80年代ファッションがリバイバル!特徴や今風おすすめ流行コーデ【レディース】

Description
今レディースファッション界で注目されているのが80年代風ファッションです。おしゃれな女性の間では、ボディコンスタイルや海外ブランドファッションなどを始めとする、個性的な80年代風ファッションを今風にコーデに取り入れるのがトレンドなのだそうです。そこで今回は、リバイバル中の80年代ファッションについて、80年代ファッションの特徴や流行したコーデやブランド、そして80年代風ファッションアイテムの取り入れ方をご紹介します。

80年代ファッションがリバイバルの兆し

Flower Child Hippie People · Free photo on Pixabay (118194)

今、レディースファッションの世界では、1980年代風の着こなしを真似たスタイルに注目が集まっています。その証拠に、1980年代に流行したファッションアイテムを、現代風におしゃれにアレンジしたアイテムが数多くのアパレルメーカーから発売されています。これは、ここ数年80年代風ファッションがリバイバルされているのが理由だと考えられます。

80年代ファッションが今なぜ注目される?

ボディコンやカラス族、竹の子族、ストリートファッションコーデなど特徴的なスタイルが流行していた80年代ですが、そもそも今なぜその80年代ファッションが今注目されているのでしょうか。80年代風ファッションが今人気となっている理由の一つには、メディアの影響があります。例えば、バブル時代を彷彿とさせるネタでブレイクした平野ノラさんや、バブリーダンスで知られる登美ヶ丘高校のダンス部が、80年代風の衣装やメイクに身を包んでいたことで、80年代のファッションがリバイバルされることとなりました。

80年代ファッションが今新しい!

80年代は好景気だった影響もあり、日本全体がとても上向きだった明るい時代です。そんな時代に生まれたファッションや文化が今、一周周って新しいものとして若者の間で受け入れられてきています。最近のファッションアイテムには見られない、独特の特徴を持った80年代ファッションは、バブルを知らない若い世代にとっては、とても新しいジャンルのおしゃれとして受け入れられ、更に進化を見せています。

80年代ファッションの特徴

Barbie Doll Posing City · Free photo on Pixabay (118200)

2017年ごろからリバイバルされつつある80年代ファッションですが、80年代のファッションにはどんな特徴があるのでしょうか。ここでは80年代ファッションについて、具体的にどのようなファッションやスタイルであるのかをご紹介したいと思います。

女性はミニスカで美脚を強調

レディースファッションの世界でここ数年流行しているのは、レングス長めのスカートですが、80年代のレディースファッション界で流行していたのは、ミニスカートです。それも、膝上20cm程の超ミニスカートと言える長さのスカートです。ミニスカートは女性の脚を綺麗に見せてくれ、どんなトップスとも相性が良いボトムスです。80年代ファッションを真似るなら、まずはミニスカートにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

トップスを選ばないワイドパンツスタイル

Jeans Pants Clothing · Free photo on Pixabay (118203)

80年代ファッションでは、ボトムスにワイドパンツを穿いているコーディネートもよく見られます。ワイドパンツは、それだけでレトロな雰囲気を出せるアイテムですので、80年代ファッション初心者さんでも簡単にそれらしく見せることの出来るパンツです。そして今、そのワイドパンツはとても流行しています。特におすすめしたいのは、スタイルよく見せてくれるハイウエストタイプのワイドパンツです。トップスもあまり選ばないので、着まわし力が高いアイテムでもあります。

ビックシルエットやボディコンスーツスタイル

80年代ファッションと言えば、メディアの影響もあって、いわゆるバブリーファッションを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。体のラインがぴったりと出るボディコンスーツスタイルは、まさにバブル期の象徴ともいえるファッションです。また、わざとサイズが大きめの服を着て肩落ちさせる、ビッグシルエットの服もリバイバルして来ています。

大きめアクセで華やかに

Garnet Quartz Necklace · Free photo on Pixabay (118208)

80年代ファッションは、パッと目を惹く大ぶりのアクセサリーも特徴的です。例えば、ゴールドの太目のチェーンネックレスや大きなモチーフが付いたイヤリングなど、まるで海外セレブがパーティに付けていくようなインパクトの大きなアクセサリーが、特に女性に人気がありました。このようなアクセサリーを重ね付けして、バブル感を醸し出している女性も沢山いたようです。

80年代に流行したファッションブランドは?

Home Clothes Wall · Free photo on Pixabay (118221)

80年代は、DCブランドと呼ばれるファッションブランドがとても流行した時代でもありました。DCブランドと言うのは、Designer Character Brandの略で、デザイナーが一貫してファッションアイテム作りに携わっているファッションブランドのことを指しています。80年代に流行したDCブランドの中には、30年以上経った現在でも人気があるブランドもあります。80年代に流行したブランドには、どのようなブランドがあったのでしょうか。特に人気が高かった、有名なブランドをご紹介します。

JUNKO KOSHINO

JUNKO KOSHINOは、史上最年少の19歳で装苑賞を受賞した先進気鋭のデザイナー、コシノジュンコが立ち上げたブランドです。その歴史は古く、80年代以前からパリコレにも参加しています。JUNKO KOSHINOは、日本の伝統と西洋のファッションをミックスした独特のデザインが特徴的なブランドで、鮮やかな色使いも80年代ファッションによく似合うブランドとして知られています。

KENZO

KENZOは、1970年に高田賢三が立ち上げたファッションブランドです。KENZOのアイテムは、鮮やかな色遣いとカジュアルでモードなデザインが特徴で、80年代になって爆発的な人気となりました。創業者の高田賢三は、1999年に引退しており、現在は別のデザイナーがクリエイティブ・ディレクターに就任しています。ちなみに、先ほどご紹介したコシノジュンコや、後でご紹介するピンクハウスの創業者、金子功などと文化服装学院の同期だったそうです。

コム・デ・ギャルソン

131 件
着用アイテム