【レディース】冬のカーディガン着こなし20選!周りに差が付くコーデとは?

Description
これからの季節に欠かせないカーディガン。しかし着こなし方がワンパターンになりがちではありませんか?そこで、冬におすすめのおしゃれなレディースカーディガンの着こなし方をご紹介します。カーディガンは羽織るものだけと思っているのであればそれはもったいないです。カーディガンでおしゃれを楽しむことはできます。そこで、色別・シーン別に着こなし方をまとめました。今年の冬はカーディガンを取り入れた着こなし術を試してみましょう!

レディースカーディガンの着こなし術!

秋冬のファッションアイテムの1つとしてカーディガンがあります。秋冬だけでなく、1年通して使えるファッションアイテムですから、誰でも1着は持っているのではないでしょうか。カーディガンというとちょっと上に羽織るもの、という程度に思っているのであればそれはもったいないです。秋冬の肌寒い時期、せっかくですからおしゃれに温かく着たいものです。そこで冬におすすめのカーディガンの着こなしを紹介します。

カーディガンの魅力とは?

まずカーディガンがどれほど魅力的なファッションアイテムかということについて説明していきましょう。まずは物としてカーディガンはかなり便利なものだといえます。サラッと羽織ることができるので、少し肌寒い時などにはかなり重宝するファッションアイテムです。着ないときにはバッグの中に小さくたたんでしまっておくこともできるのも嬉しいところです。またいろんなカラーがあるので色で楽しむこともできます。
最近のカーディガンは昔に比べると色や形や長さがかなり豊富になっているように思われます。特に近年多く見られるのがロングカーディガンです。ロングカーディガンは主に女性が多く着ているように思われますが、女性らしいシルエットが出せて、シックで上品な雰囲気に仕上げることもできます。また、アウター代わりとして着られるほどの厚い生地のものやデザインのものもあるので、使い勝手がとにかくいいのです。

NGな柄や色・組み合わせは?

カーディガンはかなり重宝しますし、着こなしの幅も広いように感じられますが、もちろんNGの着こなし方もあります。上で紹介したロングカーディガンの場合は、カーディガンだけでかなりのボリュームがあるため、ボトムスに重いものを持ってくるとダラリとした印象になりがちです。例えば、幅広タイプのボトムスや、フレアスカートなど、それぞれ単独ではトレンドでもロングカーディガンとの相性はよくありません。
カーディガンの色味はかなり豊富にそろえられていますが、やはり冬に着るとなれば、落ち着いた色を選ぶのがいいでしょう。あまりに明るい色を冬に着ていると、少し季節感に欠けるかもしれません。今回紹介するような、黒・グレー・ベージュといったベーシックな色味を使い、インナーやボトムスの色で着こなし方を工夫するというのが無難かもしれません。その方がカーディガンとしても使いまわしがきくはずです。

ボタンカーディガンの上手な取り入れ方

カーディガンといえばほとんどがボタンがついているボタンカーディガンでしょう。ボタンがついていると留めたくなってしまうかもしれませんが、羽織るだけでボタンをはずして着るのはカーディガンの定番の着方ではないでしょうか。その場合は、カーディガンの下に着るものを上手に組み合わせておしゃれを楽しむのがいいです。色やデザインなどカーディガンの形や色と合うものを合わせるようにしましょう。
ただ、最近ではボタンカーディガンのボタンをすべて留めて着て、羽織りとしてではなくトップスとしてカーディガンを着るというのがトレンドだということです。ちょっと抜け感を出したい時には、一番上のボタンだけをあえて外すなど工夫するなどもありです。Vネックのカーディガンの場合はボタンを留めても胸元部分からインナーがチラリと見えるので、インナーのおしゃれも工夫する必要があるでしょう。

冬のカーディガンコーデ

それでは実際に冬におすすめのカーディガンコーデを実際に見ていくことにしましょう。先ほども書いたように、冬に着るお勧めカーディガンの色味としては、定番の黒やグレーやベージュが挙げられます。カーディガンをシンプルにすることによって、トップスやボトムスでおしゃれを楽しむことができますし、持っているアイテムとも組み合わせやすいため、誰でも簡単におしゃれな着こなしを完成させられるはずです。

カーディガンのボタンを留めてしっかりコーデ

レディースカーディガンの着こなしについては、ボタンをはずして前を開けて着る人と、画像のように留めて着る人と分かれるでしょう。冬に着るカーディガンで、こちらの画像のようにざっくりとしたデザインのものであれば、ボタンを留めてセーターのように着るのもおすすめです。ボタンを留めることで、ボタンそのものがコーデのアクセントになってくれるので、上半身が寂しい感じになることはないでしょう。
こちらも同じくざっくりニットタイプのカーディガンの着こなしです。こちらの画像もですが、ざっくりニットだとボタン付きのセーターのような感覚で着ることができるでしょう。そして着こなし自体、どちらかというとフェミニン系に向いているようにも思われます。こちらの画像のように女の子らしいスカートと合わせたりするのもいいですし、上の画像のようなナチュラルテイストな着こなしもいいでしょう。

カーディガンをアウター代わりに

カーディガンは薄手の物が多いですが、こちらの画像のようにざっくりとした厚手のタイプのカーディガンも冬らしいデザインですのでこれからの季節におすすめです。このようなレディースカーディガンであれば、少し肌寒いくらいの日にアウター代わりに着るというのも1つの手でしょう。これだけしっかりとしたカーディガンであれば、初冬くらいにこの着こなしをしていても全く違和感はありません。
122 件
着用アイテム