初心者向けピンクアイシャドウの使い方!奥二重や一重さんのコツを解説

Description
一重や奥二重さんでも大人可愛く仕上がるピンクアイシャドウの使い方をまとめました。一重や奥二重の場合、ピンクアイシャドウを単色で使うと腫れぼったく見えやすいのが悩み所。ピンクアイシャドウでナチュラルに大人可愛くみせるポイントをチェックしておけば、一重や奥二重でも綺麗に仕上げる事が出来ます。ナチュラル感が魅力の単色プチプラピンクアイシャドウもご紹介するので、日々のメイクに役立ててみてはいかがですか。

ピンクアイシャドウの使い方講座

「大人可愛い雰囲気のメイクを楽しみたい」という場合におすすめしたいのがピンクのアイシャドウ。アイシャドウにピンク色を使うだけでナチュラルな大人可愛い印象を与える事が出来ます。ピンクアイシャドウを使う時に大切になるのが一重や奥二重など瞼の形に合ったメイク方法を取り入れるという事。単色でピンクアイシャドウを使った方が良いのか、他の色と組み合わせた方が良いのかなど、瞼の形に合わせてメイク方法を変えていくと魅力的なピンクメイクを楽しむ事が出来るようになります。
今回は、ナチュラルに仕上がるピンクアイシャドウの使い方やおすすめのプチプラピンクアイシャドウをまとめました。単色やパレットなど、プチプラブランドにも色々な種類のピンクアイシャドウがあるので活用してみると良いのではないでしょうか。自分にぴったりなピンクアイシャドウを選ぶ事で大人可愛いナチュラルメイクに仕上げられます。目元を明るくキュートに見せられるピンクアイシャドウを取り入れてみましょう。

ピンクは不動の人気!

アイシャドウのカラーはバリエーション豊か。ナチュラルメイクの定番であるブラウンや、トレンド感を楽しめるオレンジなど、好みによって選ぶ事が出来るのが魅力です。様々なカラーがある中でも不動の人気を誇るのがピンクのアイシャドウ。お手持ちのアイシャドウカラーのラインナップにはピンクが入っている、という方も多いのではないでしょうか。ピンクのアイシャドウをメイクに取り入れる事でほんのりとした血色感が瞼に与えられ、魅力的な仕上がりになります。
ピンクアイシャドウと一口に言ってもその種類は様々。大人っぽいさを感じられるくすみピンクや、ピュアな魅力を引き出せるパステルピンク、ポップで可愛らしいビビットピンクなどカラーの種類によって異なる印象のメイクを楽しむ事が出来ます。単色でピンクのアイシャドウを使っても良いですし、締め色としてブラウンを使うなどの多色使いをしても素敵。ピンクアイシャドウがあるだけでメイクのやり方の幅が広がるのが良い所です。そんなピンクアイシャドウを活かして、大人可愛いメイクを楽しんでみませんか?

ピンクアイシャドウの魅力

まずは、ピンクアイシャドウの魅力から見ていきましょう。不動の人気を集めているピンクアイシャドウですが、どういった所が魅力となっているのでしょうか。ピンクアイシャドウには多くの人を惹きつける魅力があるからこそmここまで人気となっていると言えます。そんなピンクアイシャドウの魅力を活かせるようにメイクをしていけば、更に素敵な自分に変身する事が出来るのではないでしょうか。
ピンクアイシャドウの魅力をチェックして、それを引き出せるようにしていきましょう。魅力を把握した上でピンクアイシャドウを使えば、その良さを取り入れやすくなるはずです。

誰でも似合う

ピンクアイシャドウの魅力として挙げられるのが誰にでも似合うという事です。「ピンクアイシャドウは甘い印象があるから自分には似合わないかな?」と思ってしまう方もいるかもしれませんが、ピンクアイシャドウの色使いに注意すれば、様々な年代・顔立ちの人も取り入れやすくなるのがポイント。若々しくフレッシュな印象にしたい時はパステル系のピンクアイシャドウを単色で入れてみましょう。ほんのりとしたピンク色でキュートな印象を与えてくれます。
シックで落ち着いたピンクメイクならくすみピンクのアイシャドウがぴったり。オフィスでも使いやすいメイクとしてはピンクベージュを取り入れるのがおすすめです。ブラウン系の締め色を使えば目元を引き締める事が出来ます。イベントなどで個性を出したい場合にはビビットピンクのアイシャドウを使うなど、種類によって異なる印象に仕上がるので自分に最適なピンクアイシャドウを見つけていきましょう。

ナチュラルに仕上がる

ピンクは肌馴染みが良いカラーとしても知られています。瞼に塗る事でナチュラルな血色感を目元に与え、魅力的な仕上がりになるのがピンクアイシャドウの良い所。「大人可愛いメイクにしたいけど、なるべくナチュラルにしたい」といった場合にもピンクアイシャドウを使ってみてはどうでしょうか。ナチュラルメイクと言えばブラウンやベージュ系でまとめる事が多いですが、「それだとつまらないな」と感じる事も多いはずです。そんな時はピンクアイシャドウをプラスしてみましょう。
肌馴染みが良いピンクアイシャドウはブラウンとの相性もバッチリなので、2色を組み合わせていけば一重や奥二重もパッチリとした目元をナチュラルに作りやすくなります。ナチュラル感を引き立たせたい時は、シアーなピンクアイシャドウを単色で使っても素敵。ナチュラルでも大人可愛い雰囲気にしたい場合にピンクアイシャドウを使いこなしてみてください。

女性らしくなる

ピンクは、優しげで柔らかな印象を与えてくれるのも大きな魅力になります。ピンクアイシャドウをアイメイクに使う事で女性らしい雰囲気になれるのが嬉しいポイント。「顔立ちがキツく見られがちだな」といった場合にはピンクアイシャドウを取り入れてみるのがおすすめです。普段のアイメイクにピンクアイシャドウをプラスするだけで女性らしさが引き立ち、柔らかな雰囲気になれるはず。ピンクベージュなどのナチュラルなカラーなでオフィスメイクにも取り入れやすいので活用してみてはいかがですか。
ピンクアイシャドウはデートシーンに活用するのにもぴったり。普段はブラウン系のアイシャドウでメイクをまとめている人もデートなどの特別な日にはピンクアイシャドウを使ってみませんか?ピンクアイシャドウをプラスするだけで「いつもと雰囲気が違うな」と相手に思わせる事が出来るはずです。女性らしく優しげなピンクアイシャドウは男性ウケもバッチリ。気になる相手に好印象を持たれたい時に取り入れてみるのがおすすめです。

ピンクアイシャドウの塗り方【目の形別】

「ピンクアイシャドウを取り入れてみたいけど、どんなメイクをすれば良いのか分からない」という場合も多いのではないでしょうか。特に一重や奥二重の場合はピンクアイシャドウを取り入れた事で「瞼が腫れぼったく見えるようになった」という事も多いです。そうならないように、目の形別にぴったりなピンクアイシャドウの使い方を見ておきましょう。二重・一重・奥二重ではそれぞれピンクアイシャドウの取り入れ方が微妙に異なります。自分の目にふさわしいピンクアイシャドウの使い方をする事で魅力を出していきましょう。

二重さんの場合

まずは、二重さんにおすすめのピンクアイシャドウの使い方をご紹介します。二重さんは濃いアイシャドウを使うと目のインパクトが強くなり過ぎてしまうので、シアーなタイプのピンクアイシャドウを使うのがおすすめ。そうする事でインパクトを抑え、ナチュラルに魅力的な目元を作っていきます。上瞼はピンクアイシャドウを単色で塗っていきましょう。二重幅のラインに合わせてピンクのアイシャドウを塗るのがポイント。上に向かってぼかす用意していくと自然な仕上がりになります。
105 件
着用アイテム