50年代ファッションの特徴は?この冬注目のコーデ&着こなし術!【2019】

Description
レトロで可愛い50年代ファッションが注目を集めています。1950年代と言えば、映画界がこぞってスターを輩出した時期でもあります。オードリー・ヘップバーンやマリリン・モンロー、ジャンヌ・モローにブリジット・バルドーといった錚々たる女優たちがファッションアイコンにもなりました。今回は、そんな50年代ファッションの特徴やワンピース等レディースライクな冬コーデの着こなし術、50年代ファッションにふさわしい髪型等をご紹介していきます。ファッショニスタも憧れる50年代ファッションを楽しんでみませんか。

50年代ファッションのおしゃれな着こなし術!

1950年代、世界は冷戦時代でした。その反面、経済は上向きを示し、人々はファッションにも興味関心を取り戻した時代とされています。中でも有名なのが1947年に「ディオール」が発表した「ニュールック」です。肩や胸は丸みを帯びたラインを持ち、ウエストは8の字型にウエストを絞り、Aラインのゆったりとしたフレアスカートというシルエットは、驚きと称賛を持って迎えられました。

50年代ファッションは今のファッションに通ずる

上述の「ニュールック」をはじめ、50年代に登場したファッションは、現代のファッションに通じる部分が多々あります。映画の影響で一躍レディースファッションのマストアイテムとなった「サブリナパンツ」、ミュージックシーンから人気を獲得した「サーキュラースカート」、きゅっと跳ね上がったラインがおしゃれな「キャットアイサングラス」等、現代でも人気のファッションアイテムが生まれた時代なのです。

50年代レディースファッションコーデの特徴

まずは、1950年代のファッションの特徴を見て行く事にしましょう。上述のように、50年代のファッションアイテムの中には、現代のファッションに通じる部分がかなりあります。50年代ファッションとしてレトロなスタイルを楽しめるものから、すっかり現代風に取り込まれているものまで、様々なアイテムが登場しています。

特徴①フェミニンでニュールックなワンピーススタイル

50年代ファッションの特徴として、第一に挙げられるのが「ニュールック」でしょう。上述のように「ディオール」によって発表された「ニュールック」は、華やかで輝かしい50年代のファッションを代表するデザインです。きゅっと絞ったウエストや丸みのあるラインは、フェミニンな雰囲気でレディースファッションを楽しませてくれる事でしょう。ふんわり広がるAラインのフレアスカートもキュートです。

特徴②ポルカドットワンピースが大人気

ポルカドット柄のワンピースも、50年代ファッションを語るうえで欠かせないデザインです。ミニーちゃんも赤×白のドット柄ワンピースを着用しています。上述の「ニュールック」のように、ウエストを絞ったラインが、レディースらしいファッションアイテムと言えるでしょう。ドット柄のサイズが大きいと、レトロな雰囲気を楽しむ事も出来ます。

特徴③カラフルな配色

経済が上向きになった当時の時代背景を反映するかのように、50年代ファッションはカラフルな配色が特徴です。大胆な色のコントラストや、意外な色を組み合わせたデザイン等を見る事が出来ます。グリーンをベースにイエローとブルー、ピンクのストライプをあしらい、ロマンティックでゴシック風のデザインを散りばめたこちらのワンピースも、レトロなテイストとカラフルな配色が特徴的です。

特徴④脚線美を強調したパンツ

50年代のレディースファッションでは、上述のようにワンピースやスカートが中心でしたが、パンツスタイルの流行も生まれました。脚線美を強調するようなピタッとフィットするスタイルのパンツです。特に人気を集めたのは、1950年代に一躍スターとなった女優オードリー・ヘップバーンが映画の中で着用した「サブリナパンツ」です。七分丈や八分丈のほっそりしたパンツは、日本でも大流行となりました。

特徴⑤アメリカ映画・女優の影響を受けたスタイル

50年代ファッションは、当時のアメリカ映画や女優のファッションにも大きな影響を受けています。上述の「サブリナパンツ」が生まれたオードリー・ヘップバーンの『麗しのサブリナ』や、ジバンシィのドレスが登場する『パリの恋人』、マリリン・モンローの『紳士は金髪がお好き』、ハリウッド映画の衣装を手掛けていたイーディス・ヘッドがアカデミー賞の衣装デザイン賞を受賞した『イブの総て』等が人気です。

特徴⑥華やかな小物

カラフルな配色が目立つ50年代のレディースファッションでは、イヤリングやネックレス等のアクセサリーも重要なアクセントになりました。華やかなワンピースやスカートに負けないよう、明るく大胆なデザインのアクセサリーが好まれていたようです。レンズの端がきゅっと跳ね上がったような「キャットアイサングラス」も、50年代のレディースファッションに欠かせない小物です。

特徴⑦髪型は大きめカールとヘップバーンカット

50年代のレディースファッションには、くるっと大きくカールさせた髪型が人気でした。上述のマリリン・モンローが映画で見せていたように、前髪をカールさせたり内牧にカールさせたりする髪型です。オードリー・ヘップバーンは、ピタッと撫でつけた様なダウンバングスタイルの髪型を披露し、人気を集めました。どちらも、レディースらしいフェミニンな雰囲気を感じさせる髪型です。

50年代ファッションコーデにおすすめのブランド

続いては、現在購入可能な50年代風ファッションを展開しているブランドをご紹介していきましょう。レトロなデザインや、シルエットを楽しめるアイテムを数多く手がけているブランドをピックアップしています。それぞれのブランドの特徴や、コーデと着こなしのアイデアを是非参考にしてみて下さい。

おすすめ①50年代の女優をミューズとするMOUSSY(マウジー)

まず初めにご紹介する50年代ファッションコーデにおすすめのブランドは「MOUSSY(マウジー)」です。2018年ー2019年の秋冬コレクションでは、50年代の女優をミューズとしてデザインされたファッションアイテムを数多く発表しました。フェミニンである事、レトロでクラシカルである事、そして何よりもブランドのコンセプトである自分らしさを失わない事がテーマになっています。

おすすめ②レトロで大人可愛いREAL CUBE(リアルキューブ)

続いてご紹介する50年代ファッションコーデにおすすめのブランドは「REAL CUBE(リアルキューブ)」です。どこかレトロな雰囲気を感じるデザインのアイテムが揃うブランドです。大人可愛いファッションや、レトロエレガントな着こなしを楽しむ事が出来るでしょう。こちらは秋冬向けのラッフルスリーブワンピースです。袖のフリルが50年代のファッションに通じるデザインではないでしょうか。

おすすめ③50年代テイストをプラスするmerlot plus(メルオープリュス)

続いてご紹介する50年代ファッションコーデにおすすめのブランドは「merlot plus(メルオープリュス)」です。「普段着にPLUSしてドレスアップ出来るユーモア&ハッピーなきちんと着」がブランドコンセプトになっています。50年代ファッションのテイストを感じるデザインやシルエットが見つかるでしょう。こちらは、大胆なフローラルブランケット柄のワンピースをレトロな靴とコーデしています。

おすすめ④ヴィンテージの魅力を感じるLily Brown(リリーブラウン)

続いてご紹介する50年代ファッションコーデにおすすめのブランドは「Lily Brown(リリーブラウン)」です。「ヴィンテージフューチャードレス」をテーマに、50年代ファッション風のレトロなテイストを現代のセンスと融合させた、大人可愛いワンピースが見つかります。ディティールに凝ったデザインや、レトロなテクスチャーが、20代の大人女子を中心に人気を集めているブランドの1つです。

おすすめ⑤プチプラで50年代風レトロデザインが見つかるNina(ニーナ)

50年代ファッションに通じる、レトロでガーリーなデザインのお洋服が揃うブランドとして「Nina(ニーナ)」も人気があります。こちらはレトロモダンなベロアのプリーツスカートに、ぴったりフィットするハイネックのリブニットを合わせた秋冬におすすめのコーデです。スカートは、裾部分の太目のラインにインパクトのあるデザインなので、シンプルな小物をコーデしてエレガントに着こなしています。

冬の50年代ファッションコーデ【ワンピース】

ここからは、アイテム別に冬の50年代ファッションコーデを見て行く事にしましょう。既にご紹介している50年代ファッションの特徴を上手に取り入れたコーデは、フェミニンでエレガントなレディースライクな着こなしが楽しめます。まずは、コーデがしやすいワンピースの着こなしをピックアップしました。

50年代ファッション風の花柄ワンピース×ニットカーデのレトロな着こなし

50年代ファッション風のレトロテイストを感じる、小花柄のワンピースもおすすめです。冬は、長袖のワンピールにニットのカーディガンを羽織れば、見た目にも温かな着こなしが出来上がります。ソックスを合わせたガーリーなコーデが、50年代風のガーリーファッションに通じます。

ドット柄ワンピース×ロングカーデの50年代ファッション風冬コーデ

50年代ファッションの特徴の1つでもある、ドット柄ワンピースを取り入れた冬の着こなしです。黒×白のドット柄ワンピースに、黒のロングカーディガンを合わせてレディースライクなモノトーンコーデを楽しんでいます。ポンポン付きの帽子と船形バッグには共にファーがあしらわれ、レトロエレガントな雰囲気を演出しています。

50年代ファッション風レトロエレガントなワンピースコーデ

ワンピースは、それ一枚でコーデが完成するアイテムでもあります。こちらは、レオパード柄の様にも見えるオリジナルのプリント柄が好評のワンピースを、さらりと着こなしたレトロエレガントなコーデです。シャーリングを寄せたドレープが、レディースライクな雰囲気を作ります。ウエストはゴムが入っているので、適度なフィット感が生まれます。

ラメ入りマルチストライプワンピースで50年代風の着こなしを

大胆な配色も50年代ファッションの特徴です。こちらは、ラメ入りのマルチストライプがお洒落な印象を与えるワンピースを、50年代ファッション風に着こなしているアイデアです。コントラストの強い配色が、注目を集める事でしょう。黒のハットも、50年代ファッションを牽引した映画女優のようなレディースライクな着こなしのポイントになっています。

フレアワンピースの50年代ファッション風お呼ばれ冬コーデ

デートやパーティー等のお呼ばれシーンにおすすめしたいのは、フレアワンピースです。50年代ファッションの特徴でもあるふんわりしたフレアスカートとAラインのシルエットで、レディースライクな着こなしを楽しみましょう。

冬の50年代ファッションコーデ【パンツ】

続いてご紹介する50年代ファッション風のコーデは、パンツの着こなしです。既に述べたように、50年代ファッションの特徴として、脚線美を強調するパンツが挙げられます。最も有名なアイテムは、映画『麗しのサブリナ』で、主演のオードリー・ヘップバーン演じるサブリナが履いていた七分丈のサブリナパンツです。クロップドパンツやスリムパンツもおすすめです。冬は、裏起毛タイプのパンツも人気があります。

赤いサブリナパンツ×ドット柄ニットの50年代ファッション風冬コーデ

七分丈や八分丈のサブリナパンツは、春夏を中心に人気が高いアイテムですが、冬の着こなしも魅力的です。こちらは、赤いサブリナパンツにネイビーのドット柄ニットと白いソックスを合わせた冬のトリコロールカラーコーデは、綺麗目カジュアルな着こなしが楽しめます。

クロップドパンツ×タートルネックニットのレトロな着こなし

ウエスト周りにペプラムがあしらわれたパンツは、レトロガーリーな雰囲気が演出出来るアイテムです。50年代ファッション風に、トップスはインした着こなしがお洒落度を高めてくれます。クロップド丈を活かして、足首を見せると細見え効果も期待出来るでしょう。

レトロガーリーなミントカラーのスキニーパンツ×ボリュームカーディガン

上下とも、レトロガーリーなミントカラーで揃えた冬の着こなしです。センターダーツやハイウエスト気味のシルエットで、スタイルアップ効果を期待出来るスキニーパンツに、ファーの様な柔らかいテクスチャーのボリュームカーディガンを合わせました。 べっ甲カラーとパールを合わせたボタンが、アクセントになっています。50年代ファッション風に、ウエストをアピールする着こなしがおすすめです。

デニムテーパードパンツ×ボーダーカットソー×ニットカーデの冬コーデ

デニムもフィットするシルエットを選ぶのが50年代風のファッションです。ロールアップした着こなしや、ソックス×ヒールの組み合わせ等が、レディースライクな雰囲気を演出してくれます。トップは、定番のボーダーカットソーを合わせました。ヴィンテージのベレー帽や、手に持ったボリュームのあるニットカーディガンで、冬の寒さに対応しています。

冬の50年代ファッションコーデ【スカート】

続いてご紹介するのは、スカートを取り入れた50年代ファッション風の着こなしです。上述のように、50年代ファッションの特徴として、フレアスカートやサーキュラースカート、Aラインといったシルエットが挙げられます。また、大胆でカラフルな配色も、50年代ファッションの特徴と言えるでしょう。冬の着こなしでは、布をたっぷりと使ったサーキュラースカートが人気です。

パープルニット×レッドキルティングサーキュラースカート

冬らしいぬくもり感のあるキルティングのサーキュラースカートを、50年代風に着こなしたスタイルです。トップスはフィット感のあるパープルニットを合わせ、大胆なコントラストを楽しんでいます。大ぶりのネックレス等、アクセサリーも50年代ファッションに通じる物があります。クラシカルなストラップシューズも、ヒールのデザインが現代的です。ゴブラン織りの様なバッグが、レトロなアクセントになっています。

ブラックリブハイネックニット×レッドフレアスカート

こちらも赤いスカートですが、ウエストに特徴的なデザインが施されたフレアシルエットがレディースライクな一枚です。大きな鳩目があしらわれ、共布のリボンでぎゅっとウエストを絞る事が出来ます。50年代ファッションの特徴でもある、8の字型のウエストラインに近づけるのではないでしょうか。トップスはインナーにも出来る薄手のニットを合わせ、ウエストインした着こなしを楽しみます。

ピンクタートルニット×ラベンダーサーキュラースカート

フロントにボタンがあしらわれたサーキュラースカートは、フェミニンなラベンダーカラーを選びました。トップスには鮮やかなフューシャピンクのタートルネックを合わせ、レディースライクな着こなしに仕上げています。ボリューミーなニットも、フロントインした着こなしで50年代風のウエストマークしたファッションに近づける事が出来そうです。

白T×ブラックトロンプ・ルイユスカート×ブラックライダース

モノトーンコーデも、50年代ファッション風に纏めるとレディース度が高い着こなしとなります。こちらのスカートは「トロンプ・ルイユ(Trompe-l’œil)スカート」と名付けられています。これは、1949年に「ディオール」が発表したコレクションのテーマでした。「だまし絵」の意味があり、立体的で不思議なラインやシルエットが特徴的なスタイルです。ハードとフェミニンのバランスの良いコーデです。

レッドジャケット×モノトーンフラッグチェックフレアスカート

50年代ファッションには、ロックロールやロカビリーと言った特徴的なデザインも含まれています。モードの世界からの発信と言うよりは、ストリートファッションや映画、テレビと言ったメディアを通じて流行したスタイルと言えるでしょう。大きく膨らんだスカートやボーリングシャツ等が人気のアイテムです。チェッカーフラッグ柄のスカートに、羽根の様な印象のジャケットを合わせた派手系の着こなしも楽しめます。

50年代ファッションコーデに似合う髪型

最後に、50年代ファッションコーデに似合う髪型をご紹介していきましょう。上述のように、50年代ファッションは、映画に出演した女優やハイブランドのコレクションに大きな影響を受けています。その為、50年代ファッションコーデに似合う髪型も、当時の女優やモデルの髪型がメインとなります。フェミニンでエレガントな髪型が、50年代ファッションには似合うのです。

前髪を揃えたヘップバーンカット

50年代ファッションのアイコンでもある女優オードリー・ヘップバーンが『ローマの休日』で見せた髪型は、「ヘップバーン・カット」と呼ばれています。前髪は毛先を下したストレートバングです。再度の髪はぴったりと撫で付けて後ろへ長し、後ろ髪は襟足でカットした髪型です。ショートヘアですが、ディティールにフェミニンさが感じられます。フレアスカートにもサブリナパンツにもおすすめです。

前上がり内巻きカールのページボーイスタイル

「ページボーイスタイル」は、エレガントな内巻きカールが特徴的な髪型です。中性ヨーロッパの貴族に仕えていたページボーイ(小姓)の髪型に由来している髪型で、50年代は長めの内巻きカールスタイルでした。前髪にも大きめのカールを作り、前上がりの髪型にするのが50年代に流行した「ページボーイスタイル」です。

ベリーショートのセシルカット

「セシルカット」は、女優ジーン・セバーグが映画『悲しみよこんにちは』の中で演じた役名セシルに由来しているベリーショートの髪型です。前髪も短くカットし、コンパクトなシルエットになっています。ボーイッシュな髪型が、逆にフェミニンな雰囲気を醸し出し、モードなファッションにもレトロなファッションにもフィットします。毛先をエアリーに遊ばせると、現代のファッションにも馴染む髪型と言えるでしょう。

前髪カールのロカビリースタイル

50年代ファッションの中でも、ロックンロールやロカビリースタイルは、前髪に大きなカールを作る髪型が特徴的です。ポニーテールの毛先も、くるんと内巻きにすると50年代風の髪型になります。お団子で髪を纏める場合は、頭の高い位置にお団子を作ると良いでしょう。スカーフを巻いたり、キラキラ光るヘアピンやコームをプラスすると、お洒落度がアップします。

フィンガーウェーブレトロヘア

こちらのフィンガーウェーブレトロヘアは、「ページボーイスタイル」と盛り髪スタイルをミックスさせたような髪型です。前髪とサイドの髪で大きめのウェーブを作り、フェミニンな毛流れを表現しています。後頭部のトップを盛り髪にする事で、エレガントな雰囲気も生まれています。

波ウェーブ×くるりんぱ

波ウェーブとくるりんぱを組み合わせたヘアアレンジも、50年代ファッションに似合う髪型です。バックスタイルから見ても、ボリュームのあるウェーブがエレガントでフェミニンな印象です。前髪はねじりながら後ろに纏めています。

ねじりアップスタイル

毛束を取ってねじねじくるくると巻き、ピンで留めていくヘアアレンジも、レトロな雰囲気が50年代ファッションに似合いそうです。全体のバランスを見ながら、くるくるとねじった髪を留めていきます。ボリュームも出て、インパクトのある髪型です。

50年代ファッションでレトロなおしゃれを楽しもう♡

フェミニンでエレガント、レトロガーリーな魅力に溢れる50年代ファッションをご紹介しました。映画を通じて日本でも大人気となった50年代ファッションは、現代にも通じる特徴が数々あります。レトロな髪型にも、新鮮さを感じる人も多いのではないでしょうか。ウエストを絞ったワンピースや脚線美を強調するパンツ、大胆な配色に華やかなアクセサリー等、50年代ファッションを楽しんでみませんか。
126 件
着用アイテム