ベージュリップでおすすめのプチプラ商品は?魅力的に魅せる選び方や使い方

Description
ベージュリップのおすすめ人気プチプラブランドや魅力的に見せるための選び方&使い方をまとめました。プチプラでも自分に似合うベージュリップの選び方や使い方を知っていれば、魅力的に見せることができます。人気のプチプラブランドの中からおすすめのベージュリップを取り入れて、魅力的なメイクに仕上げてみませんか?自分に似合うベージュリップの使い方を学び、おすすめプチプラブランドの中から魅力的なベージュリップを選んでいきましょう。

今大人気のベージュリップ♡

さまざまなリップカラーがある中でトレンドとなっているのがベージュリップ。ピンクやレッドとは違うベージュならではのリップのニュアンスがプラスされ、魅力的に見せられると人気を集めています。そんなベージュリップは選び方や使い方がとても大切。ベージュリップは「思っていたのと違う?」ということになってしまう場合もあるので、ベージュリップで魅力的になりたい場合はおすすめの使い方や選び方を取り入れましょう。今回は人気のプチプラベージュリップもご紹介。ベージュリップで魅力的になりましょう。

ヌーディーで大人っぽい印象になれる!

ベージュリップの最大の魅力として挙げられるのが、大人っぽい印象を与えられるということ。ピンクは可愛い系、レッドはモード系といったようにリップの色によって顔の印象が変わりますが、ベージュリップの場合はヌーディーな仕上がりなので全体的に大人っぽい雰囲気になれます。
普段より大人の女性に見られたい時やナチュラル感を出したい時などにベージュリップがおすすめ。ベージュリップを使うことで抜け感も出て大人の余裕を感じられるメイクに仕上がります。いつもと違う大人っぽさをアピールしたい時にベージュリップはいかがですか。

顔色に合わないと感じる人も…

普段より大人っぽく魅力的に見せることができるベージュリップですが、ベージュリップの色の選び方や使い方によっては顔色が悪く見えてしまう場合があります。ヌーディーなベージュリップだからこそ、肌の色と合わない選び方をすると全体的に血色感がなく、貧相な印象になる可能性もあるため気をつけましょう。ベージュリップを使って「思っていた感じと違う」となったら、ベージュリップの選び方や使い方が間違っているのかもしれません。ベージュリップを活用する時は他のメイクとのバランスや色の選び方が重要です。

選び方と使い方でベージュリップで魅力的に♡

「ベージュリップは似合わないからやめておく」と思っている方も、ベージュリップの選び方や使い方を見直してみると意外とベージュリップが似合うようになるかもしれません。ベージュリップは使い方一つで全く印象を変えることができるので、諦めずにベージュリップを活用してみてはいかがですか。ベージュリップを使いこなすことができれば魅力的な大人っぽさを演出することができます。プチプラブランドのベージュリップでも上品な雰囲気が出せるので、ぜひベージュリップで大人の女性らしいメイクに仕上げていきましょう。

ベージュリップのおすすめの選び方

Mouths Lips People · Free photo on Pixabay (94781)

まずは、ベージュリップの選び方についてチェックしていきましょう。ベージュリップと一口に言っても、ピンクベージュやオレンジベージュ、ブラウンベージュといったようにさまざまなベージュリップの種類があるのでどういった色味が自分に合っているのか把握することが大切なポイント。合わないベージュリップを選ぶことによってベージュリップが似合わないという印象を持ってしまうかもしれません。さまざまなニュアンスのベージュリップの中から最適な選び方を取り入れていきましょう。

自分の唇の色に合わせて「赤み」を選ぶ

唇の色に合わせたベージュリップの選び方がおすすめです。唇の色に合ったベージュリップの選び方であれば、綺麗な発色に仕上げることができるのではないでしょうか。唇の色がくすんでいると感じている場合はピンクベージュやオレンジベージュといった赤みのあるベージュリップで明るさをアップしてみてはいかがですか。唇の赤みが強いと感じている場合は、ブラウン系のベージュリップなど落ち着いた風合いのベージュリップで赤みを消すのも1つの方法です。
唇の色の他には、肌の色にも合わせてベージュリップを選んでいく方法がおすすめ。肌の色によって似合うベージュリップが変わってくるので、選び方を工夫してみましょう。黄色味が強いイエローベースの肌の場合は、オレンジ系やブラウン系のベージュリップがぴったりです。温かみのあるオレンジベージュリップやブラウンベージュリップはイエローベースの肌と相性が良く、肌も綺麗に見せやすくなります。青みの強いブルーベースの場合は、紫やピンク寄りのベージュリップがおすすめ。

艶っぽいテクスチャを選ぶ

ベージュリップが似合わないと感じている場合、マット系のベージュリップを使っていませんか?マット系のベージュリップはモード感が出ますが、一方で老けた印象になってしまうことがあります。ベージュリップで老け顔にならないためにはツヤ感のあるベージュリップを取り入れる選び方がおすすめ。フレッシュで若々しい雰囲気を感じられるツヤ感をベージュリップにプラスすれば、老け顔にならず魅力的に見せることができます。
もし、マット系のベージュリップにチャレンジしたいのであればブラウン系のベージュリップがおすすめ。濃いめのベージュリップであればマット系を選ぶことでこなれ感が出るので、おしゃれな雰囲気に仕上がります。大人の余裕を感じさせたい場合や、クールに決めたい時などはブラウン系ベージュのマットリップでこなれ感を演出してみてはいかがですか。

ベージュリップの使い方

Lipstick Make Up · Free photo on Pixabay (94783)

自分に似合うベージュリップを選ぶことができたら、ベージュリップの使い方についてもチェックしていきましょう。ベージュリップを魅力的に見せるためには、使い方も重要なポイントになります。ベージュリップが似合う女性はメイクのバランスが取れていることがほとんど。ベージュリップに見合ったメイクを取り入れいくことで、より魅力的な雰囲気を身につけることができます。おすすめの使い方でベージュリップを活用していきましょう。

ベースメイクはしっかりめに行う

Cosmetics Make Up Makeup · Free photo on Pixabay (94784)

ベージュリップを使う時はベースメイクはしっかりめに行うようにしましょう。ピンクやレッドなど血色感のあるリップは肌のくすみをカバーすることができますが、ヌーディーなベージュリップの場合はそういった効果が薄れてしまいます。そのため、ベージュリップを使う時にベースメイクの気を抜くと全体的にくすんだ印象になるかもしれません。ベージュリップを活用したい場合は、普段よりもしっかりベースメイクをしてくすみを消すようにしましょう。ベースメイクで透明感を作ると魅力的に見せることができます。

チークの色はベージュリップの赤みに合わせる

チークの色はベージュリップに似合う色を選んでいきましょう。基本的にはチークはベージュリップの赤みに合わせ使い方がおすすめです。ピンク系やオレンジ系、ブラウン系などベージュリップの系統に合ったチークを使うことによって統一感のあるメイクに仕上げるのがポイント。逆にチークとベージュリップの色味が合っていない使い方だとチグハグな印象になってしまうので気をつけてください。チーク選び1つでベージュリップの雰囲気も変わってくるので、使い方に注意しましょう。

ベージュリップはオーバーめに塗る

57 件
着用アイテム