ピアスを開けたいけど痛いと怖い人必見!痛みを抑える開け方のコツ!

Description
痛いと感じないピアスの開け方のコツや、痛みを感じた時の対処法をまとめました。ニードルやピアッサーといった道具を使ったピアスの開け方は初めてだと痛いと感じる事があるので、痛くないようにするコツを取り入れていくのがおすすめです。ピアッサーやニードルを当てる位置や痛みを軽減するコツを活用したピアスの開け方で痛いと感じないようにしましょう。冷やすなど、痛みを感じた時の対処法も含めて正しいピアスの開け方を学んでください。

初めてのピアッシングは不安がたくさん

Woman Desperate Sad - Free photo on Pixabay (191137)

色々なおしゃれを楽しみたい時にぴったりなピアスですが、初めてのピアスで開け方が間違っていると痛いと感じる事が多く、その為に「痛みが怖いからピアスは開けたくない」と感じている方も多いのではないでしょうか。しかしピアスの開け方のコツや痛みのない開け方を学んでおけば、痛いと感じる事なくピアスを開ける事が出来るようになります。正しい位置や道具の使い方がどうなっているのかを把握して、痛いと感じないように開け方を工夫してみませんか?痛みを感じない開け方を知っていれば、気軽にピアスを楽しめます。
今回は、ピアッサーやニードルを使った痛いと感じないピアスの開け方のコツや、痛みを感じた時の対処法についてまとめました。ピアッサーやニードルを使った開け方の場合、痛くないようにする為にはコツが必要になります。ピアスを開ける位置など、細かな所にもこだわっていけば痛いと感じずにピアスを開ける事が出来るのではないでしょうか。もしピアスを開けた後に痛いと感じるのであれば、正しい方法で対処する事も大切です。ニードルやピアッサーを使ったピアスの開け方から、痛いと思った時のケアまで学んでいきましょう。

痛いのが怖くてピアスを開けられない

Sad Girl Sadness Broken - Free photo on Pixabay (191138)

かわいいデザインが沢山あるピアスは、おしゃれとして取り入れたいと感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、ピアスを開ける時に気になるのが「痛いんじゃないかな?」「痛いと感じた時にどうすれば良いのだろう?」といった事ではないでしょうか。痛い事が気になってしまい、ピアスを開けられないという人は多くいます。
おしゃれをしたいという気持ちよりも、痛い事に対する不安が勝ってピアスを開けない人が最近は増えてきました。その為、ノンホールピアスなど、痛い思いをしなくても大丈夫なアクセサリーも沢山出ています。しかし、やはりピアスにはピアスなりの良さがあるので「やっぱりピアスの方がおしゃれなデザインが多い…」と感じる事が多いかもしれません。そんな時は、痛いと感じないようなピアスの開け方をしていきましょう。痛みを感じないようにすれば、ピアスを開ける事に対するハードルも下がるはずです。

開け方のコツを押さえれば痛みを軽減できる

Girl Woman Smile - Free photo on Pixabay (191140)

ピアスはピアッサーやニードルなどを貫通させる為、確かに多少の痛みは伴うかもしれません。痛みが怖い場合は、痛くないピアスの開け方のコツを学んでおきましょう。しっかりと開け方のコツを学んだ上でピアスを開ければ、思ったよりも痛いを感じなかったという事もあり得ます。実際にピアスを開けた人の間でも「意外と痛くないと感じた」「怖がっていたけど、それほど痛みを感じていない」といった口コミが多いので、思い切ってやってみるとすんなりピアスを開けられるのではないでしょうか。
ピアスの開け方には色々な方法があり、それに合わせたコツを取り入れる事が大切になります。どういったピアスの開け方が自分には合っているのか、考えた上で最適な方法を取り入れていきましょう。知っておきたいピアスの開け方やコツについてご紹介します。

ピアッサーを使用するピアスの開け方

People Woman Beauty - Free photo on Pixabay (191141)

ピアスの開け方としては、ピアッサーを使う方法とニードルを使う方法があります。それぞれメリット・デメリットがあるので、ピアッサーとニードルのどちらを使うかは自分がやりやすい方を選んでください。まずは、ピアッサーを使ったピアスの開け方から見ていきましょう。ピアッサーを使った方法はスタンダードなピアスの開け方です。ファーストピアスが予め装着してあるので、ピアッサーで穴を開けたらそのままピアッサーを入れられるのが魅力。簡単にピアスを開けたい時に人気を集めています。
ただし、ピアスの穴を開ける為にファーストピアスを使うピアッサーは、耳たぶを押し潰して穴を開けるという形になるので、ピアスホールが綺麗に開かない場合があると言われています。また、ピアッサーの使い方によってはピアスホールが安定せず、なかなかファーストピアスが外せないという場合も。こうしたデメリットがありますが、正しいピアッサーの使い方をしていればほとんどは問題ありません。ピアスホールが安定するまで数ヶ月かかりますが、ケアをしておけば痛くないようにできます。

必要な道具

それでは、ピアッサーを使ったピアスの開け方に必要な道具を見ていきましょう。ピアッサー以外に必要となる道具が消毒液です。ピアスを開ける時、消毒液は道具として欠かせません。ピアッサーで穴を開けるという事は耳たぶに傷をつけるという事なので、そこから最近が入り込んでしまう可能性があります。その為、消毒液は道具リストに必ず含めてください。ピアッサーにはファーストピアスが装着されているので、別個でファーストピアスを道具として準備する必要はないです。これらの道具を準備してピアスを開けましょう。

開け方①耳を消毒する

初めてピアスを開ける時に忘れないようにしておきたいのが、ピアスを開ける位置の消毒です。ピアスを開ける位置の消毒が十分でないと、ピアスを開けた穴から細菌が入り込んでしまうかもしれません。細菌が入り込むと痛みが出てくる場合があるので要注意。しっかりと消毒が出来る消毒液を準備して、十分に消毒するようにしてください。

開け方②位置をマーキングする

次に、ピアッサーでピアスを開ける位置をマーキングします。初めてピアスを開ける場合、どの位置にマーキングをするか迷うかもしれません。初めての場合は、耳たぶの中央くらいの位置が良いでしょう。下過ぎる位置だとピアッサーが通しにくいと言われているので、初めての人にはハードルが高いと思われます。また、耳たぶの中央の位置の方が痛くないともされている為、初めてであるならこの位置でマーキングをするのがコツ。後で分からなくならないように決めた位置でしっかりマーキングをしてください。

開け方③ピアッサーを押す

ピアスを開ける位置を決めたら、ピアッサーをその部分に当てます。初めての時は緊張するかもしれませんが、ピアッサーでファーストピアスを貫通させるのは一瞬。あまり気負いせず、気軽にピアッサーを使うような気持ちで使いましょう。ピアッサーを当てたら、一気に押し込んでファーストピアスを貫通させます。ピアッサーを押した時のカチッという音は意外と大きいのでびっくりしないようにしてください。ピアッサーを外したらファーストピアスの装着の完了です。

ピアッサーでピアスを開けるコツ

ピアッサーを使って、初めてピアスを開ける時のコツについて見ていきましょう。ピアッサーを使う時のコツは、耳たぶに垂直になるようにピアッサーを当てるという事です。耳たぶに垂直にならないと、ピアスホールが安定しづらく、時間がかかってしまうので気をつけてください。また、ピアスホールが安定した後も穴が垂直でないとピアスが入れづらいので、そういった意味でも注意が必要です。
ピアッサーを当てる時は肘を固定して、ブレないようにするのも開け方のコツ。開ける時にピアッサーがズレたら、思っていた位置と違う位置にピアスホールが開いてしまうかもしれません。初めての場合は躊躇してしまうかもしれませんが、躊躇せずに一気にピアッサーを押す事が重要です。一気に押し込まないとピアッサーがブレてしまう事があるので、思い切って押し込んでください。
91 件
着用アイテム