黒ワンピースは暑い夏でも大活躍!おしゃれブラックコーデ特集!

Description
黒いワンピースは、夏には似合わないと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。黒はカジュアルやモード、エレガントと幅広いコーデに対応できる万能色です。素材やシルエット、デザインによって夏でも黒ワンピースのおしゃれを楽しむことができます。シンプルで大人っぽいブラックコーデから、カジュアルなアクティブコーデ、モノトーンのモードコーデなどさまざまに黒ワンピースを着こなしてみませんか。

夏の黒ワンピースは着こなしが難しい?

ワンピースは、1枚でコーデが決まる便利なアイテムです。また、黒という色は、モードにもカジュアルにも、ラグジュアリー感のあるエレガントスタイルにも着こなしが可能な万能色でもあります。とはいえ、暑い夏に黒いワンピースは重く感じる!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。着こなしが難しいと敬遠されている方も、素材やデザイン、コーデアイデアによって夏の黒ワンピースの魅力を感じてみませんか。

夏におすすめの黒ワンピースの素材

暑い夏に黒ワンピースを着こなしたい場合、素材選びが重要なポイントになります。肌にさらりとなじむ通気性のいい麻(リネン)や綿(コットン)などがおすすめです。視覚的効果を狙うなら、オーガンジーやチュールなどのシアー素材や、レースがあしらわれたデザインを選んでみてはいかがでしょうか。重くなりすぎず暑苦しくない夏の黒ワンピースコーデが楽しめます。

夏に似合う黒ワンピースのデザイン

黒ワンピースの涼やかな着こなしには、ワンピース自体のデザインも大きく関わってくるでしょう。夏におすすめのワンピースは、半袖やノースリーブデザインです。肩や腕を肌見せすることで、暑苦しさが払しょくされます。スカートの丈がミニ丈やミモレ丈の場合は、脚を見せることで涼し気な雰囲気が出ます。ロングなマキシ丈ワンピースは、スリットが入っているものなどもおすすめです。

黒ワンピースのおしゃれなブラックコーデを紹介

上述のように、ワンピースは1枚でコーデが完成するアイテムですが、ボトムスを組み合わせたり重ね着をすることでおしゃれの幅がより広がっていきます。同じワンピースでも、コーデ術で着回しできるようにしておくと便利です。シンプルな着こなしからおしゃれ度の高い着こなしまで、黒ワンピースを主役にしたブラックコーデをご紹介していきます。

1枚でさらりと着たい夏の黒ワンピース

まずは、1枚で着こなす黒ワンピーススタイルを見ていきましょう。上述のように、一言で「黒ワンピース」といっても、ワンピースの素材やカッティング、シルエットやスカートの丈の長さなどのデザインによって印象が変わります。

ロング丈でもノースリーブで涼やかに

大人っぽい着こなしができる黒ワンピースといえば、ロング丈です。ロング丈の黒ワンピースは、黒の面積が大きくなりますが、ノースリーブデザインなら上半身の肌見せ範囲が広いので、見た目にも涼やかです。「IENA(イエナ)」の「コットンボイル ノースリーブワンピース」は、通気性の良いインド面素材なので、着心地もさらりとしています。

ハイウエストの切り替えでスタイルアップ

半袖の黒ワンピースは、ノースリーブワンピースに比べると肩や腕の肌見せ面積が少なくなりますが、軽やかな素材を選ぶことで重苦しさを回避することができます。「E hyphen world gallery(イーハイフンワールドギャラリー)」の「テレコ切替ワンピース」は、ハイウエストの切り替えデザインがスタイルアップさせる効果があります。素材は、伸縮性があり肌触りの良いテレコです。

ショルダー部分がカットされた大人な表情

肩の部分をカットしてちらりと肌見せするデザインが、シンプルな黒のロングワンピースを大人の表情に演出してくれます。伸縮性のある薄手の生地ですが、透け感はありません。合わせる靴やアクセサリーによって、カジュアルなシーンから少し改まった場所まで、幅広く活用できる黒ワンピースといえるでしょう。

裾がシアーになったロング黒ワンピース

「INGNI(イング)」の「裾シアーマキシワンピース」は、裾の部分にシアーな2本のラインが入ったデザインと、ウエストのブラウジングが特徴的なデザインです。マキシ丈というロングタイプですが、脚をちらりと肌見せすることで重苦しさを感じさせません。リゾートな雰囲気のレディな着こなしを楽しめる黒ワンピースです。

黒シャツワンピースでシンプルな着こなしを

シンプルな大人の夏ワンピースとして、シャツワンピースも人気があります。襟のデザインや素材感によって、カジュアルにもシックにも、モードにも着こなせるシャツワンピースは、前を全開にして羽織アイテムとしても活用可能です。
99 件
着用アイテム