【コントロールカラー】パープルで透明肌に!おすすめのアイテムと塗り方を紹介

Description
パープルのコントロールカラーのおすすめアイテムや塗り方・使い方についてまとめました。透明肌になりたい時はパープルのコントロールカラー下地がおすすめ。正しい塗り方・使い方をして下地として活用すれば、パープルのコントロールカラーで透明肌に近づく事が出来ます。パープルのコントロールカラーのおすすめアイテムはプチプラからデパコスまでバリエーション豊か。正しい塗り方でパープルのコントロールカラーを活用していきましょう。

透明肌アイテム!コントロールカラーのパープルを紹介

「魅力的な透明肌になりたい!」という場合におすすめなのがパープルのコントロールカラー。簡単な使い方でくすみのない透明肌になれると評判のアイテムです。パープルのコントロールカラーを下地に使うだけで理想の肌へ近づけるのではないでしょうか。
今回は、そんなパープルのコントロールカラーのおすすめアイテムについてまとめました。デパコスからプチプラまで、パープルのコントロールカラーには様々な種類があるので、自分にぴったりなアイテムを見つけませんか?また、パープルのコントロールの簡単な塗り方・使い方についてもご紹介します。パープルのコントロールカラーを活用して、透明肌になりましょう。

コントロールカラーとは?

そもそも、コントロールカラーとはどういったものなのでしょうか。コントロールカラーとは、ベースメイクに使用するコスメです。ブルーやピンク、グリーン、オレンジなどの色があり、肌の悩みに合わせたコントロールカラーを使う事で理想の肌に仕上げられる便利なアイテムとして知られています。人の肌には色ムラやくすみなどが現れやすいため、コントロールカラーを使って色調を整えるのが基本的な使い方。効果的な使い方をすれば、理想的な肌の状態へと導いてくれます。

コントロールカラーの魅力

コントロールカラーの魅力は肌の色を補正する所にあります。「肌が青白くて不健康そうに見える」という場合は、ピンクのコントロールカラーで血色感をプラス。「肌の赤みが気になる」といった場合には、グリーンのコントロールカラーを使うとカバーする事が出来ます。このように、肌の色ムラを簡単に整えられるのがコントロールカラーの大きな特徴。全体の色調が整う事によって均整のとれた綺麗な肌に仕上げる事が出来ます。それぞれの肌の悩みに合わせて、ぴったりなコントロールカラーを使ってみましょう。

コントロールカラーの種類・特徴

Cosmetics Brush Compact · Free photo on Pixabay (118656)

コントロールカラーには、下地機能が付いた物と付いていない物の二種類があります。下地機能が付いていないコントロールカラーの場合は、下地を塗って肌を滑らかな状態にしてからコントロールカラーを使うのが一般的。下地機能が付いたコントロールカラーは、下地を使わなくてもOKなので時短メイクになります。
また、色によっても効果が異なるのがポイント。ピンクは血色感を出したい時、グリーンは赤みを消したい時、ブルーは透明感を出したい場合、イエローは肌のくすみをカバーしたい場合、といったようにカラーによって効果が異なるので、自分の肌にふさわしいコントロールカラーを使ってください。

パープルのコントロールカラーがおすすめの人

パープルのコントロールカラーは、色白でくすみが気になる方におすすめ。透明肌を作るのにブルーのコントロールカラーを使う場合もありますが、色白さんの場合はブルーを使う事で青白く不健康そうに見えてしまう場合があります。パープルならくすみを抑え、血色感も出せるので色白さんにぴったり。
もちろん、色白さん以外でも「透明肌になりたい!」という方全般にパープルのコントロールカラーがおすすめです。パープルのコントロールカラーはピンクとブルーの良い所どりが出来るので、血色感と透明感の両方を咥えられるのが嬉しいポイント。

パープルのコントロールカラーの塗り方・使い方

コントロールカラーの効果について把握出来たら、具体的な塗り方・使い方についてチェックしていきましょう。パープルのコントロールカラーは簡単な塗り方・使い方で取り入れる事が出来るのでメイク初心者の方におすすめです。透明肌を目指してパープルのコントロールカラーを活用してみましょう。

下地の後に塗る

パープルのコントロールカラーは、下地の後に取り入れる塗り方が基本。下地には肌のデコボコを滑らかにしてファンデーションがのりやすい肌の状態を作る機能があるため、最初に塗っておくとコントロールカラーも馴染みやすくなります。下地機能が付いたパープルのコントロールカラーなら、下地を塗らなくてもOK。

パール粒の半分程度を手に出す

Shell The Beach Pearl · Free photo on Pixabay (118661)

パープルのコントロールカラーは、パールの粒半分くらいを手の甲に取りましょう。パープルに限らず、コントロールカラーは沢山の分量を塗る使い方はしません。塗り過ぎると白浮きしてしまう可能性があります。薄く塗り広げるような気持ちでパープルのコントロールカラーを使ってみてください。

くすみがある部分に少しづつのせる

パープルのコントロールカラーは、くすみが気になる箇所にのせて少しずつ塗り広げる使い方をします。顔全体に塗るのではなく、くすみをカバーしたい部分にのせるのが塗り方のポイント。この塗り方にする事で白浮きする事なくナチュラルに肌の色を整えられます。

スポンジでなじませる

Sponge Down Cosmetics Accessories · Free photo on Pixabay (118663)

指を使ってパープルのコントロールカラーを広げたら、スポンジで馴染ませて仕上げます。スポンジを使う事で肌に馴染みやすくなり、余計なコントロールカラーを取るのが塗り方のコツ。スポンジで馴染ませ、くすみをカバーする事が出来たら完了です。

化粧下地兼用タイプは全体に薄く延ばす

パープルのコントロールカラーは下地機能が付いたアイテムも沢山あります。そういった場合は、肌全体に塗り広げる使い方をしましょう。肌の内側から外側に向かって塗り広げ、スポンジで全体に馴染ませる塗り方だとナチュラルに仕上がります。
57 件
着用アイテム