毛穴ケアにおすすめの洗顔まとめ!黒ずみや開きを改善する人気の商品を紹介

Description
顔には何万個もの毛穴があります。毛穴の悩みと言えば、黒ずみや開きが定番ですが、どちらも改善しないことには美肌とは無縁です。しかし、毛穴ケアはなかなか難しく、正しいケアの方法が分からなければ改善出来るものではありません。ここでは、毛穴が抱える悩みにおすすめの洗顔料や、おすすめの洗顔方法、毛穴ケアにおすすめの洗顔ブラシを紹介しています。この記事を参考に、毛穴の目立たないすっきり美肌を目指してみませんか?

悩みを解決!毛穴ケアにおすすめの洗顔剤を紹介

Hygiene Cleaner Hygienic · Free photo on Pixabay (100527)

毎日朝晩としっかり洗顔して、保湿ケアをたっぷりと施して、とケアに縒りをかけても段々と目立ってくる毛穴の開きや黒ずみ。毛穴に悩みを抱える女性は30歳を境に急増しているのをご存知ですか?一概に毛穴の悩みと言っても、毛穴の開きから、毛穴の黒ずみまで悩みの種類は幅広く、中には毛穴の黒ずみも開きも気になると言う方もいるのではないでしょうか?
そもそも、毛穴の開きや黒ずみとは何が原因で起こっているのでしょうか?毛穴の黒ずみや開きの原因の他にも、いざ開きや黒ずみが出来た場合はどのようなケアがいいのか、洗顔はどうすればいいのかなど、気になることは山積みです。今回は毛穴のケアにおすすめの人気洗顔剤を紹介していきます。毛穴ケアに人気の洗顔剤で毛穴のないすっきり美肌を目指しましょう。毛穴ケアに最適な洗顔剤の紹介の前に、まずは、毛穴の悩み別におすすめの毛穴ケアを紹介していきましょう。

悩み①黒ずみの場合

Aleppo Soap Brush Pumice Stone · Free photo on Pixabay (100526)

まず、皮脂汚れや角栓が原因による毛穴の黒ずみであれば、酵素や泥成分配合の洗顔剤を選ぶと良いでしょう。角質や角栓が原因の黒ずみの主な原因は、毛穴に溜まった角質や角栓が酸化して黒ずみになると考えられているので、固まった角栓を分解する洗顔剤を使うといいでしょう。酵素には脂質やたんぱく質を分解する働きがあるので、脂質などで固まった角栓除去には酵素入りの洗顔剤がおすすめです。
一般的に酵素入り洗顔剤には、パパイン酵素やブロメライン、プロテアーゼが配合されているので、これらの成分が配合された洗顔剤を選ぶのがおすすめです。また、角質の除去に泥パックが主流となっているように、泥成分が配合された洗顔剤もおすすめです。泥や酵素の他にもサリチル酸、フルーツ酸、乳酸などの成分も角質を分解する働きがあります。
開きやたるみが原因の毛穴には、たるみの原因を解消する洗顔剤がおすすめです。毛穴の開きやたるみの原因は「乾燥」や「加齢」なので、乾燥を予防しアンチエイジングが可能な洗顔剤を選ぶといいでしょう。保湿成分は数多く存在しますが、有名なのをいくつか挙げると、セラミド、コラーゲン、プラセンタ、アロエ、ローヤル、スクワランなどが挙げられます。
どれも化粧水や美容液に配合されているイメージがあるかもしれませんが、洗顔剤の中にもこうした保湿成分が配合されているものがあるので、探してみましょう。化粧水や美容液ではなく、洗顔の時点から保湿出来るものをチョイスするのが、保湿ケアとエイジングケアの要となります。

悩み③紫外線ダメージの場合

Road Sky Desert · Free photo on Pixabay (102343)

紫外線や外部刺激が原因で黒ずみ毛穴となってしまったり、毛穴が開いてしまうこともあります。紫外線が原因の毛穴トラブルの場合は、日頃から日焼け止めなどの日焼け対策に加え、抗酸化作用のある洗顔剤を使うようにしましょう。また、肌のターンオーバーを早める鉄や亜鉛、ミネラルなどの成分が配合されていると、尚良しです。
また、紫外線以外にも、敏感肌やアトピー性皮膚炎などの肌質は外部の些細な刺激に弱く、それらの刺激が原因で毛穴が開いてしまうこともあります。その場合は、消炎作用のある洗顔剤や肌のバリア機能を活性化させる、ビタミンCやEといった成分が配合された洗顔剤を選ぶと良いでしょう。

毛穴が黒ずんだり開いたりする原因は?

Pool Soap Hands · Free photo on Pixabay (100520)

毛穴の悩みごとに選ぶべき洗顔剤の違いは分かりましたが、そもそも、何故毛穴は黒ずみになったり、開いたりするのでしょうか?毛穴の黒ずみには、4つの原因があります。まずは、メイク汚れや角質などの汚れが毛穴に詰まって酸化したもの。これには、クレンジングで新たな汚れの蓄積を呼ぼうしつつ、ピーリングで溜まった角栓を取り除いていくケアが必要になります。
次に、黒ニキビが原因の黒ずみは、角栓がはがれずに皮膚の上に止まったことで、毛穴内部に脂質が溜まってしまっている状態です。クレンジング・洗顔・ケアと言った基本的なケアでターンオーバーを正常に戻す必要があります。過剰に皮脂を分泌する肌質であった場合は、皮脂の分泌を抑える洗顔剤などがおすすめです。逆に乾燥肌であれば、乾燥による炎症を予防するために、皮脂を過剰分泌している場合もありますので、その場合は保湿成分が配合された洗顔剤を選びましょう。
毛穴の黒ずみには、毛穴の開きすぎによる陰影によるものもあります。引き締まった毛穴であれば視認出来るものではありませんが、毛穴も開き過ぎると目に見えてしまい、凹凸の加減から出てくる陰影が毛穴の黒ずみに見えてしまうこともあります。その場合は、皮膚のたるみが原因なので、保湿とエイジングケアが出来る洗顔剤を選ぶと良いでしょう。
最後に、黒ずみ毛穴に見えてしまう原因とされているのが色素沈着です。紫外線や肌へのダメージが原因でメラニンが発生し、毛穴に出来ると黒ずみ毛穴に見えてしまうこともあります。この場合は、日焼け止めで紫外線を予防し、ビタミンCなどの抗酸化作用で体内から刺激に強い肌を作るケアが必要になります。

毛穴ケア(改善)におすすめの洗顔剤の選び方

Hygiene Spa Soap · Free photo on Pixabay (100517)

毛穴ケアや毛穴の問題を改善するのに必要な成分や洗顔剤を簡単に紹介しました。しかし、先ほど紹介した成分が配合された洗顔剤で条件を絞ったところで、洗顔剤の種類はまだまだあります。では、毛穴の悩みにアプローチ出来る洗顔剤を選ぶのはもちろんとして、どのような洗顔剤を選べば良いのか、洗顔料の洗浄力やタイプなどで変わる特徴を紹介しましょう。

選び方①悩みの原因で選ぶ

Woman Beautiful Girl · Free photo on Pixabay (103944)

まずは、先ほども紹介した通り、毛穴の悩みの原因をケア出来る洗顔剤を選ぶ方法です。毛穴の黒ずみや角栓や黒ずみには酵素や泥成分を含んだ洗顔剤、毛穴の開きやたるみには保湿成分が配合された洗顔剤、紫外線や外部刺激からくる毛穴であれば抗酸化作用のある洗顔剤や抗炎症作用のある洗顔剤を選ぶようにしましょう。

選び方②肌に合った洗浄力と成分で選ぶ

Background Wallpaper Pattern · Free photo on Pixabay (100515)

続いて、毛穴の問題を改善してケアしても肌に合わない洗顔剤を使えば、肌荒れになってしまう場合もあります。そのため、自分の肌質に合った洗浄力を基準に洗顔剤を選ぶのもいいでしょう。まず、敏感肌やアトピー性の皮膚におすすめなのが「弱酸性」の洗顔剤です。「弱酸性」の洗顔剤は、肌への刺激が少なめな分、洗浄力が弱い傾向にあります。逆に、黒ずみ毛穴の改善が目的の人にはおすすめ出来ません。
続いて、「弱アルカリ性」の洗顔料は、洗浄力が高くしっかり汚れが落とせるので、毛穴の黒ずみや角栓の改善にはおすすめの洗顔剤です。しかし、洗浄力が高いため肌への刺激が強く、敏感肌やアトピー性皮膚の人にはおすすめ出来ない洗顔剤です。最後に洗浄力が最も優れているのが「アルカリ性」の洗顔剤です。混合肌やオイリー肌の人におすすめの洗顔剤で、「弱アルカリ性」の洗顔剤でも落ちない毛穴の黒ずみを改善するのにおすすめの洗顔剤となります。
138 件
着用アイテム