浴衣にサンダルやミュールはNG?下駄以外で合う靴やコーディネートを調査

Description
夏になると浴衣を着て出かける女性が多いですが、その足元を見ると下駄ではなくサンダルを合わせている女性もちらほら見かけられるようになりました。そこで、そんな浴衣とサンダルのコーデについて調査してみました。そもそも、浴衣にサンダルを合わせることはマナーやドレスコード的にNGではないのか、また下駄以外のアイテムで浴衣と合う物や上手なサンダルの選び方、さらにはおしゃれな浴衣とサンダルのコーディネートをチェックしていきましょう。

女性が浴衣にサンダルって今はありなんです♡

夏になると花火大会や夏祭りなどの楽しいイベントが沢山あります。イベントに参加する時に、浴衣を着るという女性は多いのではないでしょうか。浴衣は和服の中でも手軽に着られる種類であるため、和服初心者の人でも着やすいです。ただ、浴衣1枚だけ持っていても浴衣コーディネートは成立せず、浴衣に合わせた帯や小物も揃えなければいけません。足元には下駄を履くのが普通ですが、それ以外のアイテムでも良いようです。

下駄は似合うけど慣れないからいイタイ

浴衣と言えば下駄を履くものと考えるのが確かに普通です。やはり和の物には和の小物を合わせるのがおしゃれです。下駄は鼻緒を足の親指とひとさし指の間に通して履く物で、また高さもあるため普段履いている靴の感覚とはまるで違います。履きやすいスニーカーなどと比較してしまうと、慣れない人にとっては下駄はとても履きにくい履物かもしれません。そのため、歩き方も当然おかしくなってしまうでしょう。
歩き方がおかしくなってしまうのも難点ではありますが、一番の問題点は足が痛くなってしまうことです。鼻緒の部分が指と擦れて皮が剥けてしまったという経験がある人もいるかもしれません。浴衣と下駄の組み合わせは確かに可愛いですが、花火大会などのイベントでは長時間の移動が必須ですから、普段履いていない履物を履くと間違いなく靴擦れを起こしてしまい、痛くて歩けないという状況になりかねません。

下駄以外はマナー違反なの?

下駄は痛いから履きたくないという場合は、浴衣に下駄以外の履物を合わせても良い物なのでしょうか。イメージ的に、和服を使ったコーディネートはマナーが多いと思われがちです。実際、着物のコーディネートなどではそれに合わせる小物類やアクセサリーに関するマナーは数多く存在しますから、浴衣を着る時に下駄以外の履物を履くことがマナー違反なのではないかというところが気になります。
浴衣は和服ではありますが、着物と違ってフォーマルな物ではありません。そのため浴衣にはこれと言ったドレスコードは無いのだそうです。浴衣に下駄を合わせているのは昔からの風習によるものであって、ドレスコードでは無いのです。また最近では色々なデザインの浴衣が出ているため、現代風にアレンジして浴衣を着こなすこともありますから、それに合わせる小物もアレンジしたりすることもあります。
そのため、浴衣を着る時に下駄以外の履物を履くことはありだと言えます。下駄を履かない場合は下駄に一番デザインが近いサンダルがおすすめではありますが、個性的なおしゃれを楽しむ人であれば、浴衣にスニーカーなどを合わせる人もいるようです。サンダルやスニーカーなどの普段から履きなれている物であれば、足も痛くならずに済むので夏のイベントを大いに楽しめるでしょう。

バランスを考えコーディネートを楽しもう

浴衣にサンダルを合わせる場合は、柄やサンダルの形などと浴衣が合うのかどうかという、バランスを考えたりしてコーディネートする必要があります。浴衣とは違うジャンルの物を合わせる場合は、特に気を付けなければいけません。歩きやすさを優先するがあまりにバランスの取れていないコーディネートをしてしまうと、せっかくの浴衣コーデが台無しになってしまいます。

浴衣に似合うサンダルやミュールを選ぶポイント

では実際に、浴衣に合わせるサンダルを選ぶ場合には、どのようなポイントに注意して選ぶ必要があるのでしょうか。サンダルのヒールやデザイン、さらにはサンダル以外のアイテムを浴衣と合わせる場合の注意点などについても見て行きましょう。

ヒールの高さは?

はじめに、浴衣に合わせる靴やサンダルのヒールの高さについてです。まず、浴衣に下駄を合わせた場合のことを考えてみましょう。下駄はそれなりにヒールがある履物ですから、サンダルなどを浴衣と合わせる場合にもヒールのある物を選ぶと良いでしょう。おすすめのヒールの高さは、下駄と同じくらいの3センチから5センチくらいの物です。それくらいであれば歩きやすくバランス感もちょうど良いです。
ヒールが5センチ以上になってしまうと、たとえサンダルなどであっても歩きにくく足が痛くなってしまうことも考えられるので、程よいヒールの高さの物を選ぶのがおすすめです。また、ある程度ヒールのある履物を選ぶことでヒールの分身長が高くなり、それに伴って帯の位置が高くなります。そのため足長効果が期待出来るので、スタイル良く浴衣を着こなすことが出来るでしょう。

ぺたんこ靴ってどう?

最近ではヒールのないぺたんこの靴が流行っており、大人可愛い雰囲気が出るということもあって女性に人気のようです。そんな人気のペンタコ靴を浴衣と合わせるのはどうなのでしょうか。ぺたんこ靴が一概にOKだとかNGだとは言いにくい部分ではあります。先ほども書いたように、浴衣のデザインなどぺたんこ靴のバランスが取れていれば良いでしょう。
例えば、モダンな柄の浴衣であれば個性的なコーディネートも比較的楽しみやすいです。モダン柄の浴衣には、下駄ではなくぺたんこ靴などのパンプスを合わせて楽しむのも良いでしょう。また、人によっては古典柄の浴衣にあえてぺたんこパンプスを合わせて、「はずし」を楽しむ人もいるようですが、このようなぺたんこ靴コーデはかなりの上級者テクニックです。

スニーカーはNG

スニーカーは浴衣とはまるで雰囲気が違うものです。いくら浴衣にドレスコードがないからとはいえ、浴衣にスニーカーを合わせるのはおかしいのではないかと考えてしまうでしょう。しかし最近では、浴衣にあえてスニーカーを合わせるといったコーディネートの仕方が少しずつ流行ってきているということのようなのです。浴衣の場合はマナーもあまり気にする必要がないので、スニーカーがNGということはないようです。
スニーカーを履くことで浴衣のコーディネートをあえて崩して楽しんでいる場合が多いようです。しかしかなり特殊なコーディネートですから万人受けするとも考えづらいので、下駄以外の履物を履こうと悩んでいるくらいであれば、スニーカーは避けた方が無難です。浴衣とスニーカーの組み合わせがNGということではありませんが、着こなしが難しいためあえて履かないとした方が良いでしょう。

靴下はあり?なし?

最近では、パンプスにあえて靴下を合わせた履くというスタイルが多く見受けられます。靴下を履くと大人可愛い雰囲気やモダンな雰囲気が感じられておしゃれです。そんな靴下コーデを浴衣に取り入れることは出来るのでしょうか。浴衣スタイルは基本裸足ではありますが、あえて足袋を履いたりするのもかえって粋に見えたりしますから、浴衣に合うような靴下であれば粋に見えておしゃれなのではないでしょうか。
最近では足袋のようなデザインをした靴下も出ています。形だけでなく靴下の柄も古典柄だったりしますから、そのようなデザインの靴下であれば、上で書いたようにモダンなデザインの浴衣と合わせてコーディネートするのもありかもしれません。また、さらに足元をはずすのであれば、ぺたんこ靴に靴下を履いて浴衣を着るというコーデもありますが、この靴下コーデはかなりの上級者テクが必要でしょう。
足袋風デザインなどの靴下を合わせるおしゃれな浴衣コーデもありますが、あまり外さずに王道の浴衣コーデを楽しみたいという場合は、靴下などは履かずに裸足で下駄やサンダルを合わせるのが良いでしょう。

浴衣×サンダル♡おしゃれコーディネート

ここからは実際に、浴衣とサンダルを合わせた女性のコーディネートを見て行きましょう。どのようなタイプのサンダルを選んでいるのか要チェックです。

ブルーの花柄浴衣×白サンダル

こちらは、鮮やかなブルーの花柄の浴衣にサンダルを合わせた女性のコーディネートです。サンダルのデザインは色々ありますが、こちらのサンダルは定番のサンダルの形で、洋服と合わせる時にはカジュアルな格好の時に履くタイプのサンダルです。画像を見てみるとヒールがなくぺたんこのようには見えますが、全体的にソールが厚めなので3センチくらいの高さがあるので、浴衣と合わせるにはちょうど良いでしょう。

シックな浴衣×和風サンダル

サンダルにはカジュアルな物や上品な物などデザインが本当に色々ありますが、浴衣に一番合うのはこちらの女性が履いているような和柄のサンダルです。和柄のサンダルだと下駄とデザインが近いので、パッと見た感じ何の違和感も感じないでしょう。また、あまりぺたんこではないものを選ぶとなお良いでしょう。こちらの女性のように上品なデザインの浴衣と合わせる場合は、和柄サンダルが断然合います。

現代風浴衣×ヒール付きサンダル

こちらは、変わった柄の浴衣を着ている女性のコーディネートです。そんな浴衣に合わせているのは、ウェッジソールタイプのサンダルです。ヒールのあるサンダルはピンヒールなどもありますが、ヒールの高めのサンダルを選ぶ場合は、こちらのようにウェッジソールのデザインの方がより浴衣との相性が良いでしょう。また、ヒールが高くてもウェッジソールであれば安定感があるので歩きやすいです。

猫柄浴衣×黒サンダル

こちらは可愛い猫柄の浴衣を着た女性のコーディネートです。こちらも変わったデザインの浴衣で、足元は下駄などの和風なデザインの物よりも、むしろサンダルの方がマッチするでしょう。浴衣の柄の色に合わせて黒のサンダルをチョイスしており、色のバランス感も取れています。

花柄モダン浴衣×白サンダル

こちらもモダンな印象の強い浴衣を着た女性のコーディネートです。浴衣と帯の色が綺麗にマッチしていて、とてもおしゃれです。そんな浴衣に合わせたのは、ぺたんこタイプの白のサンダルです。浴衣の白ベースとサンダルの白とを合わせて爽やかなコーデになっています。

カラフル市松模様の浴衣×黒サンダル

こちらは、可愛い色味の市松模様柄の浴衣を着た女性のコーディネートです。モダンな印象が強く、やはりこちらもサンダルとの相性が良い浴衣のデザインであると言えるでしょう。浴衣には黒も白も入っていますが、落ち着いた印象に仕上げるには、こちらの女性のように黒のサンダルを合わせるのがおすすめです。カジュアルっぽい印象が強い浴衣ですから、ぺたんこに近いサンダルでも合うでしょう。

【浴衣にサンダルやミュール】OK派の口コミ

浴衣にサンダルなどを合わせるという女性のコーディネートは少しずつ浸透してきてはいるようですが、まだまだ賛否両論あるようです。やはり浴衣には下駄を合わせるべきという意見もあります。そこで浴衣とサンダルを合わせたコーディネートについてのOK派の意見をまず見てみましょう。

ドレスコードがない浴衣であればサンダルもOK!

冒頭でも書いたように浴衣は和服ではあるのですが、和服の中でもカジュアルな装いの物でドレスコードもありません。風習として下駄を履く女性が多いように見受けられますが、下駄でなくても浴衣と上手にコーデ出来てバランスが取れていれば、サンダルでも良いだろうという意見が、肯定派の中で一番多いようです。

サンダルの方が可愛く着こなせる!

特に若い女性に多い意見のようですが、あえて浴衣にサンダルを合わせることで可愛く見せられるという意見もあるようでした。和風の物に違うジャンルの物をあえて合わせることがおしゃれであるという意見です。また、夜のお祭りなどであればシチュエーション的にサンダルの方が可愛いという意見もありました。

サンダルのデザインを選べばOK!

肯定派の中でも、すべてのサンダルがOKというわけではなく、シンプルでヒールが高すぎないタイプのサンダルであれば、浴衣と合うのではという控えめな意見も見受けられました。サンダルにはゴージャスなデザインの物もありますが、浴衣と合わせる時には浴衣の柄を引き立てるようなシンプルなデザインのサンダルを選ぶのが無難ということでしょう。

【浴衣にサンダルやミュール】NG派の口コミ

浴衣にサンダルを合わせることに対して肯定する人もいれば、もちろん反対派の意見を持っている人もまだまだ多いようです。浴衣にサンダルを合わせるコーデが浸透してきたとはいえ、まだ見慣れないという意見もありました。

浴衣コーデが台無しになる

一番多い意見としては、せっかくの上品な浴衣が台無しになってしまうという物です。最近の浴衣は若い女性に好まれるような華やかで可愛いデザインの物も多く出ていますが、やはり浴衣そのものの上品な雰囲気を大切にしたいという人がまだ多く、浴衣には下駄を合わせるのが一番であるという意見が多いようです。

彼女にはしてほしくないコーデ

女性としてはありのファッションでも男性には受け入れてもらえないファッションは色々ありますが、この浴衣とサンダルのコーデもその1つのようです。女性が可愛いと思っていても、男性にはピンと来ないという場合もあるようです。「彼女にはしてほしくないコーデ」という意見があるようですから、デートで浴衣を着る場合には彼の意見も聞いた方が良いかもしれません。

大人には相応しくない

こちらはなかなか厳しい意見です。浴衣は子供から大人まで着られる物で、特に子供の場合は下駄は履き慣れませんからあえてサンダルを合わせることもあり、割とそれは普通のことです。しかし大人が同じようにサンダルを履いていると違和感を感じるようです。大人が浴衣にサンダルを履いているのは恥ずかしいことで、サンダルを履くくらいなら浴衣を着るべきではないという声もあるほどでした。

浴衣にサンダルのおしゃれコーデで足元美人♡

浴衣には下駄を合わせるという固定観念がある人もいるかもしれませんが、最近では下駄以外にサンダルなどを合わせるコーデの仕方もあるようです。浴衣とのバランスが取れていてシンプルなデザインのサンダルであれば、おしゃれに可愛く浴衣コーデを楽しめるでしょうから、いつもと違った浴衣コーデがしたいというおしゃれさんは是非挑戦してみてはどうでしょうか。
91 件
着用アイテム