浴衣のメイクは正統派にナチュラルで色っぽく!仕上げを失敗しないポイント

Description
浴衣にぴったりなメイク方法や崩れないポイントについてまとめました。浴衣には正統派ナチュラルメイクの方法や、色っぽいメイク方法がおすすめ。崩れないメイク仕上げのポイントを押さえておけば、ナチュラルで色っぽいメイクを一日中キープすることができるのではないでしょうか。正統派ナチュラルから色っぽいメイク方法まで、浴衣にふさわしいメイクのポイントをチェックして素敵に変身してみましょう。

浴衣なら正統派のナチュラルメイクが絶対おすすめ!

浴衣を着た日はいつもより特別な気持ちでお出かけを楽しめるのではないでしょうか。そんなお気に入りの浴衣をさらに活かすためには、メイク方法を工夫することが大切。メイク方法の良し悪しによって浴衣の印象も大きく変わってくるので、素敵な浴衣姿になるためにもメイクにはいつも以上にこだわってみてはいかがですか。浴衣にぴったりな正統派のメイクに仕上げることができれば、色っぽさもアップ。「素敵な浴衣姿だね」と、皆から言われるようなメイクのポイントをチェックしていきましょう。

浴衣にはナチュラルメイクで艶感プラス♡

浴衣に合わせたい場合は正統派ナチュラルメイクの方法を取り入れるのがおすすめ。正統派のナチュラルメイクに仕上げることで浴衣の色柄が引き立ち、魅力的になるのではないでしょうか。浴衣メイクのポイントは、あくまでも浴衣を生かすようにすることがポイント。浴衣の色柄に合わせて正統派のナチュラルメイクにすることで素敵な雰囲気をまとうことができます。また、色っぽい印象を出すためにはメイクの艶感をプラスするのも浴衣を着るときのポイントになるのではないでしょうか。

最大のポイントは素肌感を出すこと

ナチュラルなのに色っぽい浴衣メイクにするためには、素肌感を出すことが最大のポイントになります。ファンデーションを厚塗りしたり、メイクが濃すぎたりすると浴衣にそぐわない雰囲気になってしまうため気をつけましょう。正統派ナチュラルメイクで素肌感を出す方法を取り入れていけば、色っぽい雰囲気も感じられるメイクに仕上げることができるようになります。あくまでナチュラルにこだわりながら、下地もしっかり作ることで魅力的な浴衣メイクに仕上げることができるのではないでしょうか。

崩れない!浴衣ナチュラルメイクの方法

浴衣メイクで大切になるのが崩れないようにするということ。浴衣を着てお祭りなどに出かけるときは、人が多くてなかなかメイク直しをすることができないかもしれません。せっかく可愛い浴衣を着ているのにメイクが崩れてドロドロ、といったことにならないために、浴衣のナチュラルメイクは崩れない方法を意識していきましょう。崩れないメイク方法を取り入れていけば、浴衣を着た時も1日を通して快適に過ごすことができるので、ベース作りからこだわってメイクをしてみてください。

保湿はしっかり入念に

崩れないナチュラルな浴衣メイクにするためには保湿スキンケアを欠かさないようにしましょう。保湿が足りず、乾燥した肌だとベースメイクを入念にしたとしても崩れやすくなってしまいます。洗顔が終わったら、化粧水や乳液で肌を整えてください。乾燥が気になる場合は導入美容液を使う方法がおすすめ。導入美容液を使うことで化粧水の浸透力を上げることができ、普段以上にしっかりと保湿をしやすくなります。乾燥がきになる場合は、洗顔をした後に導入美容液を使ってベースを整えておきましょう。
さらにしっかりと保湿をしたい場合はパックをする方法も良いのではないでしょうか。パックをしてじっくりと保湿をしておくことによって、メイクのりが大きく変わってきます。浴衣メイクでは崩れないようにすることが鉄則。1日を通して綺麗なメイクをキープするためにも、少し早起きしてパックをしておくと良いかもしれません。このひと手間が仕上がりを左右するので怠らないようにしてみてください。

ベースメイク薄付きを意識する

崩れない浴衣メイクにする場合、ベースは薄付きを意識するのがポイント。ベースメイクを厚塗りにする方法だと、汗をかいた時に崩れやすくなってしまいます。まずは下地でメイクの土台を作ってください。下地をしっかり入れておけばファンデーションは薄付きでも大丈夫なので、崩れないメイクのためには下地が重要。下地には皮脂崩れ防止タイプを選ぶと、崩れないメイクに仕上げることができます。ナチュラルな血色感を出すために、ピンク系のコントロールカラー下地を使うのもおすすめ。お好みに合わせて選んでいきましょう。
ファンデーションは額・頰・顎といったポイントに乗せたら、中央から外側に伸ばすように薄く塗ってください。中央部分から外側にかけて徐々に薄くなるようにファンデーションを塗っていくと、ナチュラルな立体感を出すことができます。小鼻など崩れやすい場合はスポンジでしっかり馴染ませてください。目元や口元といったように良く動かす箇所はファンデーションがよれやすいので、他の部分よりも薄付きを意識することが浴衣メイクでは大切になります。

パウダーでてかりをOFF

崩れない浴衣メイクの仕上げにパウダーは欠かせません。メイクの仕上げにパウダーをふんわり乗せることによって、てかりを防ぐことができます。パウダーはナチュラルな素肌感を出すこともできるので、正統派浴衣メイクに仕上げたい時にも必須。ブラシを使って、肌全体にパウダーをのせましょう。クリアタイプのパウダーならナチュラルなし肌感を演出できます。

鼻筋などはハイライトで際立たせる

正統派ナチュラルメイクなのに、色っぽい雰囲気にするためにはハイライトを使うのがおすすめ。ハイライトを使うことで艶感と立体感が与えられ、浴衣メイクをより魅力的に見せてくれます。ベージュ系の肌馴染みが良いハイライトを鼻筋・上唇の山・あごの部分に軽く入れていきましょう。ナチュラルな浴衣メイクで気をつけておきたいポイントが、ハイライトを入れすぎないこと。入れすぎると不自然になるため、ほんのり入れる程度で仕上げてください。

浴衣メイクで仕上げる時に使いたいアイテム

Cosmetics Make Up Schmink Brush · Free photo on Pixabay (84545)

ナチュラルな正統派浴衣メイクで活用することができるメイク道具もチェックしていきましょう。ナチュラルなのに色っぽい印象に仕上げるためには、メイクの質感やカラーを意識することが大切になります。浴衣に合わせたメイクアイテムを取り入れることで、より魅力的になることができるのではないでしょうか。ファンデーションやリップ、アイシャドウなどポイントになる箇所に取り入れておきたいメイクアイテムについてまとめました。浴衣メイクで色っぽいナチュラル感を出したい時に活用してみましょう。

ファンデーション:肌馴染みの良いもの

ナチュラルな浴衣メイクに仕上げるために、ファンデーションは肌馴染みが良いものを選びましょう。肌に馴染まず、浮いてしまうようなファンデーションだと正統派ナチュラルメイクに仕上げることができません。おすすめしたいのがリキッドタイプのファンデーション。肌に馴染みやすく、ほど良い艶感も与えることができるので、正統派浴衣メイクに色っぽい雰囲気を出したい場合にぴったりなのではないでしょうか。皮脂崩れを防止するタイプの下地と合わせれば、崩れない浴衣メイクに仕上げることができるので活用しましょう。

リップ:ヌーディーカラーやピンク系

59 件
着用アイテム