ピアスの作り方!自分好みの手作りアクセサリーでおしゃれを楽しもう!

Description
ハンドメイドやDIYが流行している中、最近ではピアスを手作りする方も多いです。手作りピアスは基本の工具やアクセサリーパーツを準備すれば、簡単に作ることが出来ます。手作りだからこそ自分の好きなデザインのピアスを作ること出来るのでおすすめです。こちらでは、手作りピアスに必要な道具、ピアスの作り方やおすすめのデザインをご紹介します。作り方が簡単なピアスキットもチェックしましょう。
指カンがあると手作りピアスの細かな作業が簡単になります。指カンはアクセサリーパーツをペンチで広げる時に使います。指カンを利き手とは反対の親指にはめて、ペンチで開きたいアクセサリーパーツを指カンの隙間にはめます。そうすると、アクセサリーパーツが固定されて、利き手でペンチを使いやすくなるので作業が簡単でスムーズに進むはずです。

材料を用意する

手作りピアスの基本の道具が揃ったら、次はピアスの材料を準備しましょう。具体的には、ビーズやパール、ピアスの金具などです。ハンドメイドしたいピアスのデザインによって使う材料が変わってくるので、基本の材料の特徴を知って、自分にぴったりのピアスのデザインを考えてみましょう。

①ビーズやパールなどメインパーツ

かわいい手作りピアスを作るためには、メインのパーツが大切です。上品なピアスにしたい時はパール、かわいいピアスにしたい時は大ぶりなビーズなど、選ぶアクセサリーパーツによってピアスのデザインが変わってきます。定番のパールやビーズ以外にも、くるみボタン、レジン、リボン、タッセルなどを準備すれば、手作りピアスのデザインの幅が広がります。

②ピアス金具

手作りピアスに欠かせない材料なのが、ピアス金具です。ピアス金具はメッキ、ステンレス、純銀、チタンなど様々な素材があります。ピアスホールに通す金具なので、自分の体質にあった素材を選ぶのが大切です。ピアス金具の主流であるメッキを金属アレルギーの方が使うと耳がただれてしまうことがあるので注意しましょう。金属アレルギーの方は樹脂のパーツがおすすめです。

③ピン

ピンはTピン、9ピンなどの種類があり、アクセサリーパーツを通して使います。ビーズやパールなどのパーツを通した後、ピンの根本を直角に折り曲げて輪を作ってパーツを固定します。ニッパーやペンチで折り曲げて輪を作るのですが、初心者の方は綺麗な輪を作るのが少し難しいかもしれません。使いこなせるようになると、ピアスのデザインの幅が広がります。

④丸カン・Cカンなど

丸カンやCカンは、パーツ同士を繋げるために使います。カンを繋げてチェーンのようなデザインのピアスを作ることも出来ます。ピアスに限らず、ハンドメイドアクセサリーを作る時に使い勝手のいいアイテムで、ゴールド、シルバーなどの色味の種類も多く、カンのデザインによってピアスの雰囲気も変わります。

初心者はキットを買うのもおすすめ

基本の手作りピアスの道具や材料は分かりましたが、沢山揃えても今後も作るか分からない、道具やパーツを使いこなせる自信がないという初心者の方は、ピアスの手作りキットを試してみるのもおすすめです。必要なパーツが全て揃っていて、作り方も簡単なので初心者でもかわいいデザインのピアスを作ることが出来ます。手作りピアス初挑戦の初心者の方には、100均の手作りキットがおすすめです。

作り方レシピを参考にするのもおすすめ

ハンドメイドのアクセサリーの作り方レシピを参考にするのもおすすめです。ハンドメイド初心者の方はピアスのデザインにも迷ってしまうはずです。作り方レシピを参考にすれば、自分の好みのピアスが見つかるかもしれません。基本の作り方だけを参考にしてアクセサリーパーツを変えれば、自分の好きなデザインのピアスを簡単に作ることが出来ます。

手作りピアスの基本の作り方

手作りピアスに必要な道具や材料が分かったところで、次は手作りピアスの基本の作り方についてチェックしていきましょう。基本の作り方を覚えれば、初心者でも簡単にかわいいデザインのピアスを作ることが出来ます。基本の作り方が分かったら、応用して凝ったデザインにも挑戦してみましょう。

作り方①通すだけ

初心者でも簡単に作れる手作りピアスは、ピアス金具とCカン、アクセサリーパーツがあれば簡単に作ることが出来ます。作り方は、ピアス金具と輪っかのアクセサリーパーツをCカンで繋げるだけです。輪っかのアクセサリーパーツにパールやビーズを通してもかわいいです。アクセサリーパーツを通したり、繋げるだけなので初心者におすすめの手作りピアスです。

作り方②金属パーツに付けるだけ

138 件
着用アイテム