オフィスカジュアルにぴったりの靴の選び方!どこまで許される?

Description
オフィスカジュアルにふさわしいレディースの靴についてまとめました。ぺたんこ靴やスニーカー、パンプスなど色々な種類の靴がありますがオフィスカジュアルにふさわしいのはどれなのでしょうか。オフィスカジュアルに最適な靴の素材やブランドについても要チェック。歩きやすいレディースの靴かどうかもオフィスカジュアルの靴選びでは重要になります。オフィスカジュアルにぴったりな歩きやすいレディースの靴を見つけておしゃれを楽しみましょう。

オフィスカジュアルに合う靴の選び方を紹介!

オフィスカジュアルスタイルを楽しみたい時に大切になるのが靴。靴の色や素材によってオフィスカジュアル全体の雰囲気が変わってくるので、きっちり感を出したい時は靴の選び方にこだわってみましょう。トップスやボトムスはOKでも、靴の選び方が間違っているとオフィスカジュアル感が薄れてしまいます。おしゃれなオフィスカジュアルに仕上げる為には、それにふさわしい靴を取り入れるようにする事が鉄則。パンプスやぺたんこ靴など、オフィスカジュアルにぴったりな靴を活用してコーデを組み立てませんか?
今回は、オフィスカジュアルに合わせたい靴の色や素材、おすすめのブランドについてまとめました。オフィスカジュアルにふさわしい素材や色の靴を使う事で、全体にきっちりとした印象を与えるのがコーデのコツ。また、歩く事が多いオフィスカジュアルスタイルでは歩きやすい靴であるかどうかも重要になります。歩きやすいのに加えておしゃれなブランドで靴を探して、オフィスカジュアルに役立てていきましょう。人気ブランドであれば、オフィスカジュアルに最適な素敵な靴が見つかるはずです。

オフィスカジュアルの靴選びは悩む?

High Heels Shoe Footwear - Free photo on Pixabay (190667)

オフィスカジュアルコーデにしたい時、靴の選び方に迷ったことはありませんか?「トップスやボトムスは決まったけど、靴はどうしよう?」と色や素材に迷う場合はよくあります。レディースのオフィスカジュアルに慣れていない時は、どのようなタイプの靴であれば良いのかも判断つかないという事があるのではないでしょうか。パンプスぺたんこ靴、スニーカーなど靴の種類は様々。その中から歩きやすいのに加えてきっちり感が出るおしゃれなオフィスカジュアルの靴を選ぶにはポイントを押さえておく事が大切です。
履く頻度が高いオフィスカジュアル用の靴は、色々なファッションに合わせやすいかどうかも重要。着回し力の高い靴の方が色々なシーンで役立つので便利です。オフィスカジュアル用の靴を選ぶ時には歩きやすいかどうかも悩みの種になります。人気ブランドのおしゃれな靴だったとしても、歩きやすいタイプでないと大変。通勤途中で足が痛くなったり、外回りの時に歩けなくなったり、といったようなトラブルが起きかねません。その為、オフィスカジュアル用の靴を選ぶ時は歩き安さも重視しましょう。

オフィスカジュアルに合う靴の選び方【NG編】

Parquet Shoes Pumps - Free photo on Pixabay (190669)

オフィスカジュアル用の靴の選び方には色々ありますが、まずは避けておきたいNGポイントから見ていきましょう。オフィスカジュアルには一定のルールがあり、それに合わせた靴の選び方をしておかないと規則違反になってしまう事があります。
会社によって靴や洋服のルールは変わってきますが、それに加えて一般的にNGとされているポイントからまずは把握しておくと安心。知らない間に一般常識から外れた靴をオフィスカジュアルに合わせていたら大変です。「あの人、非常識なのかな」と周りから思われない為にもNGな靴をチェックしておきましょう。

スニーカーやスポーツサンダル

Alone Feet Shoes - Free photo on Pixabay (190670)

オフィスカジュアル用の靴として避けておきたいのがスニーカーやスポーツサンダル。きっちりとした印象を与える事が大切なオフィスカジュアルに置いてスニーカースポーツサンダルといったカジュアルな靴はあまり歓迎されません。特にスポーツサンダルはフォーマル感が全くないので避けてください。
ただし、会社によってはスニーカーがOKな場合もあります。妊娠中などでヒールを履くのが困難な時など、状況に合わせてスニーカーが大丈夫というパターンも多いのでそういった場合はオフィスカジュアルにふさわしいスニーカーを使っていきましょう。

カジュアル・ハードすぎるブーツ

Boots Footwear Rustic - Free photo on Pixabay (190672)

オフィスカジュアルにブーツを合わせたい場合、カジュアル過ぎるデザインは避けましょう。ウエスタンブーツなど、カジュアルなデザインのブーツをオフィスカジュアル用の靴として使うと浮いてしまいます。また、スタッズが付いているなどハードなモチーフのあるブーツもオフィスカジュアル用の靴としてはふさわしくありません。オフィスカジュアルでブーツを取り入れたい場合は、なるべくシンプルで装飾が付いていないタイプを選ぶのがベストです。過度な装飾はオフィスカジュアルの靴としてはNGなので気をつけてください。

カジュアル素材

Snow Boots Winter - Free photo on Pixabay (190671)

オフィスカジュアル用の靴を選ぶ時は素材にも注意しましょう。形やデザインが良かったとしても、カジュアル過ぎる素材の靴は倦厭されます。オフィスカジュアルでは、ジーンズなどのカジュアル感のある素材はNG。普段使う靴のような素材は避けてください。スエードやエナメル、レザーなど、フォーマル感のある素材の靴がオフィスカジュアルにはふさわしいとされています。上品でエレガントな素材を選び、レディースオフィスカジュアルを作っていきましょう。靴の素材1つで全体の印象が決まってきます。

派手な柄・色

Fashion High Heels Shoes - Free photo on Pixabay (190675)

オフィスカジュアルスタイルに派手な色や柄の靴を持ってくると悪目立ちしてしまいます。こうした派手な柄や色の靴は避けて、なるべくシンプルな靴を選ぶようにしましょう。個性を引き立て過ぎるのはオフィスカジュアルではNG。靴も同様で、あまりにも個性的なデザインだと相手の印象が悪くなってしまう事があります。そうならないように、落ち着いた風合いの靴をオフィスカジュアルに合わせるようにしてください。柄物を使いたい時は、オフの日にしておいた方が無難です。

オープントゥ

Parquet Shoes Pumps - Free photo on Pixabay (190676)

オープントゥの靴はカジュアル感があるので、オフィスカジュアルにはあまりおすすめ出来ません。フォーマル感をしっかり出したい時はオープントゥの靴は避けておきましょう。ただし、企業によってはオープントゥの靴でも大丈夫な場合があるので社内の規則や他の人の様子を確認しておくのがおすすめです。オープントゥの靴がOKな時は、ペディキュアの色に要注意。派手なペディキュアだとオフィスカジュアルにそぐわないので気をつけてください。また、汚い爪だとだらしな印象になるのでそういった部分も注意が必要です。

ミュール

Shoes High Heels Wedding - Free photo on Pixabay (190694)

97 件
着用アイテム