結婚式のお呼ばれゲストで訪問着はOKなの?色選びのコツや着物のマナーは?

Description
結婚式に参列する際に和服で行きたいと思っている女性も多いでしょう。そこで、結婚式にお呼ばれする場合に着る訪問着について詳しく調査してみました。訪問着とはどのような着物のことを言うのか、また結婚式に訪問着を着ていく場合はどのような点に注意すればよいのかを中心に紹介していきます。また、しっかり押さえておきたい結婚式における訪問着のマナーや、訪問着の時におすすめの髪型も長さ別にまとめました。

結婚式に着ていく訪問着のマナーを調査!

訪問着ってどんな着物のこと?

結婚式にお呼ばれした際に、着物で参列する人は少なくないでしょう。着物の種類にはいろいろありますが、中でも訪問着について詳しく見ていきましょう。まずは訪問着がどのような着物なのかということについてです。訪問着は様々なシーンで着られる着物で、さらには年齢も問わず多くの女性が着ることのできる着物です。また格式も高く、留め袖の次に格式が高いとされる準礼装・略礼装にあたるのが訪問着です。

結婚式に訪問着はマナーとしてOK?

数ある着物の種類の中で訪問着は結婚式にお呼ばれした際に着て問題ないものかも気になるところです。結論から言えば、訪問着は結婚式に適した着物であるといえます。格式的にも留め袖の次になりますから、全く問題ありません。訪問着は結婚式以外にも、子供のお宮参りや七五三などの行事ごとにも使える着物なので、1着持っていればかなり重宝します。

結婚式で着る訪問着にふさわしい色や合わせる帯は?

結婚式にぴったりの訪問着の柄

訪問着といっても色や柄などが着物によって様々ですから、それが結婚式に適したものなのかということも気になるところでしょう。花柄などは定番の柄ではありますが、桜などの花は「散る」イメージがありますから、おめでたい結婚式には適しません。無難なのは古典柄の訪問着を着ることです。古典柄であれば、見た目も華やかなだけでなく上品さも加わるので、まさに結婚式にぴったりの訪問着と言えるでしょう。

結婚式に適した訪問着の色

次に、結婚式にぴったりの訪問着の色についてです。着物は色もかなり豊富ですが、結婚式に着ていく訪問着となれば、色についてもしっかり考えておかなければいけません。大前提として花嫁よりも目立ってしまうような訪問着は着ないことです。色で言えば派手すぎる色味はNGとなりますから、淡い色身であるピンクや水色や薄黄色などの色味を選ぶといいでしょう。また淡い色であれば上品さがさらに引き立ちます。

訪問着に合わせる帯

着物に合わせる帯も訪問着を着るうえでは大事なポイントです。着物と同じように帯にもいくつか種類があります。その中でも結婚式にふさわしく、訪問着と合わせるとよい帯が袋帯といわれるものです。袋帯は訪問着だけでなく留め袖や色無地などの着物にも使える帯です。この袋帯を使って二重太鼓を結べば、訪問着のコーディネートや着方としてはばっちりでしょう。

結婚式に適した訪問着に合わせる小物類

訪問着に合わせるバッグは?

訪問着などの着物を着る場合にはそれに合わせる小物類もおしゃれにしたいものです。まずバッグについてですが、普段着用のバッグを合わせることはまずやめましょう。訪問着などの着物とは全く合いません。訪問着を着る場合には、必ず着物用のバッグを持つことが大切です。また、結婚式というシチュエーションですから、着物用バッグでもあまりにも大きいものだと雰囲気とマッチせずおしゃれではありません。
ただ、着物用のバッグは小さくてあまり物が入らないというのが難点です。その場合は画像ほどの大きさくらいのバッグであれば結婚式のような場面でも使えるのではないでしょうか。一番良いのは、着物用の小さめのバッグを結婚式に持っていき、それに入りきらない荷物は普通のバッグに詰めてクロークに預けておくことです。結婚式会場では小さいバッグだけを持っていた方が、見た目もスマートでおしゃれですし上品です。

訪問着に合わせる草履は?

訪問着などの着物を着る場合の足元は草履を履くと決まっていますが、草履のデザインにも気を付けましょう。まずは着る訪問着との色味が合っているものを選びます。同系色でなくても相性の良い色味であることが大事です。また、結婚式という場面で訪問着を着る場合は、かかとが高い草履を選びましょう。かかとが高いものはフォーマルなものだとされていますし、着物の裾が長いことを考えてもかかとが高めの方が良いです。

結婚式で訪問着を着る場合に気を付けるべきマナーは?

季節に合った訪問着を着ること

次に訪問着を結婚式に着ていく場合のマナーについてです。着物は季節によって着る種類が違います。袷、単衣、絽、紗と着物の生地感が異なります。10月から5月頃に着るのが袷、5月6月9月10月に着るのが単衣、6月から9月にかけては絽や紗の着物を着ます。結婚式が行われる季節を考えて、着る訪問着を選ぶ必要があります。例えば、真夏の結婚式に袷の訪問着を着ていくことは、着物のマナーとしてはNGなのです。
58 件
着用アイテム