プチプラ人気シェーディングコスメ!2000円以下で小顔が叶うアイテムは?

Description
プチプラなのに優秀な人気シェーディングの選び方や小顔になるためのコツについてまとめました。人気プチプラブランドの中には優秀なシェーディングが沢山あるので、自分にぴったりな種類の選び方を取り入れるのがおすすめ。シェーディングの特徴を押さえた選び方のコツを取り入れていけば、プチプラブランドのコスメでも小顔になれます。憧れの小顔を目指して人気プチプラブランドの優秀シェーディングを活用しましょう。

プチプラでも優秀!おすすめの人気シェーディングを紹介!

「シェーディングメイクって気になるけどいきなり高いシェーディングコスメを購入するのはハードルが高いな…」と感じている方におすすめしたいのがプチプラブランドのシェーディング。「プチプラブランドのシェーディングは品質が心配」と思う方もいるかもしれませんが、人気のプチプラブランドには優秀なシェーディングが沢山揃っているので、気軽にシェーディングを毎日のメイクに取り入れられます。人気を集めているプチプラブランドの優秀シェーディングを使って、憧れの小顔を手に入れてみませんか?
今回は、おすすめしたい人気のプチプラシェーディングコスメをご紹介します。プチプラなのに優秀なシェーディングを使えば、小顔に見せる事も可能。プチプラなシェーディングコスメであれば、購入するのに高いハードルを感じる事も無くなるのではないでしょうか。また、シェーディングの種類や特徴、選び方のコツについてもご紹介します。シェーディングには色々な種類があるので、それぞれの特徴を押さえて使い方のコツを学んでおく事が大切。自分に最適なシェーディングの種類でメイクを楽しみましょう。

シェーディングの特徴は?

まずは、シェーディングの特徴について見ていきましょう。シェーディングは、顔に陰影をつける事でメリハリのある小顔を作れるのが特徴です。「顔のがのっぺりとして見えるな」「小顔になりたいな」という場合はシェーディングを入れて顔に陰影を付ける事で小顔に見せやすくなるのが魅力。シェーディングの特徴を生かしていけば、陰影のある小顔に近づける事からシェーディングをメイクに取り入れる人が増えているようです。その人気を受けて、プチプラブランドから優秀シェーディングが沢山出るようになりました。
シェーディングの特徴を生かすためには、シェーディングの種類を知っておく事も大切になります。シェーディングと一口に言っても様々なタイプがあり、仕上がりの特徴も異なるので自分に合わない選び方をしていると「思っていたシェーディングの仕上がりと違う…」という事になってしまうかもしれません。そういった事を避ける為にもシェーディングの種類の特徴を把握した上で選ぶのがコツ。ぴったりのシェーディングが見つかるように選び方にこだわってみてください。

ハイライトとの違いは?

シェーディングと同じように顔に陰影をつけるコスメとしてハイライトを挙げられます。「ハイライトとシェーディングってどのような特徴の違いがあるの?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、ハイライトとシェーディングは基本的な特徴が全く異なるので使い間違えないようにしましょう。陰影を付けるのが特徴のシェーディングに対して、ハイライトは肌の一部分を明るく見せるのが特徴。肌を明るくみせる事でツヤと立体感をアップするのがハイライトの役割です。シェーディングとハイライトを組み合わせるのがおすすめ。
シェーディングで顔に陰影を付け、ハイライトで肌にツヤを与える事でメリハリのある小顔に仕上げられると言われています。「小顔メイクを楽しみたい!」という場合は、ハイライトとシェーディングをセットで活用してみましょう。ただし、シェーディングとハイライトの使い方を間違えると不自然になるので気をつけてください。本来シェーディングを入れる箇所にハイライトを入れると顔が膨張して見える場合があるので、小顔になる為にも使い方のコツは使う前に把握しておく事が大切になります。

プチプラシェーディングの選び方

Eye Shadow Structure Fund · Free photo on Pixabay (145746)

シェーディングの特徴について把握出来たら、プチプラブランドから優秀なシェーディングを見つける選び方のコツについてチェックしていきましょう。人気のプチプラブランドの中にも様々な種類のシェーディングがあるので、どういった種類が自分にぴったりなシェーディングなのか知っておく事が大切になります。基本的な知識があれば、沢山あるプチプラシェーディングの中から最適なシェーディングを見つけられるのではないでしょうか。憧れの小顔を手に入れる為のシェーディングの選び方のコツを取り入れてみてください。

シェーディングの種類で選ぶ

シェーディングの選び方は種類に注目するのがコツ。シェーディングと一口に言ってもバリエーション豊かな種類があるので、自分にはどういった種類が良いのか考えながらシェーディングを選ぶ事が大切になります。パウダータイプやクリームタイプ、スティックタイプといった種類によってシェーディングの質感が異なるのがポイント。ナチュラルに仕上げたいのか、はっきりと陰影を付けたいのかなどによってぴったりなシェーディングを選ぶようにしてみてください。おすすめしたいシェーディングの種類をご紹介します。

種類①パウダータイプ

シェーディングのスタンダードな種類として挙げられるのがパウダータイプ。シェーディングパウダーはハケを使って肌にのせるタイプになっており、シェーディングをぼかしやすいのが魅力です。ナチュラルな仕上がりになるので、シェーディング初心者でも使いやすいのが特徴。「シェーディングを入れてみたいけど、あまりはっきりメイクを際立たせたくない」という場合はシェーディングパウダーを使ってみてはいかがですか。

種類②クリームタイプ

クリームタイプのシェーディングはパウダーよりもフィット感が高いのが特徴になります。しっかりと陰影が付くので、「シェーディングでメリハリのある小顔に見せたい!」という場合におすすめ。ただし、パウダーよりもクリームシェーディングの方が伸びが悪いので初心者の方は使いづらいと感じるかもしれません。慣れてくれば簡単にシェーディングが出来るようになりますが、それまではコツを捉える事が大切になります。

種類③リキッドタイプ

リキッドタイプのシェーディングはクリームタイプより伸びが良く、フィット感もあります。しかし、リキッドシェーディングの場合は塗り過ぎると色ムラになりやすいので、量の調整が必要。フェイスライン全体に塗る、といった使い方ではなく鼻筋などのワンポイントにシェーディングを入れたい時に最適です。フェイスラインはパウダー、細かな部分やリキッドやクリームのシェーディングを使うのも良いかもしれません。

種類④スティックタイプ

スティックタイプのシェーディングは、クリーム&リキッドとパウダーの間くらいのテクスチャーです。ポイント毎に細かくシェーディングを入れたい時に最適。少量のシェーディングを肌に乗せたら指の腹を使って伸ばすようにするとナチュラルな仕上がりになります。

肌の色より2トーン下のカラーを選ぶ

73 件
着用アイテム