ヘアオイルの効果的な使い方!意外と知らないNGな使い方や裏ワザ!

Description
ヘアオイルの効果的な使い方についてまとめました。朝のヘアセットや夜のシャンプー前やドライヤーの前などに適量のヘアオイルを使えばツヤの髪になれると評判です。ヘアアイロンを使う時などに効果的なヘアオイルの使い方を把握しておけば髪へのダメージを抑えながら朝のヘアセットが出来るのが魅力。頭皮マッサージにも活用出来るヘアオイルの使い方をチェックして朝も夜もツヤのある髪を目指しましょう。

ヘアオイルの使い方間違ってない?正しい使い方を紹介

Oil Geranium Leaves · Free photo on Pixabay (162143)

しっとりとしたツヤのある髪質になる為に役立つのがヘアオイル。パサつきがちな髪もヘアオイルを朝や夜のヘアセットに使う事でツヤツヤな状態になれるのではないでしょうか。しかし「ヘアオイルを使うとベタつく印象がある」とういう方もいるのも事実。ヘアオイルを使ってベタつきを感じる場合は、ヘアオイルの使い方が間違っているのかもしれません。ヘアオイルは正しい使い方をする事によって、ツヤのある美しい髪に仕上げる事が出来ます。ヘアオイルの使い方を学んで、理想の髪質を目指しませんか?
今回は、ヘアオイルの使い方についてまとめました。ヘアオイルは適量を守り、正しい使い方をする事によってツヤのある髪質になる事が出来ます。アイロンを使った朝のヘアセットや、夜のシャンプー前、ドライヤーの前など使うタイミングによってもヘアオイルの使い方は微妙に異なるので、それぞれ最適な使い方でヘアオイルを取り入れていきましょう。ヘアオイルの正しい使い方を覚えておけば、朝から夜にかけて理想的な髪の状態を保てるはず。ヘアオイルを使った頭皮マッサージなどの方法もご紹介します。

ヘアオイルを使ってる?

Leaf Mint Herb · Free photo on Pixabay (162144)

毎日の朝のヘアセットや夜のシャンプー前にヘアオイルを使っていますか?ヘアオイルを使わずにアイロンを使ってヘアセットをしたり、シャンプーをする方も多いかもしれません。「髪の乾燥が気になるな」「髪がパサパサしてしまう…」という場合におすすめしたいのがヘアオイル。ヘアオイルを日々のケアに使う事によって、しっとりとしたツヤのある髪を朝から夜にかけてキープしやすくなります。今までヘアオイルを使っていなかった方も正しい使い方を覚えて朝のヘアセットや夜のシャンプーに役立てませんか?
ヘアオイルを使えば、乾燥してパサパサしてしまった髪もツヤを取り戻す事が出来るはずです。アイロンを使ってヘアセットを頻繁に行う方は熱によって髪に大きなダメージがかかっている可能性があるので、ヘアオイルの正しい使い方を覚えて髪の負担を軽減してみましょう。夜のシャンプー前やドライヤーの前にヘアオイルを使えば、翌朝にはしっとりとしたまとまりのある髪になっているはずです。頭皮マッサージにも使える便利なヘアオイルを活用していきましょう。

間違った使い方でべたついた髪になってない?

Woman Solitude Sadness · Free photo on Pixabay (162145)

「ヘアオイルを使ってみたけど、髪がベタついて思ったような仕上がりにならなかった…」という場合はありませんか?髪がベタついてしまうのはヘアオイルの使い方や分量が間違っているのが大きな原因になります。ヘアオイルは使い方が間違っていると逆効果になってしまうので気をつけましょう。正しい使い方で適量を使っていれば髪がベタつく事なくしっとりとしたツヤのある髪質へとヘアオイルが導いてくれます。分量を守り、最適な使い方でヘアオイルを取り入れていきましょう。

効果を引き出すヘアオイルの使い方を知ろう

Dress Girl Beautiful · Free photo on Pixabay (162146)

ヘアオイルの使い方は基本を覚えておけば、理想の髪に近づく事が出来るようになります。ヘアオイルの適量を守り、潤いのある髪を目指してみませんか?ロングヘアやミディアムヘアでヘアアイロンなどを日々使っていると髪がパサついてしまいがちです。そんな時はヘアオイルを使ってアイロンによるダメージを防いでいきましょう。また、シャンプー後のドライヤーにもヘアオイルを使うとまとまりのある髪にヘアオイルが導いてくれます。効果的な使い方でヘアオイルを取り入れて、みんなから褒められるような髪を目指しましょう。

ヘアオイルの効果

Girl Hair Blowing · Free photo on Pixabay (162147)

それでは、ヘアオイルにはどのような効果が具体的にあるのでしょうか。ヘアオイルには色々な効果を期待する事が出来るので、髪のパサつきが気になる場合は活用してみましょう。ヘアオイルは朝のヘアセットや夜のシャンプー前など使うタイミングは色々あるので、自分のライフスタイルに合わせた使い方でヘアスタイルを取り入れてみてはいかがですか。ヘアオイルの効果を学んで、それを最大限に引き出せるように活用していきましょう。

保湿効果がある

Portrait Woman Girl · Free photo on Pixabay (162148)

ヘアオイルの効果としてまず挙げられるのが保湿効果です。ヘアオイルには保湿成分が含まれており、それが髪に潤いを与えてくれるのが嬉しいポイント。髪は何のケアもしていないと徐々に乾燥してパサついてしまいます。髪がパサついた状態を放置していくと、まとまりのない質感になってしまうので注意が必要。正しい使い方でヘアオイルを取り入れていけば、潤いのある髪をキープする事が出来るので髪の感想が気になる時はヘアオイルを活用してみましょう。

髪を乾燥やヘアアイロン・ドライヤーの熱から守る

Woman Hair Drying Girl · Free photo on Pixabay (162149)

ヘアセットに使う事が多いドライヤーやアイロンですが、熱によって髪にダメージを与えてしまう事があります。シャンプー後、ドライヤーをかけると「髪がパサパサしてしまう…」という場合は、髪が熱によって乾燥しているのかもしれません。ドライヤーの熱から髪を守る為にヘアオイルを使えば、ドライヤー後のパサつきも気にならなくなるはずです。また、直接髪に巻きつけてヘアセットを行うヘアアイロンは、髪へのダメージも多いのが問題。しっかりとケアしておかないとアイロンによる負担が大きくなります。

髪にツヤを与える

Beauty Woman Portrait · Free photo on Pixabay (162150)

ヘアオイルによって髪に潤いを与える事によってツヤのある髪質に導いてくれる効果も期待出来ます。乾燥してパサついた髪はツヤも無くなってしまうので、そういった場合はヘアオイルを活用するのがおすすめ。ヘアオイルを日常のヘアケアに取り入れていけば、ツヤのある理想の髪質に近づく事が出来るのではないでしょうか。

髪をまとまりやすくする

Hair Portrait Woman · Free photo on Pixabay (162152)

髪が乾燥してパサついていると、まとまりも悪くなります。髪が広がってまとまらないような状態であるなら乾燥が酷くなっている可能性があるので気をつけましょう。そんな時もヘアオイルが大活躍してくれます。ヘアオイルで潤いを与える事によってしっとりとした髪質になり、まとまりも出るようになるでしょう。髪が広がりがちな方もヘアオイルを使ってケアをして、まとまりのある髪質を手に入れませんか?
髪がまとまるようになるとヘアセットも楽になるので、朝の準備も楽になります。アイロンを使ったヘアセットがあまり上手くいかない、という方もヘアオイルでまとまりのある髪質にしておけば綺麗にヘアセットが出来るはず。ヘアオイルの効果を引き出せるような使い方で活用していきましょう。
75 件
着用アイテム