日焼け止めの綺麗な落とし方!肌トラブルを起こさないクレンジングの注意点

Description
日焼け止めは日焼け防止には必須のアイテムではありますが、その落とし方を間違ってしまうと、紫外線から守ってあげた肌がトラブルを起こしてしまうことになりかねません。日焼け止めには、商品によって落とし方が異なっているため、日焼け止めを買う際には必ずチェックしておく必要があるのです。そこで今回は、日焼け止めの基本的な落とし方に加え、日焼け止めのタイプ別の落とし方なども紹介します。さらには、おすすめの日焼け止めのランキングもまとめましたので、購入する際の参考にしてみましょう。

日焼け止めの落とし方♡綺麗に落とすためのhowto

夏になると女性としては日焼けが気になります。毎日日焼け止めを顔や体に塗って、日焼け対策をしている人が殆どでしょう。毎日塗っている日焼け止めはしっかり綺麗に落とせているでしょうか。正しい日焼け止めの落とし方をチェックしましょう。

日焼け止めってどうやって落としてる?

日焼け止めは肌に付けるものですから、しっかり落とす必要がありますが、お風呂のついでに洗い流すという人も少なくないのではないでしょうか。しかしそれでは落としきれていない場合もあるようです。顔や体にしっかりついた日焼け止めは、肌のためにも正しく落とさなければいけません。

日焼け止めが肌に残るとどうなるの?

日焼け止めはメイクのように色が付くものではありませんから、顔や肌に塗ってしまうと塗ったかどうかは見た目では分かりません。ですから、ついつい日焼け止めの落とし方を適当に済ませたりしてしまったりするのです。しかしそれでは顔や体に日焼け止めが残ってしまうことになります。落とし切れていない場合はニキビなどの肌トラブルを起こす原因になってしまい、肌が荒れてしまう結果になってしまいます。

日焼け止めの購入時は落とし方を確認して

日焼け止めは、クレンジングが不要なものや専用のクレンジング剤が必要なものなど様々です。日焼け止めを購入する際には、その日焼け止めの落とし方がどのようなものなのか、落とし方が自分にとって簡単かそうでないか、などを購入前にしっかりチェックしておく必要があります。日焼け止め別の正しい落とし方をすることで、肌トラブルを回避することができるのです。

【顔】日焼け止めの落とし方

まずは顔に塗った日焼け止めを綺麗に落とす方法を見ていきましょう。実は日焼け止めのタイプによっては落とし方が全く異なってきます。また、顔は肌トラブルを特に回避したいですから、落とし方にはより気を付けたいところです。

お湯で落ちるタイプの落とし方

メイク道具などにもお湯で簡単にオフできるものなどが出ているように、実は日焼け止めにもお湯で落とすことができるものもあるようです。お湯で落とすタイプは、日焼け止めの中でも肌に優しいものが多いです。肌に優しくてもしっかり紫外線から肌を守ってくれるとあって、肌の弱い赤ちゃんにも最適な日焼け止めです。そんなお湯で落とせるタイプの日焼け止めの落とし方を見ていきましょう。
お湯で落とせるタイプの日焼け止めの落とし方ですが、お湯で流すだけでサッと日焼け止めを落とすことができます。日焼け止めを落とすのは、おそらく1日の終わりにお風呂に入る時かと思われますが、肌には目には見えない埃や汚れも付着していますから、普段しているようなメイククレンジングと洗顔をすれば、このタイプの日焼け止めはしっかりと落とすことができます。

クレンジングが必要なタイプの落とし方

次にしっかりとクレンジングが必要な日焼け止めの落とし方です。「クレンジング剤で落としてください」と書いてあっても、果たして普段使っているようなメイク落としなどのクレンジングで落ちるのかどうかが気になります。日焼け止めのタイプによって、落ちやすいクレンジング剤と落ちにくいクレンジング剤があるようですから、日焼け止めとクレンジング剤の相性をしっかり知っておかなければいけません。
使っている日焼け止めがクリームやジェルやミルクタイプの場合は、使うクレンジング剤も同じようにクリームタイプやミルクタイプにすると良いでしょう。オイルタイプだとクレンジング力が強すぎて肌に負担がかかってしまう可能性があります。逆に、しっかりめに日焼け止めを塗る方はウォータープルーフタイプの日焼け止めを使う人が多いですが、その場合はオイルクレンジングなどを使ってしっかり落とすと良いです。

専用クレンジングが必要なタイプの落とし方

次に、専用のクレンジング剤が必要な日焼け止めの落とし方についてです。専用のクレンジングが必要な場合は、わざわざ普段使いの物とは別に買う必要があるので、少し面倒ではあります。しかし、しっかり落とすためには必要なことです。専用のクレンジング剤が必要な日焼け止めを買う場合は、日焼け止めを買った時と一緒にクレンジング剤も買ってしまうのが良いです。
その落とし方は専用のクレンジング剤によっても異なりますので、説明書を読んで正しい落とし方をしましょう。ちなみに、専用のクレンジング剤が必要な日焼け止めはかなり強力ですから、それを落とすクレンジング剤もかなり強力です。そのため洗うことで肌に負担がかかってしまうことは避けられません。日焼け止めを買う際には、専用クレンジング剤が必要なものではないかどうかも選ぶ基準にしておいた方が良いです。

顔用におすすめのクレンジングは?

顔に塗った日焼け止めを落とすのにおすすめのクレンジング剤を紹介しておきましょう。体に塗るものよりも、顔に塗る日焼け止めの方が成分や落とし方などに気を遣う人が多いでしょう。顔に塗るタイプはクリームやジェルタイプの物を選んで、クレンジングしやすいものを選ぶと良いです。そしてクレンジング剤も、こちらのキュレルなどの敏感肌にも使えるような、肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。
逆に、顔にもしっかりと日焼け止めを塗りたいという人には、クレンジング効果の高いクレンジング剤が必要になってきます。こちらのカバーマークのクレンジング剤はオイルタイプなので、ウォータープルーフの日焼け止めを落とす際にも使うことができます。クレンジング力は強いのですが、肌に潤いを与えてくれる成分も入っているため、クレンジングによって肌に負担がかかるということも抑えられます。

【体】日焼け止めの落とし方

次に体に塗った日焼け止めの落とし方です。顔は慎重に落としても体は少し適当になっている人もいるでしょう。しかし、体の皮膚も肌トラブルを起こしますから、顔同様正しい落とし方をしましょう。

基本的には顔と同じ落とし方でOK

基本的な落とし方は、先ほど上で紹介したように顔に塗った日焼け止めの落とし方と同じです。体に塗る日焼け止めに関しても、落とす方法がどのようなものなのかということを顔の時と同様しっかりとチェックしておきましょう。
85 件
着用アイテム