トリートメントの効果的な使い方!理想の髪を手に入れるポイントは?

Description
トリートメントの正しい基本の使い方や、コンディショナーとの違いについてまとめました。トリートメントの効果を引き出して魅力的な髪になる為には、基本的な使い方のコツや正しい使用頻度を把握しておく事が大切です。洗い流さないトリートメントなど、種類によっても効果的な使い方は異なるので基本の情報を学んでおきましょう。トリートメントの効果を実感出来る正しい基本的な使い方で、髪本来の魅力を出していきませんか?

魅力的な髪になるトリートメントの正しい使い方

「魅力的なツヤのある髪にしたい!」という場合におすすめしたいのがトリートメント。自分の髪質に合ったトリートメントを取り入れる事によって、ツヤツヤとした魅力的な髪質になれると言われています。トリートメントを活用する場合に気をつけておきたいのが使い方。基本的な正しい使い方を守っていないと、折角のトリートメントの効果を引き出す事が出来ないかもしれません。そうならないように、効果を引き出す事が出来るトリートメントの正しい基本的な使い方を学んでおきませんか?
今回は、トリートメントの効果的な正しい使い方や使用頻度、コンディショナーとの違いといった基本的な情報をまとめました。トリートメントの効果を実感する為には、正しい使い方が欠かせません。ミルクタイプやオイルタイプなど、トリートメントの種類やその効果も把握して、自分にぴったりなトリートメントの種類を探してみませんか?効果的なトリートメントの使い方のコツをチェックして、魅力的なツヤ感のある髪を目指していきましょう。

トリートメントを使ってる?

Girl Hair Blowing · Free photo on Pixabay (157796)

普段のヘアケアでトリートメントは使っていますか?リンスやコンディショナーは使っていても、トリートメントは使っていないという方も多いのではないでしょうか。しかし、髪が伸びてくると、どうしても毛先が傷んでコンディショナーだけではダメージを補修出来ない場合があります。そんな時に役立つのがトリートメント。正しい使い方でトリートメントを取り入れる事で、コンディショナーでは出来なかったケアを出来るようになります。髪のパサつきなどが気になる時はトリートメントを活用してみましょう。

トリートメントの効果とは?

魅力的な髪に導いてくれるトリートメントですが、実際にトリートメントにはどういった効果があるのでしょうか。トリートメントは、髪の内部に栄養を与える効果があります。トリートメントに含まれているケア成分が髪の内部にまで浸透し、ダメージをしっかり補修してくれるのがトリートメントの魅力。正しい使い方のコツと基本的な使用頻度を守る事によって、トリートメントが美しい髪へと導いてくれます。大きなダメージを受けた髪も、トリートメントを常用すれば魅力的な髪になれるのではないでしょうか。

コンディショナーとはどう違うの?

トリートメントと似たようなヘアケア用品として、コンディショナーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。トリートメントとコンディショナーは似ているので、混同してしまう事もあるかもしれません。トリートメントとコンディショナーは基本的な効果が異なるので、正しい使い方を覚えて使い分ける事が大切です。コンディショナーは、髪の表面をコーティングしてサラサラの状態を作るケア用品。トリートメントは髪の内部にケア成分を浸透させるのに対して、コンディショナーは髪の表面のケアのみです。
この為、コンディショナーの効果が薄れると髪のパサつきが気になる場合が出てくるかもしれません。大きなダメージを受けた時は、コンディショナーよりもトリートメントを使うのがおすすめです。コンディショナーとトリートメントでは基本的な効果が違うので、欲しい効果に合わせてコンディショナーとトリートメントを使い分けましょう。

トリートメントの種類

それでは、トリートメントの種類について具体的に見ていきましょう。トリートメントと一口に言っても色々な種類があるので、自分の髪質にぴったりな種類はどれなのか把握した上でトリートメントを使うのがおすすめです。ドラッグストアのトリートメントコーナーには沢山の種類のトリートメントがある為、どれにしようか迷ってしまう場合もあるのではないでしょうか。効率的にトリートメントを探す為にも種類について学んでみてください。

種類①洗い流すトリートメント

まず挙げられる種類が、洗い流すタイプのトリートメントと、洗い流さないタイプのトリートメントです。洗い流すタイプのトリートメントは、トリートメントをつけた後にシャワーで洗い流すのが特徴。一般的にシャンプーの後に使う事が多く、この場合はコンディショナーをつける必要はありません。

種類②洗い流さないトリートメント

続いて、洗い流さないタイプのトリートメントについてご紹介します。洗い流さないタイプは、その名前の通り、シャワーで洗い流さないトリートメントの事。シャンプーやコンディショナーを使ってから洗い流さないトリートメントをつけ、あとは洗い流す必要はありません。洗い流さないタイプのトリートメントはドライヤーの熱を防ぐ効果も期待出来るので、そういった効果を得たい場合は洗い流さないタイプのトリートメントを使いましょう。

オイルタイプ

続いて、成分によって異なるトリートメントの種類についてご紹介します。トリートメントと言うと、オイルタイプのトリートメントを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。オイルタイプのトリートメントは髪にツヤを与え、ダメージを補修してくれるタイプです。

ミルクタイプ

ミルクタイプのトリートメントは、しっとりとした髪質に導いてくれるトリートメント。髪の保湿を重視したい方におすすめしたい種類です。オイルタイプはベタつく場合がありますが、ミルクタイプのトリートメントはさらっとした使い心地なのも魅力的なポイント。

ウォータータイプ

80 件
着用アイテム