結婚式のドレスの50代向けのお呼ばれコーデ!人気のフォーマルスタイルは?

Description
結婚式に着るお呼ばれのドレスは、50代になりどうしようか悩んだりすることはありませんか?50代ともなると、甥っ子や姪っ子などの結婚式に「おば」として出席することもあります。年齢にふさわしくきちんとした、かつ適度に華のある素敵なドレスを選ぶことで、親戚や他の出席者の方にも、大人の女性として認識されます。また、小物やドレスのマナーなども今一度知っておきたいですね。人気のフォーマルスタイルを、ここにご紹介させていただきます。

結婚式にお呼ばれした50代女性向け!ドレスコーデのルール

カジュアルすぎる服装は避けよう

結婚式はあくまでフォーマルな場ですので、カジュアルすぎる服装はふさわしくありません。デニム地の服装やニット、木綿のワンピースなど、普段の場ではセンス的に良いものです。けれども、フォーマルに合うようなサテン地やシャンタンのドレス、あるいはレース地の物やラメ素材などが、結婚式のドレスとしては合うでしょう。

白色やオフホワイトのドレスはNG

白っぽい色のドレスはとても素敵ですが、この色は結婚式に出席するときは、まず基本的には避けたい色です。なぜなら、新婦のウェディングドレスの「白」と被ってしまうからです。あくまで主役は花嫁さんですので、白系ドレスはNGと考えます。

肩や腕など露出が高すぎる服装は避けよう

たとえ夏場でも、50代女性にとって、肩出しなど露出が高すぎる服装は避けた方が良いでしょう。また、スカートは膝が出ない丈が良いようです。露出のごく控えめな服装が、50代の女性として見た目にも美しく、親族などにもきちんとした印象を与えます。
腕や胸元の露出が多い服装ではなく、袖のあるドレスやボレロ、ショールやジャケットなどが腕を隠せます。7分袖のボレロやジャケットなど、きちんとした服装が50代には上品に見せ好印象です。

動物柄の皮で出来た靴やカバンはNG

動物柄の皮でできた靴やカバンは、いずれも殺生を連想させるためにNGとなります。そうした意味合いから、ファー(フェイクも含む)もやはり動物から作られるもののためNGとなります。結婚式の場合は、布製のバッグやカバンや靴、またはボレロなどもファーの付いていないものでまとめましょう。

黒のストッキングやタイツはMG

黒のストッキングやタイツは、こうした冠婚葬祭の場では、不祝儀に着用しています。その為、黒は結婚式のようなお祝いの場には合っていません。冬場でなくとも不祝儀を連想させるため、NGと考えます。

50代の女性におすすめ【春夏】結婚式のドレスコーデ

ベージュのカシュクールベルトドレスのコーデ

ベージュの淡い色合いが、春などの明るい季節に合うドレスです。カジュアルなガーデンウェディングやハウスウェディングにピッタリしそうです。画像のようにゴールドの小物を合わせることで、より華やかになりますね。控えめな色合いが50代女性に合いそうです。くたっとしたサイズ感とカシュクールが、女性らしさを引き立てています。

総レースのノースリーブセットアップドレスのコーデ

夏場の結婚式に合いそうな、ノースリーブの総レースのセットアップドレスです。現代では、パンツスタイルも人気になっています。夏はエアコンが効いているため、薄手のショールなどを合わせても。膝下丈のパンツのため、スッキリ涼しげです。黒のパンツスタイルドレスのため、アクセサリーやバッグや靴などに、華やかさを出しましょう。

オーバーレースのギャザードレスのコーデ

こちらのドレスだけで華やかさを出せる、オーバーレースのドレスです。身頃が華やかなため、羽織物が要りません。袖もあり適度に腕を隠せ、ドレス丈も膝下で50代女性にとって短すぎません。写真ではアクセサリーはしていませんが、パールなどのネックレスでコーディネートしても素敵です。春夏でも合う淡い色合いです。

ボレロを合わせたワンピースドレスのコーデ

98 件
着用アイテム