前髪のコテ・アイロン・カーラーでの巻き方や流し方!失敗しない簡単な方法まとめ

Description
前髪をふんわりさせたり、斜めに流したいと思っても、中々上手に出来ないものです。ストレートアイロンを使うと前髪がまっすぐになりすぎてしまったり、アイロンやカーラーでカールが上手につかないこともあるようです。こちらでは、前髪の自然な巻き方や流し方をコテ、アイロン、カーラー別にご紹介します。また、ぱっつん前髪でも出来るアレンジ方法、人気のアイロンやコテもチェックしていきましょう。

前髪のコテとアイロン・カーラーの違いは?

前髪のセットやアレンジは顔の印象を決めるので、前髪が上手く決まらないとテンションが下がってしまいます。そうならないためにも、前髪の巻き方や流し方をマスターしましょう。こちらでは、前髪をセットしたり、アレンジしたりする時におすすめのコテ、アイロン、カーラーのそれぞれの特徴をご紹介します。

コテならしっかりと形が作れる

コテで前髪のセットやアレンジを行うと、しっかりと前髪の形を作ることが出来ます。コテは断面が丸いので、前髪にスッと滑らせるだけで簡単にカールを付きます。柔らかい雰囲気の斜め前髪や、流行りのかき上げ風前髪にもアレンジしやすいです。前髪だけでなく、髪全体を巻く時にも便利なアイテムなので、コテは一つ持っているといいでしょう。

ストレートアイロンは小回りが利く

前髪のセットやアレンジをする時、ストレートアイロンは小回りが利いて使いやすいアイテムです。本体全体が熱を持つコテとは違って、ストレートアイロンは髪を挟むプレート部分だけが熱を持つので、髪の根元からしっかりとアイロンを当てることが出来ます。火傷の心配がないので、小回りが利いて前髪のセットがしやすいです。

カーラーは自然なカールに

自然なカールの前髪にしたい時はマジックカーラーがおすすめです。ふんわり前髪が立ち上がるので、自然な仕上がりになります。最近流行りのシースルー前髪や定番の斜め前髪、女性らしいスタイルのかき上げ風前髪もマジックカーラーで簡単に出来ます。短めのぱっつん前髪はコテやアイロンを使うのが難しいですが、マジックカーラーなら火傷の心配もなく前髪をセット出来ます。

前髪の巻き方・流し方【コテ編】

毛先をゆるく巻いたり、ボリュームを出したりと髪のアレンジに幅広く使えるコテは女性の必須アイテムです。コテを使えば、前髪を斜めに流したり、ふんわり巻いたりすることが出来ます。こちらでは、コテを使った前髪の流し方、巻き方についてご紹介します。

コテの巻き方・流し方①前髪を3束に分ける

前髪は毛量が少ないので一気に巻いてしまう方も多いですが、コテを使って前髪を巻く時は前髪を3束に分けましょう。一気に巻いてしまうとカールがつく部分とつかない部分が出てしまい、バランスの悪い仕上がりになってしまいます。巻きムラなしでしっかりとカールをつけたい時は前髪を3束に分けて巻きましょう。

コテの巻き方・流し方②ひと束ずつ巻いていく

前髪を3束に分けたら、一束ずつコテで巻いていきましょう。前髪をコテで巻く順番は真ん中の毛束から始めます。真ん中の毛束を巻いたら、左右の毛束を順に巻いていくと全体のバランスが取りやすいです。毛先3分の1を巻くようにすると自然なカールの前髪に仕上がります。

コテの巻き方・流し方③前髪の形を整える

32mmコテを使った前髪の巻き方(くるん前髪)

3束に分けた前髪を巻き終えたら、最後に前髪のトップの毛を上に持ち上げてまきましょう。トップにボリュームが出てふんわりとした自然な前髪に仕上がります。最後に手櫛で前髪をほぐして馴染ませたらふんわり前髪の完成です。

コテを使うときのポイント

コテを使って前髪を巻く時のコツは、巻きすぎないことと途中でコテを止めないことです。前髪を根元から巻いてしまうとぐりんぐりんのカールになってしまうので、毛先3分の1を意識してコテを滑らせるようにして使いましょう。コテの設定温度や巻き方も意識すると失敗がありません。

ポイント①コテの温度は120〜140℃にする

最近のコテは温度調節が出来るものが多いですが、おすすめのコテの設定温度は120〜140℃です。前髪は毛束に分けて髪を巻くので毛量が少ない状態でコテを当てます。この状態で温度が高いコテを使うと髪を痛めやすいので、低めの設定温度でコテを使いましょう。髪質や痛みの状態でコテの温度は調整するのがおすすめです。
99 件
着用アイテム