にするのか洋服にするのか、そして洋服の場合はどのようなタイプのものを着たいか、そして参列する結婚式の雰囲気とマッチするかどうかなどをまず考えてみましょう。

エレガントなドレスタイプ

まずはエレガントな印象の強いロングドレスです。花嫁もロングドレスなので被っているようにも思われますが、これは問題ありません。タイトなシルエットのロングドレスはとても上品ですから、結婚式のお呼ばれコーデには適しているのです。

こなれ感のあるセットアップ

最近ではセットアップスタイルで結婚式に参列する人も多く見られるようになりました。これまではスカートスタイルが主流でしたが、セットアップパンツスタイルでクールに決めてくる女性もおり、とてもかっこいい印象です。パンツスタイルでありながらもとても上品で、何よりもこなれ感が出ているので、とにかくおしゃれです。セットアップパンツは30代の女性に特におすすめのコーデです。

清楚なワンピース

結婚式のコーデには色々なパターンがありますが、やはり一番の定番コーデはワンピーススタイルでしょう。実際、結婚式に参列している人を見てみても、圧倒的にワンピーススタイルの人が多いです。ワンピースであれば、「結婚式用」として売られているものも多いので、マナーから外れる心配もありません。とにかく上品であり清楚な雰囲気が漂っているので、他の参列者からも好感が持たれます。

季節別おすすめの結婚式コーデ

結婚式に着ていくドレスを選ぶ際、季節を考えて選んだことはあるでしょうか。多くの人はオールシーズン着られるような物を選ぶかと思われますが、折角出席する結婚式ですから、その季節に合ったドレスを着るととてもおしゃれです。そこで、春・夏・秋・冬それぞれの季節におすすめの結婚式コーデを見ていきましょう。

春の結婚式お呼ばれコーデ

3月4月5月の春の結婚式には春らしい色味を取り入れた結婚式コーデがおすすめです。春と言えば桜ですから、画像のようなピンクの色味の洋服は季節感が出ていておしゃれです。春だけれど、ピンクが可愛すぎて着られないという人は、こちらの画像のようなオールインワンであれば、可愛すぎずおしゃれに着られます。
87 件
着用アイテム