結婚式のお呼ばれゲストの髪飾りで相応しいのは?基本的なマナーや選び方を紹介

Description
結婚式にお呼ばれする機会があると、ドレスに合わせて華やかなヘアメイクをする人も多いでしょう。実際、結婚式に行くと、おしゃれなヘアメイクや髪飾りをしている人を多く見かけます。しかし中には結婚式のマナーとして相応しくない髪飾りをしている人もいるかもしれません。髪飾りもドレスなどと同じくマナーがしっかりあるのです。そこで、結婚式にお呼ばれした際にぴったりの髪飾りやその選び方、そして気になるマナーについてまとめてみました。

結婚式のお呼ばれゲストは髪飾りもマナーを守ろう

女性が結婚式にお呼ばれした際には、着て行くドレスにも頭を悩ませるところですが、それに合わせる髪型にも気を遣うものです。普段しているようなヘアアレンジだとドレスとマッチせず地味になってしまいますから、結婚式らしい華やかな髪型にしたいものです。そんなときに役立つのが髪飾りです。髪飾りにも実はマナーがちゃんとあるのです。

マナーをおさえた髪飾りで場にふさわしく♡

結婚式はおめでたい席ですから、そんな場所に相応しくないような格好や髪飾りを付けていくことはNGです。結婚式にお呼ばれした際には、洋服も髪飾りも身に着けていくもの全てにおいて、あくまで「花嫁さんを引き立てる」ということを前提に考えていく必要があるでしょう。かといって地味過ぎても結婚式という場には合いませんから、程よく華やかにしていく必要があるので、その加減が難しいところでもあるのです。

フォーマルな場だからヘアアレンジもおしゃれに

結婚式はフォーマルな場所ですから、そんな場所に相応しいような髪飾りをしていかなければいけません。髪飾りには服装と同じように、カジュアルなものからフォーマルなものまで様々なデザインがあります。フォーマルな場所に相応しい装飾がされている髪飾りを選んで、ドレスと合わせておしゃれにコーデするのが結婚式らしい髪型であると言えるでしょう。

髪飾りなしでもマナー違反にはならない

結婚式の髪型は華やかにした方が良いですから、髪飾りを付けるべきと思っている人もいるかもしれません。しかし、必ずしも髪飾りを付けなくてはいけないというわけではありません。髪型として華やかであれば良いわけですから、例えばヘアアレンジ自体が華やかにまとまっているのであれば、髪飾りをあえて付けなくても全く問題ありません。より華やかにするために髪飾りを付けると良いということです。

結婚式の髪飾りのマナー

次に髪飾りに関するマナーについて見ていきましょう。結婚式のマナーについてよく知られているのは、着て行くドレスなどに関するマナーが一番多いでしょう。それに気を取られて、身に着けていく小物や髪飾りに関するマナーに気が回らず、マナー違反の髪型をしてしまっている人が残念ながら結婚式会場で見受けられます。おめでたい席ですから、お呼ばれした際には、マナーに気を付けて髪型をおしゃれに決めたいものです。

花嫁より目立たない!

結婚式にお呼ばれした場合は、結婚式という場所に相応しく着飾っていくものですが、あくまで主役は新郎新婦です。ですので、花嫁さんよりも目立ってしまうような格好はNGなのです。華やかな格好をするということと、目立つ格好をするということは全く違います。華やかであっても、ちゃんと主役の花嫁さんを引き立てるような服装や髪型にしていく必要があります。上手に引き立て役に徹することもマナーなのです。

「花」モチーフやティアラはNG

具体的に髪飾りではどのようなデザインのものがマナー違反になるのかもチェックしておきましょう。髪飾りも華やかなものを付けたいところですが、華やかだからと言って花のモチーフのものを付けていくのは結婚式ではマナー違反です。それは花嫁さんがドレスに合わせて髪に生花を付けたりしていることが多いからです。生花は上品ではあるのですが、主役の花嫁さんと被るという点においてマナー違反になってしまいます。
花嫁さんと髪飾りが被るといった点においては、ティアラも同様のことが言えます。花嫁さんの中には、ウエディングドレスに合わせて頭にティアラを乗せることがあります。花嫁さんと髪飾りが被るという点でNGであるのももちろんですが、ティアラはやはり主役が付けるものであって、結婚式にお呼ばれした人が付ける髪飾りとしては相応しくありませんし、髪飾りとして行き過ぎた感が出てしまいます。

縁起の悪いものもさける

結婚式はおめでたい席ですから、縁起の悪い物などを身に着けることはNGです。結婚式のアクセサリーや髪飾りとしてパールなどが定番ではありますが、例えばブラックパールなどはお葬式を連想させてしまいますからNGです。また、殺生を連想させることになってしまう革製品の髪飾りやファーなどがあしらわれた髪飾りなども、おめでたい場である結婚式には相応しくなくNGアイテムとなります。

ドレスや小物とのバランスを考える

髪飾りそのもののマナーもありますが、結婚式に着て行く服装と髪飾りがバランスが取れているかどうかというところもマナーになってきます。例えば、華やかなデザインのものや、ビジューなどの装飾があしらわれたようなデザインのドレスを着た場合はそれだけでかなり華やかさが出ます。それに加えて髪飾りまで装飾のすごいものにしてしまうと、コーデ自体がかなりうるさくなってしまいます。バランス感も重要なのです。

結婚式の髪飾りの選び方

結婚式にお呼ばれした際には、絶対マナー違反になるようなことはしたくないものです。上で、髪飾りに関するマナーについてはしっかり押さえられたと思いますから、次では結婚式用の髪飾りの上手な選び方などについて見ていきましょう。マナーを押さえて、さらに上手な選び方をすれば、とても上品な髪型に仕上げることができるでしょう。

季節感を大切に

結婚式の服装はドレスワンピースや着物などが多いですが、結婚式が行われる季節に合わせた着こなしをしていると、とてもおしゃれなものです。ですから、頭に付ける髪飾りに関しても、季節をしっかり考えて合わせられたものであれば、よりおしゃれです。例えば、春には色合いがさわやかな髪飾り、夏には透け感のある素材の髪飾り、秋冬はベロアなどの温かみのある素材の髪飾りを選ぶと良いでしょう。

派手すぎず上品な素材を

74 件
着用アイテム