一重さんにおすすめのアイラインの引き方!腫れぼったいまぶたがスッキリ!

Description
一重さんにおすすめしたいアイラインの引き方や簡単なテクニックについてまとめました。腫れぼったく見られがちな一重は、アイラインの引き方がポイント。目尻や下まぶたのアイラインの引き方のテクニックを覚えておけば、一重でも魅力的な目元に仕上げる事が出来ます。「一重でも可愛くなりたい!」という場合は、目尻や下まぶたを意識したおすすめのアイラインの引き方で垢抜けた印象を作っていきませんか?

一重のアイラインの引き方伝授

「一重だから目が小さく見える」「腫れぼったい一重がコンプレックス」と感じている方もいるのではないでしょうか。一重は確かにコンプレックスを抱きやすいですが、メイクのテクニック次第では魅力的な一重に見せる事が可能です。一重のアイメイクで注目しておきたいのがアイラインの引き方。アイラインの引き方を工夫すれば、綺麗な一重に見せる事が出来るようになります。下まぶたや目尻といったアイラインの引き方のポイントを押さえて、一重のアイメイクを楽しんでみましょう。
今回は、一重にぴったりなアイラインの引き方テクニックやおすすめのアイライナー&アイシャドウについてまとめました。一重を魅力的に見せる為にはアイラインの引き方のテクニックが必要不可欠。アイラインの引き方によって一重の見え方は変わってきます。おすすめのアイライナーもチェックして、理想のアイメイクに仕上げていきませんか?

アイラインで一重を活かそう!

「一重より二重の方が良い」と思う方もいるかもしれませんが、一重には一重なりの魅力があります。一重だからこそ出せるどこかアンニュイな雰囲気や色っぽさはアイラインの引き方がキーポイント。一重を活かしたアイラインテクニックを取り入れる事で、二重にはない女性らしさを引き出す事が出来るようになります。最近トレンドになっている韓国メイクでも一重を活かせるようなアイメイクテクニックが人気。一重を活かす事によって、自分にしかない個性を引き出す事が出来ると人気を集めています。
「一重だからどんなアイメイクをしても無駄」とは思わず、アイラインのテクニックを活用して一重のアイメイクを楽しむようにすれば、普段以上に魅力を出す事が出来るはず。アイラインの入れ方によってたれ目に見せたり、キリッとした切れ長の目に見せられるのも一重の良い所。二重にはない一重の良さを活かして、アイメイクをしてみてはいかがですか。

一重がアイラインを選ぶポイント

一重の方がアイラインを引いた場合「滲んでしまった」「すぐに取れてしまう」という事が多いのではないでしょうか。一重は二重と比べてアイランが滲んたりよれたりしやすいのでアイライナーの選び方はとても大切になります。一重だったとしても最適なアイライナーを厳選していけば1日の途中でアイラインを直す必要のなくなるのではないでしょうか。折角綺麗にアイラインが引けたとしても滲んでしまっては意味がありません。そうならないように、一重にぴったりなアイライナーを取り入れていきましょう。
現在販売されているアイライナーには色々な種類があります。同じように見えて異なるタイプのアイライナーが揃っているので、どれが自分に合っているのか考えながら選んでいく事が大切。パッケージの表記も参考にしながら、一重にふさわしいおすすめのアイライナーを見つけてみてください。

①速乾タイプ

一重のアイラインにおすすめなのが速乾タイプのアイライナー。一重でアイラインを描く時に困るのが、アイラインを引いてから瞬きをするとすぐに滲んでしまうという事です。一重は瞼が被さっている状態なので、目のキワに引いたアイラインは滲みやすくなります。一重のアイラインが滲んでしまうのは、しっかりと乾いていないのが原因。早めに乾くアイラインであれば一重であっても滲みにくくなります。そんな時は、速乾タイプのアイライナーが最適。1〜2秒で乾く速乾タイプであればすぐに滲む事が少なくなります。
市販されているアイライナーのパッケージに「速乾」と書いてある物を選びましょう。テスターがあるのであれば手の甲などにつけてすぐに乾くかどうか確認しておくのがおすすめ。擦っても滲みにくいアイライナーであれば一重でも安心して使う事が出来るはずです。

②フィルムタイプ

一重の人から人気を集めているのがフィルムタイプのアイライナー。フィルムタイプは、乾く事でアイラインが耐水性のフィルムになるのが特徴です。耐水性のフィルムになっているので、汗や水に強いのがフィルムタイプアイライナーの良い所。一重は瞼が擦れやすいので、汗や水による影響をすぐに受けてしまいます。暑い日に汗をかいたらアイラインが滲んでよれてしまった、という経験をした方も多いのではないでしょうか。そういった時の悩みをフィルムタイプのアイライナーが解決してくれるはずです。
フィルムタイプのアイライナーは汗や水に強く落ちにくいだけでなく、お湯でオフ出来るタイプが多いのも嬉しいポイント。どんなに耐久性の高いアイライナーだったとしても、クレンジングをしっかりしなければならないと瞼に負担を与えてしまいます。瞼は皮膚が薄いので刺激を受けやすく、なるべく簡単に落とせるアイライナーにする事も大切。フィルムタイプのアイライナーなら耐久性と落としやすさの2つを両立する事が出来ます。

③リキッドorクリーム

滑らかな描きやすさと耐久性の高さで人気を集めているのがクリームやリキッドタイプのアイライナー。一重のアイラインと言うとジェルタイプのアイライナーを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、ジェルタイプは意外と汗や皮脂による影響を受けやすいのでクリームやリキッドタイプのアイライナーを選ぶのがおすすめです。クリームタイプのアイライナーはナチュラルなアイラインを描けるのが魅力。アイラインを描いた後にぼかして馴染ませ、自然にパッチリとした目に見せる事が出来ます。
細く、くっきりとしたアイラインを引きたい時にはリキッドタイプのアイライナーも最適。目力を出したい場合に活躍してくれます。リキッドアイライナーは目尻のアイラインも描きやすいのも魅力。目尻のアイラインを跳ね上げてキャットラインにしたり、下げ気味に描いてタレ目にしたり、アイラインで目の印象を変えたい時にリキッドアイライナーが役立ちます。

④柔らかい色

アイラインと言うと黒を選ぶ方も多いかもしれませんが、一重のアイメイクでは柔らかな色味を選ぶのもテクニックの1つ。黒のアイライナーはインパクトがあり目力をアップしたい時に良い一方で、一重のアイメイクで取り入れるとキツイ印象を与えてしまう事があります。女性らしく優しげな目にしたい時にはブラウン系のアイライナーがおすすめ。ブラウン系の柔らかなアイライナーなら一重でもキツく見えにくく、フェミニンなアイメイクを楽しむ事が出来ます。
一重であれば、カラーアイライナーで色使いを楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。一重だからこそ、アイラインの色味が活きておしゃれなアイメイクに仕上げる事が出来ます。バーガンディーやカーキといった柔らかな色合いのカラーアイライナーなら一重でも取り入れやすいのでおすすめ。目尻にカラーアイライナーを入れるだけでも個性を引き出す事が出来ます。このようにカラーアイライナーも取り入れて一重のアイメイクを楽しんでみてください。

一重のアイラインテクニック①上まぶた

112 件
着用アイテム