気温17度の服装25選!天気別レディースコーデやアウターの選び方は?

Description
春や秋など季節の変わり目に天気予報を見て、気温17度と言われたらどんな服装がちょうど良いのかと悩むことはありませんか?気温17度といっても晴れの日や雨の日、朝や夜では体感温度も異なるため、なかなかどれくらいの寒さ、温かさなのか分かりづらく、どんな服装をしてよいのか困ってしまいます。そこで今回は気温17度の時におすすめの服装を天気別に分け、具体的なレディースコーデ例を挙げてご紹介します。

気温17度の日のおすすめの服装は?

Road Forest Season · Free photo on Pixabay (101607)

春や秋など季節の変わり目は急に朝や夜に冷え込んだり、急に暑くなったりとどんな服装をしてよいのか悩むことも多いことと思います。そんな時に参考にするのが天気予報の予想気温ですが、例えば気温17度と言われたらどれくらいの服装をすればよいのでしょうか。今回は気温17度にふさわしい服装やレディースコーデをご紹介します。

気温17度とはどんな気候?

まず気温17度がどれくらいの気候なのかについて調べてみたいと思います。気温17度というと天気や風の強さでも異なりますが、概ね東京の春なら3月から4月の気候、秋なら10月から11月にかけての気候です。厚手のコートまでは要らないけれど、薄手の長袖一枚では少し肌寒く感じるくらいの気候です。

最高気温17度と最低気温17度の違い

Celsius Centigrade Gauge · Free photo on Pixabay (101616)

気温17度と言っても、最高気温が17度なのか最低気温が17度なのかによっても大きな差があります。東京で最高気温が17度というと11月頃の秋の気候で、最低気温が17度というと春も終わりの6月頃の気候になります。最高気温が17度であれば朝晩はもっと冷え込みますし、最低気温17度であれば日中は半袖でいいほど暑くなるかもしれません。どちらにしても気温の変化によって調整が出来るよう、羽織のアイテムをレディースコーディネートに取り入れると良いでしょう。

服装指数も参考にしよう!

最近は天気予報で気温とともに服装指数というものを発表していることがありますが、この服装指数とはどのようなものかご存知ですか?服装指数とは予想気温からその日にどんな服装が適しているかを数字で示したものです。0から100の数字で示されて、100に近づくほど薄着で問題ないということになります。具体的には服装指数80以上で半袖で十分、服装指数が30になると厚手の冬物が必要ということになります。服装指数も参考にしながらその日の服装を選びましょう。

気温17度のレディース服の注意点

Clothing Vintage Clothes · Free photo on Pixabay (101638)

春や秋の気温17度の気候は、天気によって体感温度も変わりやすい気温です。一日の寒暖の差も激しく体調も崩しやすい時期ですので、暑かったり寒かったりしても簡単に調節が効くレディースアイテムをコーディネートに取り入れるようにしましょう。女性は特に冷え性の方も多いので、あまり薄着になって体を冷やさないように気を付けてください。また天気によっても体感温度は変わりますので、天気予報にも注意を払いましょう。

天気別!気温17度の晴れ日のコーデとアウター

Hayden Valley Yellowstone · Free photo on Pixabay (101641)

それでは早速、気温17度の時にどんなコーディネートがおすすめなのか具体的にご紹介したいと思います。気温17度と言っても天気によって体感温度は変わりますので、ここでは天気別にレディースコーディネートの例をご紹介します。まずは気温17度の天気が晴れの日のレディースコーディネートをご紹介します。晴れの日は春でも秋でも気温の変化が激しいので、脱いだり着たりしやすいアイテムを選ぶと良いでしょう。

黒ブルゾン×白シャツ×ベージュレーススカート

まずおすすめしたい気温17度の時の晴れの日のレディースコーデは、黒のブルゾンに白シャツ、そしてベージュのレーススカートというコーディネートです。画像は白シャツではなく白のTシャツを合わせていますが、インナーのアレンジで色々なイメージで着こなせるスタイルです。レースのスカートがとても女性らしく上品に見えます。特にこれから暖かくなる春のシーズンにおすすめのレディースコーディネートです。

黒レザージャケット×白シャツ×黒デニム

次にご紹介するのは、クールな印象の黒のレザージャケットに細身の黒デニムを合わせたコーディネートです。こちらも寒いときはジャケットを羽織って、暑くなったら脱いでと気温によって調節が出来るスタイルになっています。さらに寒くなってきたら首元に厚手のストールをプラスしたり、画像のようにシャツの上にニットを重ね着してもおしゃれで、春でも秋でも似合うスタイルです。

ベージュニット×ブラウンプリーツスカート

秋晴れの日の気温17度の気候にぴったりのコーディネートが、こちらのベージュニットとブラウンのプリーツスカートの組み合わせです。ベージュやブラウンは、コーディネートに一枚取り入れるだけで秋らしさを感じさせるカラーです。秋の気温17度くらいなら、やや厚手のニットを1枚でちょうと良く感じられるでしょう。秋らしさはブーツやファーのバッグでも表現しています。

グリーンのトップス×黒デニムパンツ

こちらのコーデは、深い綺麗なグリーンのニットと黒のデニムパンツを合わせたレディースコーディネートです。気温17度の晴れた日なら、薄手のトップス2枚を重ね着するか、こちらの服装のような厚めのニットを1枚でちょうど良いくらいだと思います。ゆったり目のニットに細身のパンツを合わせることでスタイルアップ効果もあります。足元にブーツを合わせてカジュアルすぎないコーディネートになっています。春、もう少し暖かくなったらサンダルにしても軽やかです。

天気別!気温17度のくもりの日のコーデとアウター

Air Atmosphere Cloudiness · Free photo on Pixabay (101675)

140 件
着用アイテム