化粧水の正しい使い方や付け方は?使用量や基本を抑えて潤う美肌に!

Description
毎日何となく洗顔の後に使っている化粧水ですが、その使い方や付け方は正しいですか?そもそも化粧水は何のために使用しているのか知っていますか?化粧水の効果をしっかりと発揮させるためには、化粧水はきちんと目的を知って正しい使い方をすることが大切です。今回はお肌の基本的なケアアイテムである化粧水について、正しい使い方や適正な量、化粧水にどんな効果があるのかなど化粧水について詳しく調査してまとめました。

化粧水の使い方は人によってそれぞれ!?

美しい肌を保つためのスキンケアに欠かせないアイテムと言えば化粧水ですが、あなたの化粧水の使い方は本当に正しい使い方だという自信がありますか?化粧水の使い方はほとんどの方が自己流なので、実は比較すると人によって付け方が違っているようです。
Girl Hands Portrait · Free photo on Pixabay (25117)

化粧水はどんなに高価で成分の良い化粧水であっても使い方が間違っていてはしっかりと効果を感じることのできないものです。今回は正しい化粧水の使い方や適正な量などスキンケアの基礎について詳しくご紹介したいと思います。まずは、化粧水の付け方について解説します。

コットンで化粧水をつける場合の使い方

化粧水の付け方は大きく2つあります。それは、コットンを使って付ける付け方と手で付ける付け方です。まずはコットンを使って化粧水を肌に付ける場合の正しい付け方をご紹介します。ご自身の付け方と比較してみましょう。
Skincare Cleaning Skin Cotton Pads · Free photo on Pixabay (25118)

まず、コットンは肌に優しい素材でできているものを選びます。コットンの持ち方は、小指と人差し指の間に挟みます。化粧水をコットンに適量染み込ませます。コットンの裏側が湿るくらいの量をまんべんなく染み込ませましょう。
コットンを顔の中心から外側に向かって軽く滑らせるように化粧水を付けます。この時力を入れすぎて肌を傷つけないよう注意してください。小鼻の際や目尻など気になる部分は押さえるように付けると良いです。
顔全体に化粧水が行き渡ったら、最後は軽く温めた手で顔全体をハンドプレスします。コットンで化粧水を付ける時、パッティングをするように付ける方もいますが、これはおすすめできません。あくまで優しく撫でるように付ける付け方が正しい使い方です。

手で化粧水をつける使い方

続いては、手を使った化粧水の正しい付け方をご紹介します。ほとんどの方が化粧水は手を使って付けているのではないでしょうか。手を使って化粧水を付ける時にはまず手をしっかりと洗って清潔な状態にしてください。
Volunteer Voluntary Guide · Free photo on Pixabay (25137)

手に化粧水を適量の半分ほど取り、手のひらで軽く温めます。手のひら全体に化粧水を広げて、顔全体に化粧水を伸ばしていきます。この時付け方で注意したいのは、乾燥しやすい部分を先に付けていくということです。
頬などの広い場所は手のひらで、小鼻や目尻など細かい場所は指を使って隅々まで化粧水を付けます。手を使って化粧水を付けるとコットンよりも細かいところまでしっかりと化粧水を付けることができます。残った化粧水を使って、特に乾燥が気になる部分には重ね塗りすると良いでしょう。
顔全体に化粧水が行き渡ったら、コットンでの化粧水の使い方と同じように軽く温めた手のひら全体で顔を包んで、ハンドプレスをします。ハンドプレスすることで肌の奥まで化粧水が浸透するのを助ける効果が期待できます。

化粧水の正しい使い方とは?

前の章では化粧水をコットンで付ける正しい付け方と手で付ける正しい付け方をご紹介しましたが、化粧水の効果を最大限に発揮させるためには、付ける前にお肌の状態を整えておくことがとても大切です。
Essential Oils Cosmetology Oil · Free photo on Pixabay (25155)

ここからは化粧水の効果をお肌がきちんと感じられるように、正しい化粧水の使い方について、化粧水を付ける前に行うべき下準備や適切な化粧水の量などの使い方を詳しくご紹介したいと思います。

メイクや皮脂はキレイに洗い流す

化粧水は清潔な肌に付けなければ本来の効果を発揮することができません。化粧水を肌につける前には必ずメイクや皮脂、汚れなどをしっかりと洗い流す必要があります。メイク落としや洗顔で顔を洗うことで毛穴に詰まった不要物を洗い流すことができます。
化粧水を付ける前は必ず素肌の状態で清潔にして付けるようにしましょう。また、洗顔やメイク落としで皮脂やメイクを洗い流すだけでなく、肌についている水分をタオルでしっかりと乾かした状態で付けることが望ましいです。

たっぷりと使って顔になじませる

化粧水を使う目的は、肌の乾燥を防ぐことです。メイク落としや洗顔で顔を洗い流すと肌は乾燥します。その乾燥を予防するために化粧水を顔全体に付けるのです。ですので、化粧水を使うときは顔全体に行き渡るようたっぷりと使用します。
110 件
着用アイテム