【トリートメント】市販のおすすめ人気ランキング!口コミや効果も紹介

Description
髪の毛をサラサラにしてくれるのが気持ちよくて、トリートメントを使っている方は多くいるのではないでしょうか。そんなトリートメントは豊富な種類が市販されており、どれを選んでいいのか悩んでしまいがちです。ここでは市販されているトリートメントの選び方やおすすめアイテムをまとめ、ランキング形式でご紹介致します。洗い流すタイプから流さないトリートメントまで、人気を集めるおすすめトリートメントの口コミなどもチェックしましょう!

市販でおすすめのトリートメントは?

髪の毛のパサつきを抑え、痛んだ髪を補修してくれる魅力的なヘアアイテムのトリートメント。そんなトリートメントもヘアサロンだけでなく、市販で手軽に購入出来るアイテムが多く発売されています。市販のトリートメントでも本格的で、まるでサロンのトリートメントのような効果が実感出来る、と言う口コミで人気を集めるトリートメントも数多く登場しており、どれを選んでいいのか悩みがちです。

市販で買えるトリートメントの種類とは?

市販で手軽に購入出来るトリートメントも髪の悩みに合わせて使い分け出来るように種類があり、ヘアマスクやヘアパック、そしてヘアオイルなど呼び名はさまざまです。メーカーによって多少違いはありますが、どれもトリートメントの種類に含みます。選び方として使い心地や香りで決めてしまっても良いですが、それぞれトリートメント効果の特徴がありますので、悩んでしまったら口コミサイトなどを参考にするのもおすすめです。

市販で買えるトリートメントでしっかりダメージ補修

トリートメントが髪に良いのは知っているけれど、面倒で使っていないという方も多くいるようです。しかしながら日々のドライヤーやカラーなどに加えて、紫外線でも髪の毛は痛んでしまいます。痛んでしまった髪をそのままにしておくと、枝毛や切れ毛の原因となってしまい、髪がゴワついたり、ツヤがなくなってしまいます。それを防ぐためにもトリートメントを効果的に導入し、しっかりと髪もダメージケアしてあげましょう。

市販のおすすめ人気のトリートメントの選び方

いざトリートメントを買いに行こうとしても、市販のトリートメントも種類が豊富で、どれを選ぶべきか悩んでしまいがちです。そこで選び方のポイントとして、「洗い流すタイプ」と「洗い流さないタイプ」との2種類をまず分けてみるのがおすすめです。洗い流すタイプと洗い流さないタイプとでは、髪への役割と効果が違ってきます。そのためまずは自分の髪質やお悩みに合わせてどちらを選ぶべきか、選び方をチェックしていきましょう。

内部から補修したいなら洗い流すタイプ

まず選び方のポイントですが、インバスケアで使う洗い流すトリートメントの効果として、痛んでしまった髪の毛の内側からダメージを補修してくれる効果が期待出来ます。主にシャンプーをしたあとの濡れた髪になじませてから洗い流すタイプです。濡れた状態の髪はキューティクルが開いており、トリートメントの成分がより浸透しやすくなりますので、髪に栄養と必要な水分量を保持させる補修効果が高いとされています。ダメージ補修を優先するのであればこちらがおすすめです。

外部を保護したいなら洗い流さないタイプ

アウトバストリートメントである洗い流さないタイプの特徴として、髪の毛のコーティング効果が高いことです。お風呂あがりやドライヤーの前に使用することで、髪から水分や栄養素が逃げにくくし、またドライヤーの熱や日中の紫外線からもコーティング効果で髪をダメージから守ります。インバストリートメントよりも油分が多いのも特徴で、髪がしっとりまとまり、効果を感じられやすいとも言われています。トリートメントの選び方ポイントとしてチェックしておきましょう。

市販のトリートメントのおすすめの使い方

トリートメントの選び方をチェック出来たら次は効果的な使い方をご紹介致します。洗い流すトリートメントも洗い流さないトリートメントもちょっとした手間をかけることで、トリートメントの高い効果を引き出すことが出来ますので、髪に必要な栄養素や水分を補い、誰もが憧れるサラサラでしっとりとした髪へ導いてくれます。せっかくトリートメントを使うのなら、手間を惜しまずその効果を最大限に活かしましょう。

トリートメント後に蒸しタオルで髪の毛を蒸す

Bathroom Towels Flowers · Free photo on Pixabay (113325)

シャンプーを丁寧に行い、髪の毛や頭皮の汚れを落とし、清潔な状態にしてからトリートメントを使用します。タオルドライが必要な場合も、ガシガシと強くタオルで拭いてしまうと、髪同士の摩擦でダメージを負ってしまいますので、タオルで髪の毛を挟み込むようにして、優しく水分を取りましょう。そしてトリートメントを毛先から中央くらいを目安になじませ、蒸しタオルで頭を包み込みましょう。
蒸しタオルは、ホットキャビンがあれば便利ですが、もしなければ電子レンジでも簡単に作れます。水に濡らしたタオルを硬くならない程度に絞り、おしぼりのようにクルクルと丸めます。丸めたタオルをレンジへ直接入れ、500wで1分加熱をして様子をみてください。電子レンジで蒸しタオルを作る際は火傷に十分気をつけて扱うようにしましょう。洗い流さないトリートメントをなじませている間に蒸しタオルを作っておくと時間の効率も良いのでおすすめです。

シャワーキャップを被って15分程度置く

Time Timer Clock · Free photo on Pixabay (113337)

インバストリートメントに効果的な方法として、シャワーキャップを使うのがおすすめです。シャンプーで清潔にした髪にトリートメントをつけ、そのままシャワーキャップをかぶってしまいます。シャワーキャップには保温性があり、髪が温められることによりキューティクルが開きますので、トリートメントのダメージ補修成分が髪の内側まで浸透しやすくなります。そしてそのまま15分ほど置いてから洗い流しましょう。置いている間に湯舟につかれば全身もあたたまりますのでおすすめです。

良く洗い流す

Shower Head Water Drop Of · Free photo on Pixabay (113936)

124 件
着用アイテム