水着を着る時アンダーショーツは履く?必要性やおすすめのショーツを紹介!

Description
レディースの水着のように露出の高い服装だからこそ、気をつけなければならないことがあります。水着がズレたり、薄い生地の場合は透けてしまう可能性があるからです。レディースの水着を安心して着用するためには、水着用アンダーショーツを取り入れましょう。最近の水着用アンダーショーツは種類も多く、水着からわざと見えるように着用しておしゃれを楽しむタイプが人気です。こちらでは、水着用アンダーショーツの役割や衛生面での必要性、おすすめの人気アンダーショーツをご紹介します。

水着を着る時アンダーショーツを履く必要はあり?なし?

プールや海などでは開放的な気分になるので、レディース水着のような露出の高い服装も気にならないものです。ですが、開放的な気分にかまけて、水着着用時は思わぬ失敗をしてしまうこともあります。薄い生地の水着や淡い色味の水着はアンダーヘアが透けて見えたり、水着のデザインによってはズレやすい場合もあります。こちらでは、レディース水着着用時の水着用アンダーショーツの必要性をチェックしていきましょう。

水着用のアンダーショーツを履いてる?

レディース水着を着用する時は、そのまま水着1枚を着用するのが一般的かもしれませんが、中には水着用アンダーショーツを履く女性もいます。水着用アンダーショーツとは、レディース水着の下に着用する下着のようなものです。水着用アンダーショーツは水着と同じようなフィット感のある生地で、着用することで水着のズレを防いだり、衛生面でも安心です。
水着用アンダーショーツはレディース水着の下に収まるデザインのものや、敢えて見せておしゃれを楽しむタイプなどがあり、Tバックやフルバックなど形の種類も多いです。デザイン性の高い水着用アンダーショーツが人気です。

エチケットとして着用している女性も

エチケットとしてレディース水着の下にアンダーショーツを着用する人もいます。レディース水着1枚で過ごすというのは、感覚的には下着姿でうろついているようなものと感じるのかもしれません。そのため、エチケットとして、レディース水着の下にアンダーショーツを履きます。
アンダーショーツなしでレディース水着を着用することがエチケットに配慮できていないという訳ではありませんが、水着をどう捉えるかの感覚的な部分が理由なのかもしれません。アンダーショーツなしで水着を着ても透けないようなデザインなのであれば、絶対に着用しなければならないということはありません。

裏地がない水着はアンダーショーツを履いた方が安心

下着と形状は似ていても、レディース水着の生地は一般的には厚く出来ているものが多く、裏地も付いています。ですが、海外の水着や安い水着の場合は、裏地なしのデザインの水着もあるようです。そうなると、水着が薄くて透けてしまうこともあります。そういった裏地なしのレディース水着の場合は、アンダーショーツを履いていたほうが安心して水着を着用することが出来るのでおすすめです。

アンダーショーツの必要性①水着が透ける

アンダーショーツなしでレディース水着を着用する方もいますが、水着のデザインや裏地なしの水着の場合は肌が透けてしまうことがあります。こちらでは、レディース水着を着用する時にアンダーショーツを履く必要性についてチェックしていきましょう。

白、イエロー、ピンクなどの薄い色は要注意

レディース水着には様々なデザインがあります。ワンピースタイプ、ビキニタイプ、タンキニ、ハイウェストなど水着の種類が豊富です。露出の高いレディース水着はズレたりしないように注意するものですが、あまり露出していないレディース水着でもうっかりしていると透けている場合があります。
特に、白、イエロー、ピンクなどの淡い色のレディース水着は肌が透けやすいので注意が必要です。濃い色のレディース水着の場合はアンダーショーツなしでも透けにくいですが、淡い色のレディース水着を安心して着用したい時は水着用アンダーショーツがおすすめです。

水に濡れると透けやすい

海やプールに入ると、水着が水に濡れて肌にぴったりとくっつきます。水着が水に濡れるとどうしても透けやすくなってしまいます。黒やネイビーなど色の濃い水着の場合は肌が透けにくいですが、淡い色の水着は注意が必要です。バストは水着のパッド部分があるので透ける心配はありませんが、うっかりお尻の方が透けてしまうことがあります。海やプールに入る時は水着用アンダーショーツがあると透ける心配がありません。

太陽の下だと屋内より透けて見える

海やプールに入る時は水着が透けないか注意が必要ですが、お天気によっても水着が透けることがあります。よく晴れた日の場合は、日差しが強いので水着が透けてしまうのです。屋内よりも太陽光を浴びている時の方が、水着が透けやすいので注意しましょう。海に入らないでビーチにいる時は、水着用アンダーショーツや水着の上から履くことの出来る短パンなどを取り入れるのがおすすめです。
82 件
着用アイテム