美肌菌でツルツル素顔美人に!肌の基礎力を上げる菌活のやり方!

Description
美肌菌という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ツルツルの健康美肌を目指す女性の新たな味方として今注目されているのが美肌菌です。何かと体に悪いイメージのついている菌ですが、中には健康に良い働きをしてくれる菌がいることも明らかになり、菌活という言葉まで生まれるほど注目されるようになりました。本記事ではそんな美肌菌が、どんな働きをしてくれているのか、美肌菌の増やし方や減らさないための注意点を紹介していきます。

お肌をツルツルにしたいなら美肌菌を増やそう

菌と聞くと何だか体に良くないものだというイメージがあるかもしれません。しかし美肌菌は最近の美肌の研究の中で明らかになった、増やすと大きな美肌効果を発揮する菌のことです。美肌のために色々な化粧品、化粧水を使っているのにあまり効果がない、自分に合う化粧水に出会えない、もしくはニキビや臭いに悩んでいるという女性も多いのではないでしょうか。美肌菌はそんな女性たちを救う希望でもあるのです。

そもそも美肌菌とは?

「美肌菌」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。最近言われるようになった言葉なので聞きなれない方も多いかもしれません。人間の体の中では様々な種類の菌が活動しており、人体にとって有害な菌もあれば、必要な働きをしてくれる菌もあります。有害な菌は悪玉菌、有益な菌は善玉菌と呼ばれます。その善玉菌の一種として発見されたのが美肌菌です。
善玉菌や悪玉菌と聞くと腸内や血液中にいる菌のイメージが強いかもしれませんが、実はお腹の中だけでなく、肌にも善玉菌にあたる菌が存在することが美肌の研究から明らかになってきています。肌の善玉菌は増えると美肌効果があることから、「美肌菌」と呼ばれるようになりました。最近では「肌フローラ」という言葉も聞かれますが、これは腸内フローラと同じように、肌に住んでいる善玉菌や悪玉菌、日和見菌のバランスを指します。この肌フローラを整えることが美肌につながります。

スキンケア化粧品以上の効果がある

この美肌菌が今女性の間でとても注目されています。以前から菌を取り入れて健康な体を目指すものとして「菌活」という言葉が使われていましたが、最近では美肌菌を育てることで肌を綺麗で健康にする「菌活」を始める女性が増えています。というのも、この美肌菌には一般に効果があると言われる、スキンケア化粧品以上の効果があるといわれているのです。
今まで美肌を目指すためのスキンケアの方法と言えばもっぱらコスメ選びで工夫するか、化粧水などのスキンケア化粧品を使う方法でした。しかし、スキンケア化粧品には成分から価格帯まで非常に沢山の種類があり、次々新しい美肌成分が発見されたり、新しい化粧品が発売されるため、違いが分かりにくく、自分に効果のある化粧品を選ぶのが非常に難しいという難点があります。美肌菌は、そんな化粧品で苦い経験をした女性たちを中心に絶大な期待を寄せられています。

化粧水よりも効果が高いのは内側からアプローチするから

とは言っても、依然としてスキンケアなら化粧水などを使うというイメージが強い一方、菌というものに対して良くないイメージや警戒感も根強いため、美肌菌が化粧水などのスキンケア化粧品以上に効果があるということは衝撃的なことです。なぜ化粧水以上の効果が見込めるかというと、美肌菌は肌へのアプローチの仕方が化粧水をはじめとするスキンケア化粧品と根本的に違うためだと言われています。
化粧水などのスキンケア化粧品は、基本的に肌に対し外側からアプローチします。肌の外から塗り込むなどして、美肌効果のある成分を外側から供給するという方法でスキンケアをしていきます。それに対し美肌菌は肌に常在している細菌で、肌の内側から分泌される成分を餌にしながら生活しており、その過程で美肌効果のある成分を生み出すなどのスキンケア効果を発揮します。美肌菌はスキンケア化粧品と反対で肌の内側からアプローチするので、内側から肌を健康にし、美しい素肌を作ってくれます。
内側からアプローチすると何故効果がより高いのかというと、見た目だけでなく内側から健康な肌の方が化粧品のノリも良く、印象に差が出るからです。素肌が綺麗な人は体内も健康だとは以前から言いますが、本当に健康な肌は化粧水や乳液などのスキンケア化粧品にそこまで頼らなくても、自ら不要になったものや保湿成分などを分泌するなどして、ある程度自力で美しさを保つことが出来るのです。そのために必要な働きをしてくれるのが美肌菌です。

美肌菌の気になる効果

今はスキンケア化粧品の代わりに美肌菌の効果に注目する女性が増えていますが、それはそれだけ素肌の美しさを意識する女性が増えたことの表れでもあります。それでは美肌菌には具体的にどのような効果があるのでしょうか。ここでは美肌菌が肌の内側からアプローチし、スキンケア化粧品以上の効果を発揮するといわれている秘密を紹介していきます。

肌の水分をしっかりキャッチ

美肌菌を増やすと、肌の表面に皮脂膜というバリアが形成され、乾燥から守ってくれます。皮脂膜とは肌の角質層で適切な皮脂分泌が行われることで形成され、天然保湿因子、細胞間脂質とともに「3大保湿因子」に数えられる、重要な美肌要素です。代表的な美肌菌である表皮ブドウ球菌は肌表面の皮脂を食べて、脂肪酸などの天然の保湿成分を排出します。その排出物と汗が混ざることで皮脂膜が作られます。
皮脂膜はこの美肌菌から排出される保湿成分から作られるため、とても高い保湿効果があり、3大保湿因子の中でも特に重要な役割を担っています。そんな皮脂膜は天然保湿因子(NMF)と角質細胞間脂質(セラミド)の上から覆いかぶさるようにして、肌の一番表面で水分をしっかり守ってくれます。

抗菌ペプチドで悪玉菌の増殖を防ぐ

美肌菌は皮脂膜を作って水分を守るだけでなく、抗菌ペプチドを作ることで悪玉菌の増殖からも肌を守ってくれます。美肌菌が繁殖している健康な肌は弱酸性なのに対し、悪玉菌が繁殖している不健康な肌はアルカリ性です。アルカリ性になってしまうと悪玉菌がどんどん増えてしまい、トラブルの原因になります。これを防いでくれるのが美肌菌が作る抗菌ペプチドです。

抗炎症効果

肌の悩みと言えば乾燥だけでなく、カサカサ肌やニキビなどの炎症に悩む女性も少なくありません。美肌菌にはこのような炎症を防ぐ効果もあります。ニキビは代表的な日和見菌の一つであるアクネ菌が毛穴の中で皮脂を食べ、脂肪酸を排出することが原因で発生します。黄色ブドウ球菌などの悪玉菌は、その他の炎症や肌のかゆみを引き起こします。美肌菌を増やし、活性化させることでこのような日和見菌や悪玉菌が活性化するのを防いでくれるので、炎症が起きにくい綺麗な肌を作ってくれます。

美肌のための第一歩!美肌菌を増やす方法

このように美肌効果があるとして非常に注目されている美肌菌ですが、日ごろの習慣でいくつか気を付けることで美肌菌を増やすことが出来ます。ここでは日常生活のちょっとしたことで美肌菌を増やす方法を紹介していきます。
82 件
着用アイテム