ヘアオイルのオーガニック系でおすすめ11選!人気の香りや無添加商品まで

Description
ここ最近オーガニックのヘアオイルが流行っていますが、そもそもオーガニックの定義など知らない方も多いでしょう。そしてヘアオイルを使うと髪の毛に良いのはわかっていても、どんなヘアオイルを使うと良いのかわからない方も多いでしょう。ヘアオイルを使ってヘアマッサージをすると癒やし効果もあります。今回は「ヘアオイルのオーガニック系でおすすめ11選!人気の香りや無添加商品まで」をご紹介します。

オーガニックのヘアオイルを使おう♡

オーガニックという言葉をよく聞きますが、そもそもオーガニックとは何なのでしょうか?オーガニックの定義は、化学肥料や農薬を使わずに作られた作物やその加工品に使う言葉です。それだけではなく、そこの土は2~3年化学肥料を使っていない事や、遺伝子組み換えなども行っていないなど厳しい基準があります。やはりオーガニックで作られた特に美容用品は惹かれます。オーガニックのヘアオイルなら髪の毛に安心して使えそうです。どんなメリットが有るのでしょう。

そもそもヘアオイルの効果って?

ヘアオイルの効果とは髪に潤いやツヤを与えて、保湿する効果があります。髪がまとまりが出てきれいに見えますし、髪の毛に潤いを与えるトリートメントの栄養を閉じ込めてくれる効果があります。スキンケアででの乳液の働きです。ヘアオイルは更にドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれる効果も期待できます。

オーガニックと無添加の違いって?

オーガニックと無添加の違いはどんな所にあるのでしょうか?無添加とは香料・着色料・防腐剤・石油由来等の合成界面活性剤を不使用としているものが多いようです。できれば使用したくない物を成分として含んでいないものです。オーガニックのように化学肥料や農薬を使っていない物とは違いがあるようです。

オーガニックヘアオイルが人気な理由

オーガニックヘアオイルが人気の理由は、日本は昔からヘアオイルに椿油やあんず油などが使われてきました。更ここ数年のノンシリコンのシャンプー等が人気がある為、オーガニックのヘアオイルも人気が出てきたのでしょう。

オーガニックヘアオイルの有効成分を紹介!

オーガニックヘアオイルの有効成分にはどんなものがあり、その効果や効能があるのでしょう。代表的なオーガニックオイルはアルガンオイル、ココナッツオイル、ひまわりオイル、椿オイル、スクワランオイル、アボカドオイル等がありますが、有効成分はどんな成分なのでしょう。

アルガンオイル

アルガンオイルはアルガンツリーの実をオイルにしたものです。アルガンツリーはモロッコに自生して、一番の特徴はビタミンEが豊富に含くんでいる事です。ビタミンEはアンチエイジング効果があり活性酸素を除去してくれます。他にも保湿作用で水分と油分のバランスを取ります。頭皮マッサージにアルガンオイルを使うと毛穴がキレイにななります。タオルドライの後に使うとハリ・コシ・潤いを与えてくれるのでおすすめです。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは数年前からブームになっていますが、その効果は髪のダメージによく効くと言われています。ココナッツオイルをシャンプー前後につけることで、髪の毛のタンパク質が失われることを防ぎます。紫外線を防ぐ効果もあると報告されているので、髪の毛のダメージを防ぐにはおすすめです。

ひまわりオイル

ひまわりオイルは「サンフラワーオイル」とも呼ばれ、ひまわりの種から抽出した天然オイルです。ひまわりオイルは必須脂肪酸やビタミンEが豊富に含まれています。その為頭皮につけると、毛穴詰まりをなくしてくれるので抜け毛等の予防にもなります。また保湿力も高く髪の毛の水分を逃さない効果もありますので、髪の毛のパサつきが気になる方にはおすすめです。

椿オイル

椿オイルは椿の種子から採った植物性のオイルです。椿オイルの効果は頭皮につけるとシャンプーだけで取れない毛穴の汚れを浮き上がらせてくれる効果があります。髪の毛には潤いとツヤを与えてくれ、ハリとコシに効果があるのでスタイリングしやすい髪の毛になります。更にダメージを防いで切れるのでおすすめです。香りもほんのり椿の香りがします。

スクワランオイル

スクワランオイルはオリーブや大豆から抽出される植物由来のオイルです。低刺激で肌に優しくスキンケアに使っている方も多いでしょう。スクワランオイルはヘアケアにも優秀な働きをしてくれます。頭皮には頭皮を保湿する効果もあります。更に殺菌効果もあるので、汗をかく夏場にも頭皮のトラブルを抑えます。髪の毛にはダメージでパサついた髪の毛に栄養を与えてくれます。パーマやヘアカラーで傷んでいる方にはおすすめです。

アボカドオイル

105 件
着用アイテム