ウエスト痩せでくびれ美人に!簡単に出来るペタンコお腹の作り方!

Description
ウエスト痩せでくびれ美人になる為の簡単な筋肉トレーニングやストレッチのやり方をまとめました。ウエスト痩せをして綺麗なくびれを作るには、効率的なトレーニングとストレッチで筋肉を鍛える事が大切。簡単なくびれの作り方をチェックしておけば、下腹を引っ込めて憧れのウエスト痩せをする事が出来るようになります。気軽に出来る簡単ストレッチ&トレーニングで下腹にも筋肉をつけ、ウエスト痩せしたくびれ美人を目指しましょう。

ウエスト痩せとくびれの作り方を紹介

すっきりと引き締まったウエストは多くの女性の憧れ。ウエストが痩せてくびれが出てくると、それだけでスタイルを綺麗に見せる事が出来ます。しかし、「ウエストを痩せるのは意外と難しい!」と感じている方も多いのではないでしょうか。腹筋を鍛えていたとしても下腹がぽっこりと出ていたり、くびれが出来ずに寸胴体型になってしまったりといったようにウエストの引き締めはハードルが高いと感じる場合がよくあるようです。そういった時は、くびれの正しい作り方を把握出来ていない可能性があるかもしれません。
今回はウエスト痩せを叶えるくびれの作り方や簡単に出来るトレーニング&ストレッチ方法についてまとめました。ウエストを痩せてくびれを作る為には、効果的なトレーニングやストレッチを行う事が大切です。闇雲に腹筋を鍛えていても下腹のぽっこりを解消出来ない場合があるので、どこの筋肉を鍛えれば良いのか具体的にチェックしていきましょう。簡単なトレーニングやストレッチでもウエスト痩せをする事は出来るので、続けやすいくびれの作り方を取り入れてみてはいかがですか。

カロリー制限だけじゃくびれはできない

Tomatoes Eggs Dish - Free photo on Pixabay (209160)

「痩せる為にはカロリー制限をしなくてはならない!」というイメージが強く、毎日の食事を無理に減らしてはいませんか?確かに食べる量を減らせば体重は減っていくかもしれませんが、それでは健康的なダイエットになりません。また、体重が減った=脂肪が減ったとも限らないのが問題点。無理な食事制限によって栄養バランスが乱れていると脂肪だけでなく筋肉も減ってしまう場合があります。筋肉が減ると体の基礎代謝も下がり、痩せにくい体になる可能性が出てくる為、注意しておきましょう。
無理な食事制限で一時的に体重が減ったとしても代謝が下がっている状態が続く事ですぐにリバウンドして、結局は同じ体型に戻ってしまいます。また、過度な食事制限でストレスが溜まると暴飲暴食の原因にもなってしまうので気をつけましょう。間違った食事制限はやめて、バランスの良い食事を取りながらトレーニング&ストレッチで筋肉をしっかりと鍛える方法がおすすめ。栄養を取りながら筋肉をつけていく事で痩せやすい体を作っていく事がリバウンドしないポイントになります。

タンパク質の摂取が痩せにつながる

Asparagus Steak Veal - Free photo on Pixabay (209148)

筋肉は体の器官の中で最もエネルギーの消費率が高いと言われています。筋肉をつける=エネルギーをしっかり消費出来る痩せやすい体を作るという事に繋がるので、いつまでも理想のウエストやくびれをキープしたい時は筋肉を意識していくと良いでしょう。そんな筋肉を鍛える為に欠かせないのがタンパク質です。タンパク質は筋肉の主な栄養となるので、積極的に摂取してトレーニングやストレッチに役立てていくのがおすすめ。鶏胸肉やささみなど、脂肪分の少ないタンパク質であればダイエット中に食べても問題ありません。
筋肉を作る為にタンパク質を積極的に摂取するのに加えて、糖質の摂取量も見直していきましょう。糖質は摂取し過ぎるとエネルギー消費出来ない分が体脂肪として残る確率が高くなります。ご飯やパンなどの主食類は腹八分目に抑える、といったように糖質の摂取量を控えめにするようにしてみてください。ただし、糖質を全く摂取しないのはNG。糖質は体のエネルギーになるので、糖質が不足した状態でトレーニングをすると筋肉が消費されて筋肉量の減少に繋がります。適度な糖質とタンパク質で筋肉が減るのを防ぎましょう。

ウエストをくびれさせる筋肉は?

ウエストのくびれを効果的に作る為には、筋肉の作り方から学んでおくのがおすすめです。ウエストのくびれの作り方として腹筋運動を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、一般的な腹筋運動はお腹の中央部分の筋肉しか鍛える事が出来ません。シックスパックと呼ばれている筋肉を鍛える為にはお腹の中央部分の腹筋トレーニングが効果的とされる一方で、ウエスト全体を引き締めるにはそれだけでは駄目なのでトレーニング方法を見直していきましょう。ウエストのくびれの作り方で大切になるのが腹斜筋と腹横筋になります。
腹斜筋と腹横筋をそれぞれトレーニングやストレッチで鍛える事によって効率的にくびれを作る事が出来ると言われています。また、腹斜筋と腹横筋のトレーニングによって下腹ぽっこりを改善する効果も期待出来るのが嬉しいポイント。腹斜筋と腹横筋とはどういった筋肉なのかを把握して、トレーニングやストレッチに役立てていきましょう。

ウエストといえば「腹斜筋」

Ballet Dancers Meditation - Free photo on Pixabay (209150)

ウエストをトレーニングしてくびれを作るのに欠かせないのが腹斜筋。腹斜筋とは、お腹の横と斜めにある筋肉の事です。お腹の横と斜めにある筋肉という事で、この部分をトレーニングして引き締める事でウエストを引き締めやすくなるのがポイント。普通の腹筋トレーニングでは下腹ぽっこりを改善出来なかった、という方はウエスト周りにある腹斜筋をトレーニングする事を意識してみましょう。腹斜筋には外腹斜筋と内腹斜筋があり、それぞれに役割が違う事も把握しておくのがおすすめです。
外腹斜筋は、助骨から始まって骨盤にかけて伸びている筋肉の事です。内臓や骨盤を支える為にある筋肉であり、この筋肉を鍛える事で骨盤の歪みを防ぐ事が出来るのもポイント。また、内腹斜筋は外腹斜筋の奥の方にある筋肉です。こちらは骨盤から始まって助骨い伸びている筋肉で主に体幹を支える為の筋肉。外腹斜筋と内腹斜筋の両方を鍛える事で、引き締まったウエストを手に入れやすくなります。

ウエストの奥にある「腹横筋」

Yoga Woman Nature - Free photo on Pixabay (209151)

続いて注目しておきたいのが腹横筋です。腹横筋もウエストのくびれの作り方には欠かす事が出来ない筋肉。腹横筋は腹斜筋の奥にある筋肉で、まるでコルセットのように横に広がっている筋肉になります。下腹を意識的に引っ込める時に力を入れるのがこの筋肉の事。腹横筋をしっかりとトレーニングする事によってウエスト部分を引き締め、下腹ぽっこりを改善する事が出来るようになります。
また、コルセットのような役割を果たしてくれる筋肉などでトレーニングを重ねる事で下腹やウエストが引き締まった状態をキープしやすくなるのも特徴。このように、腹横筋と腹斜筋はそれぞれウエストのくびれを作るのに欠かせない筋肉であるという事が分かりました。これらの筋肉は通常の腹筋運動だけではトレーニングしにくいので、効果的なくびれの作り方を取り入れていくようにしましょう。日常的に腹斜筋や腹横筋をトレーニングする事が出来れば、憧れのくびれもきっと作れるようになるはずです。

話題のウエスト痩せ運動「8の字ダイエット」

ウエストのくびれの作り方では腹斜筋や腹横筋が大切であるという事が分かりましたが、これらの筋肉を鍛える為にはどういったトレーニングやストレッチを行えば良いのでしょうか。そんな時におすすめしたいのが8の字ダイエット。8の字ダイエットはテレビ番組などで芸能人がチャレンジして実際にウエスト痩せをする事が出来たのをきっかけに多くの人が取り入れるようになりました。
とても簡単に出来るトレーニング方法なので、激しい運動が苦手という方にもおすすめ。テレビを見ながらなど、ちょっとした空き時間にウエストをくびれさせる為の運動を行う事が出来ます。8の字ダイエットで理想のくびれを手に入れてみませんか?

腹筋よりも痩せ効果大!

Young Woman Girl Sporty - Free photo on Pixabay (209152)

79 件
着用アイテム