スカンツコーデ51選!アラサー大人女子のおしゃれな着回し術!

Description
スカート様なワイドなパンツ、スカンツはアラサー女子にも人気の高いアイテムです。春夏秋冬と季節を問わず着回せる点も人気の理由になっています。また、パンプスを合わせてフェミニンに、スニーカーで大人カジュアルにとコーデの幅が広がる点も魅力です。今回は、スカンツの着こなしのコツも纏めてみました。また、定番色である黒や白等の色別コーデをはじめ、スタイル別や季節別のコーデを纏めてご紹介していきます。肌見せスタイルが楽しめる八分丈のスカンツコーデや、スカンツとアウターのバランスを考えた冬コーデ等は必見です。

アラサー大人女子のスカンツ着こなし術!

アラサーの大人女子の間で人気が高まっているスカンツは、春夏秋冬と季節を問わずオールシーズンで活躍してくれる優秀アイテムです。着こなしのコツやコーデのアイデアをご紹介する前に、スカンツというアイテムについて押さえておきましょう。

スカンツとは?

そもそもスカンツとは、どのようなものなのでしょう。「スカンツ」は「一見するとスカートの様に見えるパンツ」の略語から来た造語です。丈が長めである事や、裾がワイドに広がっているシルエットが特徴になっています。パンツの様に動きやすく、マキシスカートの様にエレガントな雰囲気で着こなせる点が、スカンツの魅力です。

スカーチョとの違いは?

スカンツに似ているアイテムにスカーチョがあります。シルエットもネーミングも似ているので混同しがちですが、実は違いがあるのです。「スカーチョ」は「一見するとスカートの様に見えるガウチョパンツ」の略語からきている造語です。「スカンツ」との違いは、パンツの丈とボリューム感でしょうか。一般的なガウチョパンツよりもボリューミーなスカーチョも、アラサー女子におすすめです。

スカンツの選び方と着こなしのコツ

スカンツとはどのようなアイテムを指しているのかを押さえた所で、選び方と着こなしのコツを纏めていきましょう。スカンツは、色や柄のデザインや素材によって様々な表情を演出してくれます。大人カジュアルな着こなしから大人可愛い着こなしまで、アラサー女子には嬉しい着回しの効くアイテムです。季節に合わせた素材選びや、トップスやアウターによっても印象が変えられます。

コツその1:シンプルでベーシックなものを選ぶ

スカンツの選び方のコツとしては、シンプルでベーシックなデザインを選ぶ事がまず挙げられます。着回しが効くスカンツは、コーデの幅を広げてくれるからです。まずは、どんなトップスやアウターとも相性の良いシンプルなスカンツを見つけてみましょう。

コツその2:ヒップラインが目立たないものを選ぶ

スカートの様に見えるスカンツの選び方、2つ目のコツはヒップラインが目立たないシルエットを選ぶ事です。裾に向かってワイドに広がるスカンツのシルエットですが、ウエスト周りやヒップ周りがタイト過ぎるとラインを拾い過ぎてしまいます。体型が気になり始めるアラサー女子は、ヒップラインが目立たないスカンツを選ぶ事で、お洒落をより楽しめるのではないでしょうか。

コツその3:季節に合った素材のものを選ぶ

スカンツの選び方3つ目のコツは、季節に合った素材を選ぶ事です。春や夏は、風通しの良い素材や、速乾性、吸汗性のある素材を選ぶと良いでしょう。秋や冬は、温かみのある厚手の生地がおすすめです。季節に合った素材のスカンツを選ぶ事で、着心地だけでなく、見た目からも季節感を演出する事が出来ます。

コツその4:なりたいイメージでトップスを選ぶ

続いてのコツは、スカンツの着こなしのコツになります。スカンツに合わせるトップスを選ぶ時は、なりたいイメージに合わせると良いでしょう。カジュアルな着こなしを楽しみたい場合は、カットソーやタンクトップがおすすめです。アラサー女子ならではの大人可愛い着こなしにはチュニックを、シックに纏めたい場合は、襟付きのシャツやブラウスやとろみ感のあるトップスが似合います。

コツその5:トップスは短めかINできるもを選ぶ

最後にご紹介するコツは、トップスの丈感についてのコツです。コツその4でも述べているように、トップスはイメージに合わせたアイテムを選ぶ事がポイントになります。その際に、色や素材、デザインだけでなく丈感も意識して選ぶようにしましょう。スカンツのトップスは、短めの丈をオーバーコーデするか、フロントイン出来る丈感の物がおすすめです。

色別!スカンツの着まわしコーデ【黒】

それでは続いて、スカンツの着回しコーデアイデアを色別にご紹介していきましょう。まずは、定番色でもある黒いスカンツを取り入れたコーデからです。黒いスカンツは、下半身に重心を感じさせるアイテムなので、トップスはコンパクトに軽くしてバランスを取る事が着こなしのコツになります。反対に、トップスにもボリューミーなアイテムを合わせて全体的にインパクトのあるコーデを作る事も出来ます。
201 件
着用アイテム