ヘアオイルおすすめ人気ランキング11選!最高の潤いが手に入る第1位は?

Description
普段、髪の毛のケアに何を使っていますか?肌のケアと同じ位、髪の毛にも乾燥対策が重要です。髪の毛の乾燥対策を行うなら、ヘアオイルを使用するのがおすすめです。ヘアオイルは、髪をしっとり潤して頭皮の血行を良くする効果のあるアイテムで、様々なヘアケアメーカーから販売されています。そこで今回は、髪に最高の潤いをもたらしてくれるおすすめのヘアオイルの選び方や使い方、人気商品をランキング形式で11選ご紹介します。

髪に潤いを!おすすめの人気ヘアオイルを紹介!

Beauty Woman Portrait - Free photo on Pixabay (200528)

髪の毛のケアが出来る製品として今注目を集めているのが、ヘアオイルです。ヘアオイルは名前の通り髪の毛に付けるオイルタイプのヘアケア製品で、髪の毛にしっとりとした潤いを与えて美しい髪を演出してくれるおすすめのアイテムです。ヘアオイルにはどんな効果があって、どんな選び方や使い方をすれば良いのでしょうか。また、どんなヘアオイルが人気なのでしょうか。今回は、ヘアオイルの選び方と使い方、更に市販からサロン専売まで人気のヘアオイルランキング11選をご紹介します。

ヘアオイルって何?トリートメントとの違い

Beautiful Woman Hair - Free photo on Pixabay (200529)

髪の毛のケアが出来る製品として良く知られているのがシャンプーの後に使用するトリートメントですが、ヘアオイルとトリートメントとはどのように違うのでしょうか。ここでは、トリートメントとヘアオイルの違いについてご紹介します。まず第一に挙げられるトリートメントとヘアオイルの違いは、効果の違いです。トリートメントの目的は、髪のダメージの補修を行うことです。対してヘアオイルの目的は、髪の保湿をすることです。この効果の違いが、2つの大きな違いになります。
Essential Oils Cosmetology Oil - Free photo on Pixabay (200539)

トリートメンとは洗い流すタイプと洗い流さないタイプとがありますが、そのどちらも髪の内部に浸透して髪のダメージを修復するというものです。ですのでトリートメントには髪の主成分であるアミノ酸成分が含まれることが多いです。ヘアオイルもトリートメントのように髪の内部に浸透しますが、浸透するのは油分であるため、髪の内側から潤いを与えると言うことになります。髪の内側から潤うと、髪のうねりやくせを矯正する効果もあると言われています。ヘアオイルは洗い流しませんので、この点もトリートメントと異なります。
さらにヘアオイルとトリートメントとは成分が異なります。成分としては、ヘアオイルはほとんどが植物性のオイルを主成分にしているのに対して、トリートメントには鉱物油を使用していることが多くなります。トリートメントとヘアオイルは、その目的によって使い分けることが大切です。選び方としては、例えばくせ毛の人が髪の歪みを治したいならトリートメントの方がおすすめですし、髪の毛全体に使用したいならヘアオイルがおすすめです。トリートメントとヘアオイルは、その効果や目的、成分を基準に選びましょう。

ヘアオイルの効果

Olive Oil Salad Dressing Cooking - Free photo on Pixabay (200540)

美しく健康的な髪を保つ目的で使用されるヘアオイルですが、具体的にヘアオイルにはどんな効果が期待出来るのでしょうか。よく言われるのが保湿効果や髪のまとまりを良くすると言った効果ですが、ヘアオイルの具体的な効果を知ればおのずとヘアオイルはどんな使い方をすれば良いか、どんな基準の選び方をすれば良いかも分かるでしょう。ここからは、ヘアオイルがもたらしてくれる効果について、具体的に詳しく解説していきたいと思います。

効果①ドライヤーやアイロンの熱から守る

Woman Hair Drying Girl - Free photo on Pixabay (200541)

ヘアオイルの効果としてまず挙げるのは、ドライヤーやアイロンの熱から髪の毛を守るという効果です。お風呂上りに髪の毛を乾かしたり、ヘアセットをする時に使用するドライヤーやヘアアイロンは、熱の力を使って髪の毛に変化を与えるものですので、同時に髪に熱によるダメージを与える物でもあります。髪の毛がドライヤーやアイロンの熱でダメージを受けると、髪の内部の水分や油分が蒸発してしまい、髪の毛の乾燥や髪のパサつきが起こりやすくなります。
そこでドライヤーやアイロンの前にヘアオイルを使用すると、髪の毛をオイルでコーティングすることになり熱のダメージから守ってくれる効果があると言われています。更に、ドライヤーやアイロンでしっかりスタイリングを行った後に、ヘアオイルを付けるとより乾燥を防いでくれます。この時、スタイリング剤に少量のヘアオイルを混ぜて使うと、スタイリングしながら髪の保湿を行えるのでおすすめです。

効果②痛んだ髪のケア・保湿効果

Pink Hair Hairstyle Women - Free photo on Pixabay (200542)

ヘアオイルは、熱ダメージや紫外線、カラーウやパーマなどで傷んだ髪のケアや髪の保湿に使用出来ます。ヘアオイルをダメージが気になる部分に薄く塗っておくと、パサついていた髪の毛や広がりやすい髪の毛がしっとり潤うようになります。髪の毛が乾燥してパサついていると静電気も起きやすくなるのですが、ヘアオイルを使うことで静電気の抑制効果もあります。健康な髪の毛に大切なポイントは、乾燥を防いで髪が潤うことです。
Beauty Charm Eroticism - Free photo on Pixabay (201023)

ダメージヘアへの上手なヘアオイルの使い方としては、髪のダメージや乾燥が気になる毛先部分に薄く指先でヘアオイルを塗りこみます。お風呂上りにドライヤーを使った後オイルを浸透させると、とても効果的です。また、ヘアオイルによっては髪の保湿を行いながら、髪のダメージを補修してくれるトリートメント効果があるアイテムもあります。自分の髪の毛の健康状態をしっかり見極めて、どんなタイプのヘアオイルが合うのかを考えてみましょう。

効果③トリートメント効果を上げる

Girl Hair Blowing - Free photo on Pixabay (200544)

ヘアオイルとトリートメントの違いについては先ほどご紹介していますが、この二つのアイテムは併用することが出来ます。ヘアオイルとトリートメントを併用することで、髪のトリートメント効果をアップさせることが出来、ダメージヘアの女性には特におすすめです。どちらのアイテムも髪の保湿効果がありますので、併用することでよりしっとりとした髪の毛になれます。更にしっかり保湿された髪の毛は、トリートメントのダメージ補修成分が浸透しやすいですので、トリートメントの効果もアップすると考えられています。

効果④髪の毛がセットしやすくなる

Woman Long Hair People - Free photo on Pixabay (200545)

ダメージヘアと言うわけでなくても、もともと髪質が硬めの女性やくせ毛の女性は髪がまとまりにくいと感じることも多いようです。そんな時にもヘアオイルはおすすめ出来ます。髪の毛のセット時にヘアオイルを付けると、髪の毛の内側にオイルが浸透してしっとりとまとまりやすい髪の毛になり、セットもしやすくなります。また見た目にも髪が広がらないので、髪がパサついて見える広がりが気になる方にもヘアオイルはおすすめです。夜、お風呂上りにヘアオイルを使って寝ることで、朝起きた時に髪の違いを感じられるでしょう。

効果⑤パーマやカラーの持ちを良くする

115 件
着用アイテム