セルフジェルネイルの初心者でも出来る簡単なやり方は?始める前の下準備は?

Description
ジェルネイルはそのつややかな美しさとぷっくりした可愛らしさが人気です。また1度塗ってしまえば美しいネイルを数週間楽しめるのも魅了です。お仕事や家事・育児が忙しくてネイルサロンに行けない方も多いことでしょう。忙しい方ほど、ジェルネイルがおすすめなのですが。それなら、セルフジェルネイルを始めてみてはいかがでしょうか?ジェルネイルは難しそうに見えますが、マニキュアよりも簡単で時間もかかりません。今回は初心者でもできるセルフジェルネイルの簡単なやり方と下準備のやり方を紹介していきます。

初心者でも簡単!セルフジェルネイルやり方をご紹介

ジェルネイルは、つやつやしていて綺麗ですよね。指先が綺麗だと気分も明るくなります。ネイルサロンでしてもらえるのが一番良いけれど、お金も掛かるし時間もないし。でしたらセルフジェルネイルを始めてみませんか?それ程ハードルは高くありませんよ。マニキュアよりも簡単です。今回は初心者でも簡単にできるセルフジェルネイルのやり方をご紹介します。

ジェルネイルって何?

ジェルネイルとはジェル状の合成樹脂を爪に塗り、専用のUVライトまたはLEDライトを当てることでジェルを硬化させてつくるネイルのことです。つややかでぷっくりしたが仕上がりが特徴です。ジェルネイルはマニキュアとは比べ物にならないほど持ちがよく、美しい状態が2~4週間持続します。またジェルを重ねて塗ることで爪が厚くなるので自爪が薄い方でも爪を長く伸ばすことが出来ます。ジェルネイルはマニキュアのように乾くのを待つ必要がありませんので、硬化したらすぐに家事や入浴をしても大丈夫です。
発色が良く、色ムラが出にくいのもジェルネイルの特徴です。またカラージェルを2~数色を混ぜてオリジナルカラーを作ることも出来ます。シールやパーツもジェルを硬化させて固定するので、剥がれてしまうこともありません。但し、ジェルネイルにはOFF(ジェルを落とす)が面倒というデメリットもあります。また常にジェルネイルをしていると爪が不健康になる心配もあります。ジェルネイルにはハードジェルとソフトジェルがありますが、初心者にはソフトジェルがおすすめです。

セルフジェルネイルの魅力は?

セルフジェルネイルの魅力は何といってもネイルサロンに比べてコストが掛からないことです。ネイルサロンだとデザインにもよりますが、1回1~2万円掛かってしまいます。一方、セルフなら最初に道具を揃えてしまえば、1回の費用はは300円から500円でおさまります。最近ではお手頃価格のジェルネイルキットが出回っていますので、初心者でも簡単にセルフジェルネイルが始められます。
ネイルサロンだと営業時間内に予約を入れないと出来ませんが、セルフなら自分の都合の良い時間にできます。またネイルサロンで綺麗にネイルを作ってもらっても、欠けてしまったら次の予約までそのままの状態で我慢しなければなりません。その点セルフなら自分ですぐにリペア出来ます。お仕事や育児で忙しい方でもセルフジェルネイルならお好きな時間にお金をかけずに出来ますよ。

セルフジェルネイルって難しい?

セルフジェルネイルは難しそうに思われがちですが、実は塗るのはマニキュアより簡単なのです。ジェルネイルにはセルフレベリングといって塗ってから暫くおくと凹凸が無くなり滑らかになる性質があります。またライトに当てない限り固まりませんので初心者にも扱いやすいです。基本のやり方をマスターすれば初心者にも簡単にできる可愛いデザインもたくさんあります。但し、始める前の下準備は大切です。

セルフジェルネイルに必要な物

セルフジェルネイルを始めるには一通りの道具を揃えなければなりません。でも初心者は何から揃えればよいのか分かりませんよね。ここでは最低限持っていなければならないセルフジェルネイルを塗るときに必要な物とセルフジェルネイルをOFFするときに必要なものをご紹介します。

セルフジェルネイルを塗るときに必要な物

セルフジェルネイルを塗る時に最低限必要なものは、LED/UVライト、ブラシ、ベースジェル、カラージェル、トップジェル、クレンザー、ワイプです。ベースジェルとトップジェルはクリアジェルでも代用出来ます。ライトにはLEDとUVの2種類がありますが、今から購入するならジェルの硬化が早いLEDライトがおすすめです。その他、ウッドスティックやパレットなどもあると便利です。

セルフジェルネイルをOFFするときに必要な物

セルフジェルネイルをオフする時に必要なものはファイル(80-100G)、リムーバー(アセトン)、コットン、アルミホイル、キューティクルオイル、プッシャーです。その他、ダストブラシがあると便利です。セルフジェルネイルの下準備に必要なもの、ジェルを塗るときに必要なもの、オフに必要なものがセットになったジェルネイルキットもありますので、ご自分のニーズに合ったものを探してみるのもよいでしょう

基本のセルフジェルネイルのやり方

セルフジェルネイルに必要なものが用意出来たら、基本のやり方をマスターしましょう。セルフジェルネイルを綺麗に仕上げたり、持ちを良くさせるためにも基本を覚えることは大切です。また間違ったやり方で爪を痛めてしまわないよう、正しいやり方を理解しましょう。またジェルネイルをする前には下準備が必要です。まずは下準備のやり方からご紹介します。

セルフジェルネイルをする前の下準備

下準備(プレパレーション)がセルフジェルネイルの持ちを左右する鍵と言われています。下準備と聞くと甘皮の処理が思い浮かびますが、ジェルネイルの下準備はそれだけでは不十分です。爪の形を整え甘皮の処理が済んだら、ファイルで爪の表面を削ります(サンディング)。サンディングすることであえて爪の表面に傷をつけ、ジェルが密着しやすくします。ジェルの浮きを防ぎ、ジェルネイルの持ちが格段に良くなります。
あまり強くサンディングすると爪自体にダメージを与えてしまいます。力を入れすぎず軽く行いましょう。爪の根元やサイドも忘れずにサンディングしてください。続いての下準備の手順は爪に残ったダストをダストブラシで払います。ダストが残っているとリフト(浮き)の原因となりますのでしっかり払いましょう。水分や油分もリフトの原因となることがあります。ネイルクレンザーかエタノールで除去したら下準備の完了です。
104 件
着用アイテム