眉毛の整え方の基本・女子向け!理想の美眉を作るやり方や道具はこちら!

Description
女性はメイクを毎日しますが、眉毛の形にはいつも悩まされるものです。元の眉毛に書き足すようにしていても、形がしっくりこなかったり、左右非対称になってしまうこともあります。ベースメイクやポイントメイクと違って、眉毛はなんとなくでメイクしてしまっている方も多いですが、眉毛は女性の顔の印象を変える大事なパーツです。眉毛の整え方や美眉の作り方をしっかり覚えましょう。こちらでは、初心者でも出来る眉毛の基本の整え方、揃える道具、顔の形別におすすめの眉毛などをご紹介します。

【女子向け】眉毛の整え方の基本を伝授♡

眉毛は顔の印象を決める大事なパーツです。平行な眉毛は優しい印象の顔、眉山のあるアーチ眉はきりっとした大人顔にすることが出来ます。眉毛をメイクする時は、元の眉毛の形につられてなんとなくメイクをしてしまいがちですが、眉毛の整え方をマスターすれば色々な眉毛の形に変えて、顔の印象を変えることが出来ます。こちらでは、基本の眉毛の整え方を知りましょう。

眉毛のお手入れしていますか?

眉毛のお手入れはなんとなく苦手という方も多いかもしれません。眉毛のお手入れを苦手に感じるのは、眉毛のどこを抜くのが正解か分からない、整えようとカットしても左右対称にならない、どんな形が理想なのかが分からないという理由が多いです。元々の眉毛があるので、眉毛のお手入れの目安は分かりづらいものです。
必要性を感じづらい眉毛のお手入れですが、メリットも沢山あります。眉毛を整え方を意識することで、いつもとは違った形の眉メイクをしたり、垢抜けた印象の顔を作ることが出来ます。メイクをするとキツイ顔に見えてしまう女性や童顔が悩みの女性も、眉毛の整え方を意識すれば顔の印象を変えるきっかけになります。

そもそも美しい眉毛の形って?

眉毛の整え方を知る前に、理想の美しい眉毛の形を知りましょう。理想の形と言われる眉毛には黄金比率があります。まず、眉毛の始まりである眉頭は目頭と同じライン上にあることが理想です。眉毛の最終地点である眉尻は、小鼻と目尻を結んだラインの延長線上の位置まで書きましょう。アイブロウペンシルを小鼻から目尻に当て、眉尻の位置を確認すると簡単です。
眉山は眉頭から3分の2の位置が理想です。目尻側の白目の終わりの位置に合わせてもOKです。また、眉頭と眉尻の高さは水平な一直線上にあることが理想です。眉頭より眉尻が下がっていると優しい印象、眉頭より眉尻が上がっているとキリッとした大人っぽい印象になります。眉頭と眉尻を結んだラインから見て、眉山が約10度の角度になっていると綺麗な眉毛になります。
このように、理想の眉毛には黄金比率があります。普段の眉毛に比べて眉尻が長かったり、眉毛の角度がついていたりと、理想の眉毛は普段の眉毛とのギャップがあるかもしれません。眉毛は自分のなりたい顔に合わせて調整する必要がありますが、なりたい顔とは別に1度理想の眉毛の黄金比率に合わせてメイクしてみるのもおすすめです。眉の印象を変えることで今までとは違う発見があるかもしれません。

基本をおさらいして理想の美眉女子になろう!

眉毛のメイクをする時は、眉毛の整え方をきちんと知っておいた方がメイクがしやすくなります。眉毛を切りすぎてしまったり、メイクがしづらい眉毛にならないためにも、眉毛の基本の整え方を覚えましょう。眉毛の整え方を覚えて、理想の眉毛をメイク出来るようになれば、美眉美人になれるはずです。また、面長や丸顔など顔の形に合わせて眉毛をメイクをすることが出来れば、小顔効果もあります。

【女子向け】まずは準備♡眉毛の整え方

眉毛の整え方をチェックする前に、まずは基本の道具をきちんと揃えましょう。眉用の道具でなければ、眉毛を抜く時やカットをする時にやりづらかったり、失敗してしまうこともあるので注意しましょう。こちらでは、眉毛を整える時におすすめの道具をご紹介します。

眉毛を整えるのに必要な道具を揃える

眉毛を整える時に必要な道具をチェックしましょう。まずは、眉の毛の流れを整える道具であるコームです。眉をカットする時にも使います。眉メイクだけでなく、マスカラを塗ったまつ毛をセパレートさせる時にも使うことが出来る道具です。コームの代わりの道具でおすすめなのが、スクリューブラシです。こちらも眉を梳かしたり、カットする時に使う道具です。コームとスクリューブラシはお好みで選びましょう。
眉をカットする道具であるハサミは眉用のものを使いましょう。眉用の道具は鋏部分が細く、眉毛のように細かな部分をカットしやすいです。眉毛を抜く道具であるピンセットも眉用のものが眉毛を挟みやすくおすすめです。カミソリも眉毛のお手入れには必須の道具です。小回りの利くI字カミソリを選びましょう。
最後にあると便利な道具が眉シェーバーです。カミソリよりも肌を傷つけにくい道具でおすすめです。ただし、電動なので手元が狂うと一瞬で眉毛を剃ってしまいます。眉の仕上がりが綺麗になる道具ですが、慣れないうちはカミソリの方がいいかもしれません。眉のお手入れの基本の道具は100均でも揃えられるので、眉用の道具を用意しておきましょう。

初心者でも失敗しない!自眉の整え方

【初心者向け】眉毛の整え方【基礎から】

147 件
着用アイテム